学問・資格

センター試験が変わる!~ちょっと言いたい~

***今朝のニュースより********

一発勝負の学力テストから、思考力や人物を総合的に評価し、合否を判定する大学入試へ。

知識量だけを問うよりも、部活動の実績を示す資料や志望理由書などを基に、プレゼンテーションや集団討論などを組み合わせて評価することが求められる。

浦和高では5年ほど前から、生徒が討論などをしながら学ぶ「グループ学習」を採り入れてきた。ただ、教員の間では、「討論やプレゼンが重視されるといっても、知識の吸収や定着なくして『活用』はない」と話しているという。

私立北嶺中・高校の谷地田穣校長は「プレゼンや課題解決能力は大学に入ってからでも伸ばせる」。プレゼン能力ばかりにウェートが置かれることは疑問だという

*******************

時代の変遷と共に、必要とされる能力が変わり、

次世代の若者について期待するものが変わってゆくのは

当然の流れだと思います。

が・・

が・・・

が!!!!

最近、とみに心配していた流れのようで。

あの「ゆとり」以来、

学力が落ちた!と叫ばれて・・・あわててカリキュラム変えたのに

またですか??と。

前出の先生方が危惧されているように、

「知識」も持たない学生がプレゼン能力のノウハウだけ学んでも

それは~~「ハッタリ」。

昨今の若い人をみていて、心配に思うのは、

能力があるのにそれを前面にプレゼン出来ないタイプも

(つまり文科省で心配しているような)居る一方で、

知識も応用もおぼつかないのに、

大風呂敷を広げてしまう「御口」だけが達者なタイプもいること。

もちろん、両者が整ってこそ!でありますが、

では・・・それぞれを延ばすための「時期」はいつなんだろう?

ということです。

これも、10人10色ではありますが。

やはり、私も前出の先生のおっしゃるように、

「プレゼン能力や課題解決能力は大学に入ってからも伸ばせる」と。

また、高校や、大学内の授業で取り入れて学ぶべきものではなるけれど、

試験などに取り入れてしまっては、その本質が学べなくなるなるのでは?

と思うのは、私だけでしょうか?

センターに記述が追加されるとのこと、

これは~採点の公平さと煩雑さ・・・さえクリアできるのなら、

良いことだとおもいますが、

ただでさえ、

全国一律での試験ということで、

毎年、各大学に緊張が走る状況。

どうなんでしょうかねえ?

その煩雑さに時間とお金をかけるよりは・・・

2次試験をそれぞれの大学で

思い思いの方法でやればよいのではないでしょうか?

それより、

大学が生徒集めに必死になっている昨今の状況打開策を

考えて欲しいと思います。

子供が少ないのですから、生徒集めが必至になるのは当然ですが、

それを「商業的なサービス」方向の‘特典’ばかりに目が向けられている

今の状況は~少し心配です。

子供たちにとって、競争が「緩い」ということは、

それだけでも「ゆとって」しまう可能性大です。


そういった方向での教育討論がもっともっとされて欲しいです。


それこそ、

「日本の将来の育選挙」

なんて・・・なるくらい真剣に。

今すぐ支払う税金のことや、

今すぐ手元のお金が!という景気については

選挙に値するけれど、

教育はべつに~~差し迫ってないし~~ではありますが、


じつは、○十年後の日本を動かしているのは、

今の教育を受けて育った子供たちなんですよね。

少子化も大問題ですが、

今いる子供たちにどんな教育をするのか?

試験方式云々よりも、

そう、形式よりも、中身について

もっともっと論じるべきではないか?と昨今強く思っていたので、

思わず・・・イレギュラーで、キーボード叩きました。

まあ~

どんな教育を施されても、

伸びるものは伸びる・・・・

そんな逞しい能力を持つ子供がたくさん育って欲しいのが

理想ですかね。


でも、

世界各国を見ても、

日本の歴史を見ても、

「たかが教育」「されど教育」であります。

| | コメント (0)
|

たけしのコマ大数学(5/13日版)

昨夜(14日早朝)

久しぶりに「たけしのコマ大数学」

を見ました。

今回は、‘音楽と数学’と題していたので

どんなに面白い問題なんでしょう・っと!


