« のんびり | トップページ | 我が家のクリスマス »

センター試験が変わる!~ちょっと言いたい~

***今朝のニュースより********

一発勝負の学力テストから、思考力や人物を総合的に評価し、合否を判定する大学入試へ。

知識量だけを問うよりも、部活動の実績を示す資料や志望理由書などを基に、プレゼンテーションや集団討論などを組み合わせて評価することが求められる。

浦和高では5年ほど前から、生徒が討論などをしながら学ぶ「グループ学習」を採り入れてきた。ただ、教員の間では、「討論やプレゼンが重視されるといっても、知識の吸収や定着なくして『活用』はない」と話しているという。

私立北嶺中・高校の谷地田穣校長は「プレゼンや課題解決能力は大学に入ってからでも伸ばせる」。プレゼン能力ばかりにウェートが置かれることは疑問だという

*******************

時代の変遷と共に、必要とされる能力が変わり、

次世代の若者について期待するものが変わってゆくのは

当然の流れだと思います。

が・・

が・・・

が!!!!

最近、とみに心配していた流れのようで。

あの「ゆとり」以来、

学力が落ちた!と叫ばれて・・・あわててカリキュラム変えたのに

またですか??と。

前出の先生方が危惧されているように、

「知識」も持たない学生がプレゼン能力のノウハウだけ学んでも

それは~~「ハッタリ」。

昨今の若い人をみていて、心配に思うのは、

能力があるのにそれを前面にプレゼン出来ないタイプも

(つまり文科省で心配しているような)居る一方で、

知識も応用もおぼつかないのに、

大風呂敷を広げてしまう「御口」だけが達者なタイプもいること。

もちろん、両者が整ってこそ!でありますが、

では・・・それぞれを延ばすための「時期」はいつなんだろう?

ということです。

これも、10人10色ではありますが。

やはり、私も前出の先生のおっしゃるように、

「プレゼン能力や課題解決能力は大学に入ってからも伸ばせる」と。

また、高校や、大学内の授業で取り入れて学ぶべきものではなるけれど、

試験などに取り入れてしまっては、その本質が学べなくなるなるのでは?

と思うのは、私だけでしょうか?

センターに記述が追加されるとのこと、

これは~採点の公平さと煩雑さ・・・さえクリアできるのなら、

良いことだとおもいますが、

ただでさえ、

全国一律での試験ということで、

毎年、各大学に緊張が走る状況。

どうなんでしょうかねえ?

その煩雑さに時間とお金をかけるよりは・・・

2次試験をそれぞれの大学で

思い思いの方法でやればよいのではないでしょうか?

それより、

大学が生徒集めに必死になっている昨今の状況打開策を

考えて欲しいと思います。

子供が少ないのですから、生徒集めが必至になるのは当然ですが、

それを「商業的なサービス」方向の‘特典’ばかりに目が向けられている

今の状況は~少し心配です。

子供たちにとって、競争が「緩い」ということは、

それだけでも「ゆとって」しまう可能性大です。


そういった方向での教育討論がもっともっとされて欲しいです。


それこそ、

「日本の将来の育選挙」

なんて・・・なるくらい真剣に。

今すぐ支払う税金のことや、

今すぐ手元のお金が!という景気については

選挙に値するけれど、

教育はべつに~~差し迫ってないし~~ではありますが、


じつは、○十年後の日本を動かしているのは、

今の教育を受けて育った子供たちなんですよね。

少子化も大問題ですが、

今いる子供たちにどんな教育をするのか?

試験方式云々よりも、

そう、形式よりも、中身について

もっともっと論じるべきではないか?と昨今強く思っていたので、

思わず・・・イレギュラーで、キーボード叩きました。

まあ~

どんな教育を施されても、

伸びるものは伸びる・・・・

そんな逞しい能力を持つ子供がたくさん育って欲しいのが

理想ですかね。


でも、

世界各国を見ても、

日本の歴史を見ても、

「たかが教育」「されど教育」であります。

|
|

« のんびり | トップページ | 我が家のクリスマス »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のんびり | トップページ | 我が家のクリスマス »