日記・コラム・つぶやき

月半ば

新年も平常に戻って1週間過ぎ、

もう月半ば。

でも、1月って、ここからが長いんだったなぁ~

と毎年。



この連休に友人と初詣に出かけた息子が

今年の干支飾りを増上寺で求めてきてくれました。

20190115083332_p

かわいいウリンコ!

早速たくさんの12干支仲間のセンターへ

飾りました。

| | コメント (2)
|

3日から

関西へ行ってきました。


義母が亡くなったのが昨夏。


その時は、庭に蜂が飛んでいて、

庭の手入れも・・・

外に出るのもはばかられ・・・。


そしていざ冬!

庭木や草木の手入れを・・・。


春になれば~~

どこまで復元してしまうか・・・

わかりませんが、

とりあえず、やれるだけ。

でも、家の中の片付けと違って、

庭木の伐採というのは、

目に見えてやった結果がわかるので~~~

気持ち的にはさっぱりするものですね。

(でも、友人によると、素人の伐採後は、

一度植木屋さんに手直ししてもらわないと

すごいことになるかも?らしいですが・・・・笑)

ま、それはその時に。



さて、そんなお掃除だけの優等生であるわけはなく、

今回は、

美々卯のうどんすきを食べてきました!

Photo

| | コメント (2)
|

お心遣い

昨日は、押し迫った年末に、


大学時代からの友人との忘年会も

銀座の中華で・・・。


皆、変わらずに(それぞれさまざまなことを乗り越えつつ?)

今まで通り、顔を合わせることができて。




12月初旬、

お世話になっている

知り合いの先生から

お心遣いに

Img_20181201_091852

を戴きました。

大変うれしく、

だいじにだいじに育てておりまして・・・・

今は

Sikuramenn

つぼみが次から次へと延びてきて

花を咲かせて・・・。




来年は


そんな年になると良いなぁ~~~

と!



| | コメント (0)
|

クリスマスコンサート(2)

クリスマスイブの昨日、

大盛況の裡に、コンサート終了しました。


たくさんのご協力と、応援と、

生徒さんのがんばりがあって、

楽しく盛り上がり・・・・

準備のパニックも吹き飛ぶ思いをすることができました。


毎年、このコンサートが終わると、

生徒さん達との一年の締めくくりという感じです。

2018

また、来年もがんばりましょう!