いつもは

あんな制限時間で解くことなど

私には不可能だけど・・・

先生の説明を聞くと

へえ~~~なるほど~~!!

と感心したり面白かったり

目から鱗だったり・・・

もちろん最初から最後までピーマンで

後から更にゆっくり息子に聞いたり・・・




ところが・・

昨夜の・・あれって・・

本当に数学的には難しいものなんだろうか??


正確な問題は、後日しかるべきサイトで

出されるんだろうケド、



1pクターブの鍵盤が出ていて、

その中の白鍵2つを選ぶのだけど、

その音は1オクターブ高くなったり低くなったりすることもある。

それでも、半音の数が変わらない二つの音は??



噛み砕くとこんな意味だったように思います。

(~~~実際は~なんかややこしい言い方をしていて

問題の意味がよくわからなかったのですが・・・

実際、それで正解だったし・・

解答解説を聞くとそうだったし・・・)

う~~ん・・・要するに言い回しの説明の内容は

、「転回音程」のことを言ってたんですね。

・・・・で半音の数が同じものってことで~~

それって F と H のこと言ってる??

計算要りませんからぁ~!

即答で正解ざますよ?

減5度と増4度が同じ半音数って

多分、音程を理解していれば小学生でも答えられる内容でした。



でも~~~

そうなんだ!

数学で解くと・・・難しいことなんだぁ~~??

証明するために計算していました。

(半音の説明からしていたから・・大変ですけど)


問題の言い回しが難解風だっただけで~~



あんまり面白くない問題だったかも??


| | コメント (0)
|

オイラーのちょっといい話~たけしのコマ大数学より~

毎日毎日・・・

あれもこれも見たいTVがあって

サスペンスに~

バラエティーに~

お笑いに~

それぞれ録画しては

時間のある時に見るのだが・・・

昨夜は月曜夜(正確には火曜早朝)の

「たけしのコマ大数学」

これは、以前にも2回ほどブログでご紹介したが

なかなか面白い内容。

(中には、難しくて、息子に解説を頼んでも

なんとな~く???の内容)




この間は、

その内容もさることながら~~

いい話を聞いた。



「オイラーの定理」で有名な

数学者の「オイラー」は、

その有名な仕事の半分は

‘59歳’以降だった・・・




ということ!

「59歳」!

「59歳」!!



まだ○年もあるじゃないか!!

って別にオイラーに対抗しているわけではないが~~



人生若くして

勝ち組

負け組

が決まってしまう~~~



っという昨今の風潮に

振り掛けたいスパイスではある。




先日の11月末日の朝顔ではないけど

できることは

まだまだある~~~

っと・・・

思いたいではないか!?

59歳まであと○年・・

そうあと○年のうちにした仕事の

倍が人生の仕事になるんだわ~~

(ん?つまりまだ何もしてないから・・・・ね)


○年で人生の半分の仕事をしよう!!

59歳から

長生きしなくちゃおいつけないほどの

仕事をしよう!!

ま、

ポジティブと意気込みだけが取り柄ですから~~♪

| | コメント (14)
|

駒場祭初日

秋晴れの今日、

母と駒場祭に行って参りました。

Photo_2


5月には本郷の‘5月祭’に参りましたが~

まだ寒く・・・ブルブルだったのに比べて、

今日は、

11月とはいうものの・・そして着込んでいるものの

ゆっくり散歩したいくらいのお天気でした。

が、

初日晴天とあって・・

かなりの混雑で

Photo_3

結局、

次男が所属する

‘天文研’の名物、

プラネタリウム(第二体育館)に直行し、

展示物やら、手作りのプラネタリウムに

感心してまいりました。


東大の天文研にはいろんなタイプの人がいる~との説明があり、

望遠鏡などの本格的機材に拘る人、

天文学にめちゃくちゃ詳しい人、

星座の由来に詳しい博士のような人、

カメラでの撮影に凝る人(世界各国に撮影にいくようです)

そして~~~

ただ・・ぼ~~~っと肉眼で星空を眺めることの好きな人・・

が、居るそうで~~~~

次男は

まさに

「ぼ~~~~~」・・・っのタイプです。

それでも・・

なんとはなしに皆の中に混じっていて(?当たり前か)

