« オカメコオロギと、10月へ~ | トップページ | またまたコオロギ »

日の名残り

今回ノーベル文学賞をとった方の作品でも、


イギリスの方の作品なんてきっと知らないわ~~~



・・・・っと、思っていたら

「日の名残り」ですって~~!?


やだ、私の好きな作品です!!


確か映画にもなっていて、


DVDで観ました!


映画の方は~イギリス映画らしい・・・

ちょっと暗めのトーンで出来ていて・・・


そう、ダウントンアービーみたいな。



大きな事件があったり

ドラマチックな感情の揺さぶりがあったりではなく、


淡々とした中に


ちょっと押しこめられた感情とかが


世情や日々の出来事の中に

織り込められていて~~~~


角度を変えて考えると


人の立場によって

あーも、こーも・・・違った感情の動きに感じられて。


温かくすれ違った心に


なんとも言えない余韻を感じて・・・・


作品としては素敵だし、


当時の状況や常識、さまざまな伝統と格式と


「たてまえ」の下に生きる人を


そのストイックさに酔えたりもしたのだけど、


少しやりきれなさの方が勝って感じたのは

今より、少し若くして読んだからでしょうか・・・?



また、読んでみたいです。




それにしても~~~

あの作品が日本人の作品だなんて、

知らなかった!


作者の名前しっかり憶えてなかった自分に驚き!


古典でない外国文学に対して~って、


そういういい加減さが私は有ったゎ・・・。

|
|

« オカメコオロギと、10月へ~ | トップページ | またまたコオロギ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オカメコオロギと、10月へ~ | トップページ | またまたコオロギ »