| | コメント (2)
|

クリスマスコンサート

恒例の、音楽学院にての

私のクラスによるクリスマスコンサートの準備に

追われております・・・。

例年通り、

さまざまな楽器の先生方(プロの演奏家です♪)や

音大に進学した卒業生(演奏家の卵です)も協力下さり、

華やかな顔ぶれが揃うので、

企画し甲斐があるというものです。

ようやく室内楽編曲が終わったところで・・・(汗)

~~~子供達より私の方が余裕なかったかも~~~

小さな園児さんから受験生まで、

この1~2か月楽しみに練習を重ねており、

今、ピークというところです。


24日(月)

鎌ケ谷音楽学院内ホールにて


お近くの方でご興味がおありの方は、

是非、いらしてください!

室内楽あり、

ピアノあり、

ハンドベル演奏あり、

合唱あり・・・。


最近では、高校生・大学生の生徒が

ステマネなど手伝ってくれるようになり、

そんなことも・・・ちょっと嬉しい1年に1回のイベントです。




| | コメント (0)
|

ありがとう!町探検~~鎌ヶ谷音楽学院~~

あっという間に(いつもの枕詞になってしまっていますが)

11月中旬ですが・・・。


先月末、とても楽しい行事がありました。


お近くの鎌ヶ谷小学校2年生の町探検の一巡に、


「鎌ヶ谷音楽学院」を2年ぶりに選んでくださって、


小学生がたくさん訪ねてきて、賑やかなひとときを

過ごしました。



数名の班に分かれ、ひとつの班に必ずPTAの方が


おひとりずつ付かれて・・・。


皆、クラス毎の(?)色ちがいのバンダナをして、


メモがとれる準備をし・・・


皆、外へ探検という解放感の中にも、

きちんと調査意識(?)もあって、


とてもかわいらしかったです!



「ここは、地元で音楽を!を皆さんのおじいちゃんおばあちゃん

が子供の頃、今から55年も前にここに出来たのよ」


と説明すると・・・・


「ひやあ~~!!すごい昔!」

と・・。

そして、間髪入れずに

あたりを見回しながら


「その割にはきれいな部屋ですね~」

と大人のような口調で!!!(爆)



「あ・・・あ・・それは、建物は一度20年くらい前に建て直して

いるからね・・・」と。


子供の鋭い観察眼!!侮れない!!!


綺麗にしておかなくては・・・・(汗)

皆、思い思いの質問をしたり、


レッスン室のピアノを弾いてみたり、


楽しんでくれたかな~~??



当日は、秋晴れで気持ちの良い日でもあり、


賑やかで活気あふれるエネルギーを


戴いた爽やかな時間となりました。



今、音楽学院の入口右横(1号室の前)


たくさんのみかんがなって


秋~冬の花の少ない季節を彩ってくれています。

2018111408520001


| | コメント (3)
|

日本の文化の意外な発見

3日前に、下の親不知を抜く手術を受けました。


今年初めごろ~~~と予定していて、

なんだかんだ・・・で延びてしまい~ようやく!!

横向きにしかも、半分埋没している厄介な代物。


もともと普通の歯の治療ですら


怖がりの私はぎりぎりまで行かないくらいですので、


本当に清水の舞台から飛び降りる覚悟で。


1年かけて覚悟したので、


もう~~早く終わりたい・・・気持ちも生まれましたし、





いつもみていただいているデンタルの先生(友人)から


大学病院の先生に紹介状を書いていただいたので、


「痛い」と騒いでも良いんだ・・・・と

気分的には落ち着いていたつもりでしたが


手術前、日頃動いたことのない血圧が

少し上がっていました。



身体は正直に出来ている~~~



持病もあるため、とても慎重に丁寧に

抜いていただきましたが~~~



やはり麻酔が切れれば痛い・・痛い・・・



顔は腫れる・・・


まるでおたふく風邪のようで~~~~

下は幼・小学生から接する私としては大変!


来る生徒来る生徒、

言い訳をしました(笑)・・・。




気の毒がってくれる子。


面白がる子。


いろいろ。


とりあえず、痛いけど、しゃべれないということは

無かったことと、

スプーンですくって食べるより、

箸で少し開けた口にものを入れることの方が

楽なこと・・・


いろいろ想像いていたこととは違っていて

妙に考えさせられました。



スプーンって、結構左右対称に口を開けることを

要求される道具なんですね。




箸ってスゴイ!

数mm開いてれば・・・ものを入れられる!

意外なことに麺類(素麺や蕎麦)が食べやすい!



普段は、箸でもフォークでもスプーンでも、


大口開けて食べてますが、


箸は~~~上品に食べられる最高の道具なんだと


日本の文化再発見でありました。

| | コメント (3)
|

秋分と中秋の名月

秋分の日に・・・ひとつ年をとりました!

昨冬に母が倒れ、父が亡くなり・・・

この夏に義母が亡くなり・・・



(幸せなことに長かった)「子」としての土台が

崩れた一年でした。


これから始まる1年は、

穏やかで落ち着けるものだと良いけれど・・・

先のことは、本当にわからない~~

60年かけて学んだ昨今です。





そして初のお月見!

Img_20180924_175918

出たばかり・・・

街の灯りから独立できない・・・・

2018

ようやく本来の美しい光へ~~




家のベランダから眺めるだけですが・・・

ちょこっと心が洗われるような光です。

ほんとうに季節を味わう日本の習慣って

ありがたいものだ・・・とつくづく。

| | コメント (11)
|

春(2)

3月のはじめ、

「にわざくら」

の苗木を植えました。

20180304084114

来年になったら花が咲いたらいいな~~っと。


2日ほど前に見ると

20180323160428


葉っぱの芽とともに小さな桃色が・・・

そして今日

20180323160542

花が咲いてる!


こんな小さな‘にわざくら’にも・・・


春が来たんですね~!


| | コメント (8)
|

春(1)

しばらくご無沙汰してしまい、

メールを下さった方にも失礼してしまいました。

12月の声を聞き、

街にクリスマスムードが高まる頃、

突然、母が脳卒中で倒れました。

年齢に似合わず、数キロ歩いてしまう元気な母で

7~8年父の介護をひとりでし、

しかもここ1~2年はかなりその負担が厳しくなり

いろいろ考えなくては~と思っていた矢先でした。

しかし、母でなければ~という父で、

なかなか踏み出せなかったのが正直なところです。




かなり出血の程度は大きかったのですが、

早い処置・手術で、なんとか一命をとりとめ、

2日後には目を覚ましてくれました。


その早い対応の元は~~~~

なんと、家の中で倒れた母を見た父が

外へ出て、通行人の方にたすけを求めたからだ

ということを、あとで知りました。


家の中では歩いていましたが、

外へ出る際は、必ず母に車いすを押してもらう父でしたし、

玄関の段差をひとりで降りたり、

玄関の鍵を開け、ドアを開けることは

数年ひとりでやったことのない父でしたので、

私と妹はにわかには信じられませんでしたが、

近所の方が知らせてくれました。

その後、近所の診療所(両親の主治医)の先生が

来て下さり、救急車を呼んでくださり、病院を指定して

下さったとのこと。

そのファインプレイの父は、

次の日、母が入院している病院から私達が帰ろうとした際、

心筋梗塞で運ばれてきて~~~

私達は病院の玄関口で救急車で運ばれてくる父を

待ちました。

「こんなことってある!?」


起こっていることは非常事態なのですが、

あまりに度が過ぎると、涙じゃなく、乾いた笑いが

出てしまうものなんですね。

「事実は小説より奇なり~」ってこういうことです・・・。

その父は、

1週間後に亡くなりました。



母は今、リハビリ病院で頑張っています。

少しずつ回復に向かうと~~


不自由な後遺症も少なくない母を見て、

思うところは無いと言えばうそになりますが、


92才で亡くなった父の最後の大仕事と、

近所の方のたくさんのご好意を思うと、

母ががんばって生きられるよう、

私や妹で、母が「楽しい」と思えることを

探していこう~~っと話している感じです。

それまでの状態が激変した年末年始でしたが、

それなりに、

クリスマスも、お正月も~~しました!


ただひとつ・・・・


「お年玉をもらえなかった~~~初めての

お正月だった・・・・」

と言ったら、友人に怒られた(笑)


もうすぐ還暦だから仕方ないですね。


むしろ、ここまで精神的に娘でいられたのが

奇跡なのかな。




先日、妹と私、そして車いすの母と

病院の屋上から満開の桜を見たら

母が「うわぁ」と声を上げて、満面の笑みを!!


やっぱり春が来たんだと思いました。















| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