父母会の後のように、

少し安心した気分になったりもしました。



午後は、ますます混雑度が増し、

井の頭線は、上下線共々、

駒場東大前で降りる人でごった返していましたし、

構内ももう・・・ラッシュのホームのようでありましたが~~

ちょっとだけ道をそれると~

まるで大きな公園のようにあちこりにある‘土’の広場や

紅葉を楽しむことも出来

Photo_4

(チョット下が失敗作の写真ですが・・切り取る術もなく・・)


良い時間でした。

23日(祝)まで開かれているそうですので、

是非、お近くの方は、

楽しんでこられると良いと思います。

特別講演会には

田原総一郎・東浩紀・佐々木俊尚氏等。

(数理科学研究棟)

弁論部主催の講演会には

鳩山前首相の講演会

(1323教室)

公開講座でもそれぞれの分野で

著名な方の講座が開かれるようです。


そして~~~

奥にある第二体育館の

プラネタリウムも

是非是非~~~!!!!!



| | コメント (13)
|

大学生のアルバイト

この連休に

次男の二着目のスーツを買いに行きました。




初めてのスーツは、

この春、

大学入学式のために、

妹がプレゼントしてくれて・・

次男初のスーツ姿を

感慨深く写真に収めたりしたのですが・・。



夏休みが過ぎ、

この秋からバイトで

某塾の講師をすることに・・・。



アルバイトとしては

知った世界(本人が通ってきた道)

なので、

まあ、自他共に、安心ではありますが・・。



一応‘教える’というお仕事である立場を

普段の‘自由な学生’という立場から切り替えるためか・・


‘スーツ着用’であるとのこと。


確かに、まだまだ若いので、

生徒達から見た‘印象’からも、

本人の‘意識’のためにも

そうした「箍」は必要かもしれません。

しかし~!!

まだ、持ってるスーツは1着!

それも入学式というイベント用(記念撮影用)の

リキ入りスーツ。

それを・・毎週着ちゃったら~

イザ!って時・・着る物がなくなっちゃいます・・。

高校生までは、どんな正式な時も、

「制服」があり、

(それこそ毎日着ていて実際には決して綺麗なものではないけれど)

全てに通用する式服でもあるわけです。

けれど~大学生になると本当にチャンとした時用に

ひとつ・・とっておかなくては~~~


ということで、

今回、バイト用のスーツを購入することにしたのです。

普通に・・・家から徒歩で5分以内に、

紳士服の○○○・・や、○○が立ち並んでいるので。



若い年代用のお買い得なものを何点が見せていただいて~

動きやすいスーツに、

さらに補強加工をしてもらって・・


毎週となると・・ネクタイも替えが必要?


普段履きの靴と違って、革靴をはくなら・・

スーツ用の靴下も必要・・・っと・・・



普段のまるっと学生の服装とは

全く違うものですから、

とりあえず~いろいろ買い揃えると

そこそこ○万円に!!!!

あのぉ~~~

○万円・・バイトで稼ぐには

何ヶ月かかるんでしょうねえ~??!

とか言いながらも・・

孫にも衣装(息子ですが!)

ということで。



| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

ノーベル化学賞

ノーベル化学賞・・・


昨夜からニュースしきりでした。


今朝もニュースやワイドショーでは

お祝いの話題で

もちきり!




昨今は

何とはなしに、

「へえ~すごい!」

と雲の上の世界のように騒ぐだけで

通り過ぎてしまうだけ~~

にはしたくないものです。


だからって何をするでもないですが・・


研究者と呼ばれる人々のやっていることを

‘なにやら凡人にはわからない

金にもならないことを

日々・・・あーでもない、こーでもないと

研究している

現実的な仕事ではない~~’

そういう見方を世間の大半の人は

していると思いますが・・・

やはり・・・

こうした賞の裏には

それを支えている研究者達が

自分の人生を賭けた

長い時間、とてつもない努力があり、

その代表として賞に輝くような

能力と運をもった人が現れるということ

そんな見方をしたいものです。

すぐ目に見えること、

すぐ金になること、

誰にでもわかること・・・



その方が手っ取り早いし、

それもまた必要でもありますが、

そうでないものの価値に

光りを見出す

それに価値があると思ったら、

力を注ぐ


そんな人の生き方をも

考えたいと思います。

ともすれば・・・

「賞」そのものにしか

光りが当たりませんが、

「賞」になる前、

そういった研究者に対して、

どんな評価を

世間はしているのか?

ということを

話題にしたいと思うのです。



それは・・・

研究でなくても、

芸術でも言えます。

(昨年9月、芸大に爆笑問題が来た時のことで当ブログに書きましたが)



光りが当たる・・

当たらないではなく、

インスタントに効果を求めずに、

金になる・・ならないではなく、

何に価値を見出すか?

それを純粋に、愚直に

追い求める人々から

世に問えるものがあった・・・

というところに

深さを感じます。

「賞」と名が付くと、

お祭りだけになってしまうのは

残念すぎます。

ある番組で、

解説にいらした大学の先生が

「彼らの受賞で、

この分野で、しばらく賞が出なくなったということは、

本来、同じ賞をとってもおかしくない(勝るとも劣らない)先生方が

二度と賞を得られないということでもあることを考えると、

複雑です。

でも、そのような優秀な研究者がたくさん研究の成果を積み上げ、

レベルを高めたからこそ、代表としてあの先生方に

ノーベル賞がきたと考えていただき、

マスコミもそのような報道をして下さると

研究者達にとっては喜ばしいことです」

というようなことを話ていらっしゃいましたが、

まあ~~

報道は十把ひとからげの大衆(お祭りのみに一喜一憂する)

を相手にしてこそなんぼ・・

の世界の仕事ですから、難しいかもしれませんが。





私には

その先生のいわんとしている心の裡、

しっかり聞こえてきました。

そういう切り口で

考える機会を持つ人が

増える機会になるといいな・・と思います。

TVでは

「最近は科学離れ」が心配されていたが、

このノーベル賞で、

‘科学離れ’をストップさせるんではないか?

などと結んでいましたが~~~



なんとも

インスタントな発想ではないでしょうか?

真に、研究者である人々は、

「賞」なんぞを頼みにしていては

やっていられないと思います。

必死で勉強して、

大学へ入り、

院へ行き、

博士になり・・・・

でも、就職はないかも!・・・っという

状況を律して研究に励むわけです。

しかも有機化学は「3K」(キツイ・キタナイ・クサイ)

それでも、

それに魅せられて

道を究めている人達がいる

・・・・・ということ自体が、

「手っ取り早く金になる」「楽である」

「すぐ仕事しただけの効果が感じられる」



そんな感覚がはびこっている世の中にとって

一縷の光・・・だと思うのです。




世の中自体がもう少し成長して、

そういう

本物に向かう努力をしている人を大事にすることこそが

科学離れ~~~というより、

何事も、

本物を追求したいと真剣に生きている人々を

(海外に流出してしまわない)日本離れ~~させない

ことではないでしょうか。






そんなことを少し考えたいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

5月祭

この週末は、

東大(本郷)の5月祭を堪能しました。

私は、5月祭を訪れるのは、初めて!

あいにく、

5月にあるまじき寒さと雨の予報。

確かに、

寒さは免れませんでしたが

雨は

昨日に霧雨が時折~というくらいで、

本日は一度も傘を開かずに済み、

いろいろ回ることが出来、

楽しいひとときでした。

息子のクラス模擬店の

お好み焼き屋さんも

結構・・列が出来ていて~~

繁盛!?

それより

「良かったぁ~お友達の中に溶け込んでいるみたいだゎ」

って・・・

小学生PTAなみの安心・・・。


ピアノの会も

聴きごたえありました。

(あの舞台にグランドピアノ・・

どうやって入れたんだろうか?

変なことが気になっちゃったり・・)

鉄門(医学部)のピアノサークルでも、

ショパンのスケルツォとか普通に弾いてて~~

う~~ん・・・・

オペの後、

あんな風にピアノなんか弾いて

気分転換しちゃうんだろうか?

(それにしても東大に

グランドピアノずいぶんあるんですね~!

普段、何に使ってるんだろ?

サークルだけのために存在してるの?)

でも~

小さい時から積み重ねたものが

あんな風に花開いてくれるとしたら~~

なんだか・・

教えてる先生としては

嬉しいですよね!?

鉄門(医学部)では

手製のケーキとかもやっていました。

う~~~ん・・・・

解剖とか勉強した後、

ふうっ~っと、

ケーキ焼いちゃったりするんだろうか!?

人間だもの・・

いろいろするわ。


室内楽も

シューマンやメンデルスゾーン・ブラームス

といったドイツ物の中に、、

ミヨーの木管五重奏とか入っていて、

プログラムも良かったし。




安田講堂で初めて

オケを聴きました。

むしろ

現在のプロのオケより

男性の割合が多い感じでしたね~~~!!!

Photo

和太鼓ライブも思わず足をとめてしまいましたし、

筝曲研究会も目を見張ったし。

個人的には民族音楽愛好会の

南米の音楽のストリートパフォーマンス!

印象的でした。

皆、とても楽しそうで~~

ノリノリで~~

それがお客さんを

また楽しい気分にさせていて・・♪

フルート喫茶や

合唱喫茶では

ず~っと演奏続けてくれていて~

レパートリーの広いこと!!(拍手)

名物の三四郎池、

ゆっくり下りていったのは・・

初めてだったんですが~~

(昔より綺麗に整備され)

ちょっと

郊外の散歩に来たような

お得感を感じる雰囲気

Photo_2

5月の緑が綺麗!


グラウンドでは

「ラクロス」なるものをしているのを

初めて見ました!!

大きな不思議な樹に

ハンモックを作って

子供の遊び場を演出しているのも

なんだか夢のある世界で

(童話の中の‘木のお家’のようで)

素敵!!

二日間、本当に堪能されていただきました。

でも、もっともっと見たいところもありましたね~。

あ・・・そうそう・・

要所要所に

ゴミ分別の場所があるのですが、

そこで働いている学生さん、

すっごく真面目で真剣で

良かったですよ~!!!

ほんのちょっとの仕分けミスも見逃さない

目の光り方で!!!

笑っちゃいけないけど、

笑っちゃいました!

また来年。

週末、若い人のエネルギーを

いっぱいもらって・・・

来週からまた、

元気に頑張ろう~~~

と!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SAPIXが代ゼミ傘下に!?

高校・大学受験のSAPIXは昨年代ゼミ傘下に

入ったようでしたが、

中学受験のSAPIXも

今回代ゼミ傘下に入ったとか!?

昨日の夕方そんなニュース記事を見ました。

どちらもお世話になったことがあり、

どちらも感謝している所なので

特に違和感はありませんが~~~

それぞれに、違うターゲットと

違う規模だからこその良さがあったので

是非、それぞれの個性が共存できる形で

発展して欲しいとつくづく思います。

サービスが多様化したり、

選択肢が増えたり、

統計の規模が大きくなるのは

期待大の気がします~~~。

会社である以上、

~~ お と な の じ じ ょ う ~~

というのはついてまわると思うのですが・・・

受験生に「大人の事情」は

関係ないのですから。

受験生にとっては、

現場の先生と、

手にする教材がほぼ全てです。

その現場に少したりとも

マイナスがないことを願います。

(現場の先生も社員さんのひとりでしょうからね~~)

塾しかり、

学校しかり、

子供の教育問題は

やはり

「大人の事情」で

左右されないことを

祈ってしまいます。


「大人の事情」は

「現在この時点」のみですが、

子供の今は、

未来(今の大人がいなくなった後に)続くものですから。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サクラサク・・・

雪に騒いだ一夜が空けて~

合格発表日。

家を出るまでは

拍子抜けなほど普段どおりの親子でしたが

電車に乗ると~~

なんか・・どちらとも黙りこくってしまった。

試験が終わって2週間、

不思議なほど平静で居たのに、

(多忙だったことに感謝!?)

急激に現実が襲ってきて~~~。

大学からの冊子には

「午後1時ごろ」

と書いてあったのに、

12時半に構内に着くと

遠くで

ドンドンドン・・・

という太鼓が聞こえ、

「ワオ~~」

という勝どきの声(?)が聴こえて~~

急に

昔の合戦みたい~?

しかし声のするほうに着くのに、

結構遠い!!

ようやくその現場が見えてきて~~

すごい人!人!!人!!!

ラッシュ時の駅構内のよう・・。

あの中に入って・・見つけられるんだろうか?

でも入るっきゃない!!


押し合いへしあい・・・ようやく辿り着き、

上を見上げるも、

愚息の番号はどうやら下の方・・。

さらに

前へ~~前へ~~

あった・・・。

気がつくと、息子は

クラブ勧誘のアンケートに囲まれていて、

抱き合うチャンスを失った!

(息子はほっとしただろう・・・)

すると私に

「おめでとうございます」

と声をかけてくださった

アメフトのお兄さん方。

「あ・・・胴上げしてやってください」

と図々しく言えてしまった!

シャイな息子は

きっと私を睨んだが~~~

だって・・理系なんて進む彼にとって、

胴上げなんて一生に一度のチャンス!

母満足・・。


その後、息子は、

母の傍に居たら、何をさせられるかわからない・・・

と思ったのか、逃走!!!


その後、携帯で捕まえたが・・。


まぐれだろうと、

幸運だろうと・・・

イイコトがあった時は、

思いっきり浸ればいいのに~~

と、この年になると思う。

かって兜の緒を締めよ~なんて言うけど、

ごもっともだけど、

人生そんなにイイコトばっかないことは

衆知の事実。

ならば・・・

イイコトのあった時は、

思いっきりいい時を過ごしたらいい・・と。

その‘良い時’が

辛い時、苦しい時の

支えの思い出になったりするのだから・・・・。


思いがけず、

早く咲いてくれた桜に乾杯。

お酒の飲めない私ですが、

良いことがあったら・・・

買ってみたい~っと思っていた、

カフェ・ド・パリの

「桜の香り」

というワインを購入してきました。

ともあれ~~

しばし・・

良い時を味わいたいものです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

前期国公立2次試験

いよいよ明日に迫りましたね。

ラスト一日・・・

たまたま‘受験ブログ’から

こちらへいらした方もいるかもしれませんね。


一期一会(って会ってませんが)

この偶然を利用して

心からご健闘を祈ります~~!!






今、貴方の登っている山

最初は、

美しい山だな~とか、

格好いいなあ~とか

あそこの頂上からみた景色はどんなだろう?

等と、見ていただけかもしれませんね。




そのうち、

遠くから眺めていると・・・

結構、登れるんじゃないか?

案外、軽いかもしれないんじゃないか?

そんな気もしたかもしれません。

でも、

山ってだんだん近づくと、

ええ~っ?

っていうくらい大きく感じるようになるんですね。

いえ、やっぱり・・・

大きいんです。

目の前に迫れば迫るほど

巨大化して

圧倒されますが・・・

そのうち、その全体像は見えなくなります。

ただ目の前の

登山道しか見えなくなり・・・

自分が本当に、

‘あの’山に登っているのか、

この道が

‘あの’山の頂上に続いているのかすら

分からなくなります。

それでも

ひたすら前向きに歩くしかないですね。

ロールプレイゲームのように、

1シーンクリアごとに、

全体像からの自分の位置が見られたら、

どんなに良いでしょう!

その上、

必ずしも、最短距離で登れるとは限りませんし、

道に迷うかもしれませんし、

途中、天候不良などで、

続行断念の英断をせねばならないことも・・・・?!

考え始めたら、キリがありませんね。



確かに、

慎重な計画や余裕は大事ですが、

あまり先のことを想像してみても、

始まりません。


挑戦できる幸せを存分に感じて、

精一杯、自分の力を発揮してきて欲しく思います。



でも、

自分の持てる力を全て本番で出し切るって

難解なことですね~~~!




時を同じくして、

冬期オリンピックが行われていますが、

あれだけのステージの選手ですら、

本番で持てる力を遺憾なくなく発揮できた選手など

・・・そうそういないかもしれません。

それでも、

まわりで傍観するしかない

PTAであったり、

センセイであったりする

私としては・・・

其々が

それぞれにとって、

良い挑戦であること・・・

未来にとって、一番良い結果が出ることを

願うことしか・・・もう出来ません。

一時の‘結果’がどうであれ、

どんな形のスタートであれ、

春からまた

皆に、

「初めの一歩」が

始まります・・・・・。

Good Luck!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|