« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

生誕○○年を迎えて

またまた誕生日を迎えることになりました。



私自身は以前からあまり信条も心情にも変化など特に感じたことは無く、

人生のどこの部分を切り取っても

変わりない自分であることに安心と共に、

これでよいのかな?という一抹の不安がなくもないのですが


過去の細かい事象を捕らえて見ると

まるで別人格のような判断、決断をしていることも多く、

(それでも、更に根本的にはやはり特に変化も無く~)

人間の精神構造の複雑さを感じたりします。



これはまた

ゆっくり書きたいところですので、

いつかまた・・・。




さて、

誕生日を期に、少々体調その他、メンテをします。



10月中旬にまた更新したいと思いますので、

その頃、またよろしくお願い致します。

| | コメント (6)
|

不安定な空に・・

今日・・・浅草界隈を車で走っていたら~~~


不安定な曇り空に聳え立つスカイツリーが・・・。

Photo

こんなもくもく雲の空の中だと

バイキンマンが飛んできそうで~~~


ちょっと残念!



(いつもは、JRから明け方の空や夕焼けの中の

美しい姿を見ていますが・・・)




これだけ聳え立ってくれてると、

シャッターチャンスには事欠かないのはありがたいですね。

久々に浅草の街を車で通ってみると

本当にスカイツリー効果か、

人が多いこと多いこと!!



信号で止まった時の歩行者の渦をみてると

まるで銀座?


でも、

良い気候になったら一度ゆっくり出かけてみたいものです。





| | コメント (4)
|

鎌ケ谷音楽学院発表会

しばし・・・

ブログも更新できずにバタバタしておりましたが・・・




昨日9月15日は

鎌ケ谷音楽学院発表会でした。

2012_2



昨年の発表会は

比較的に良い季節でしたが、

運動会などで参加できない生徒さん達がいらしたため、

今年は、

まだ暑い中ではありますが、

連休初日を使っての発表会でした。



午前・午後と

ピアノ・ヴァイオリン・声楽・フルート・リトミック

の1才時半からシニアまでの生徒さんがたが、

大勢出演され、

また講師演奏や、伴奏で講師ほぼフル出演

そして理事長先生も会場でのOHPでプログラム提示をしてくださり、

写真撮影では、院長先生のご参加もいただき、

賑やかで盛大な会となりました。




私のクラスでも、

普段とは違った表情の子ども達が

緊張しながらも一生懸命日頃の練習の成果を演奏してくれましたし、

受験生は、制服で度胸試しをしていました。

私が伴奏を受け持った4人のお子さんと

2人の中学生も

堂々と演奏していて、

頼もしく感じました。



もちろん、

日頃の何気なく続けている練習が大切なのは

いうまでもありませんが、

年に一度くらい、

非日常の緊張感の中で

自分が継続していることの成果を

披露する~~~~

ということは、

日常の目標になるだけでなく、

それぞれにとって

次のステップに向かう

重要なモニュメントになって欲しいな

という気がしました。

終了後、

講師一同で、親睦と打ち上げを兼ねて

会食をもちました。

普段お会いしてお話をすることの少ない曜日の先生方と

さまざまなお話が出来て、また通常とは違った一面を見ることが出来、

とても楽しかったです。

講師間の連携だったり、

意思の疎通がスムーズであることは、

全体の良いハーモニーになって、

生徒さん方にもきっと良い影響が響いていくのではないか・・・と、

さらに今後期待できそうな気がしています。



来年、

鎌ケ谷音楽学院は

創立50周年を迎えます。

また、この場をお借りして、

さまざまな企画をもご紹介したいと思います。

| | コメント (2)
|

「いつ要る!?」「今でしょ!!」

だいぶ使いこなしたメガネのフレームが

少し緩んできていて、

時折、下を向くとずれてしまうことが増えてきて・・・

今や仕事をする時には必需品のため、

メインの取替えは、ゆっくり時間を作って、どこかで~


としても、

一応、もうひとつ、今はやりの安くて早く作ってくれるのを

サブで用意しておかなくちゃ・・

と思っていました。



思っていたのに・・・

なかなか時間をつくらずに居たら~~

なんと!


スポッとレンズが抜けました!!

もう~~~

一刻の猶予もなく、


すぐに出かけて行って、

1時間くらいで作ってくれるところで


在庫レンズの中から~~購入することにしたので、

「超薄型」とかにはできませんでしたが、

見場より・・今すぐ!だったので・・・。



でも、なかなか気に入っていますし、


ともあれ、一日も無しでは仕事ができないので、


助かりました。


Photo


| | コメント (2)
|

マイナス14時間を越えて~

昨夜はちょっとイイコトがありました。



ニューヨークに住む芸大時代の友人

ピアニストのTさん(右のお薦めHPにある・・)から

メールが届いていたのです。



一気に長文を読んで・・

なんのためらいもなく、

いろいろ考えつつ、

ゆっくり返信をしたところ~~



次のメールが入っていて

「いきなり要件突入のメールでごめんなさいね」

とのメール。


あ~~~~

考えてみれば、

メール自体も1年ぶり・・・何十年ぶりかで会ったのも4~5年くらい前。




でも、不思議と

あ・・今、そういう感じの状況なんだ・・なるほど!


ってな感じで違和感なくて。

むしろ~

前置きがあまりないほうが違和感ないタイプで・・。


もちろん、毎日のように会っていた頃から

何十年も経っているし、

その間に、置かれた状況や、環境や仕事など、

全く違うことだらけだから、

当時の彼女・私とも既に違っている部分も多いのに。



彼女のブログを読ませてもらって、

彼女らしさを感じていられることもあるし、

特にメールや電話をするわけでもないけど、

ふと「どうしているかな?」

などと思うことはよくあるし・・。



運命のいたづらか(大笑)

出したはずのメールが届いていなかったり~~

やはりシステムに阻まれる(?)要素もあったりするのだけど、

特に切れる心配もなく何らかの繋がる要因がまた出来たりするから

不思議。



メールやブログが日常茶飯事となって

距離でない人の繋がりを実感すると共に~~


「電話で話そうか」

って時に、いきなり時差(マイナス14時間)を考えて

遠いんだな~という実感をもったりして!!



小学生のような感想で失礼いたしました・・・・。

(いや、近頃の小学生は生まれた時からインターネットが繋がっていて、

こんなベタな感想は持ちませんね)





| | コメント (4)
|

8月からの脱却

長かった8月が終わりました。


音楽院での締めくくりは

9月の発表会に向けて、

うちのクラスの小学生が集まって、

音楽学院ホールでリハーサルをしました。



昨年までは、


皆、短い曲でしたし、


7~8人だったので、

1時間枠でも3回くらい出来たのですが、


今回は、小学生だけで12人。

しかも、皆成長してくれて、

長い曲になってきましたので、

2順したら1時間半にもなってしまいました。


皆さん、お疲れさま。


でも、夏の間、の頑張りがとてもわかって嬉しかったです!

*****


そして~


昨日は全休で

高校時代の友人と、

カレッタ汐留の


なだ万47にランチに行きました。



いつぞや、予約をしなかったら入れなかったのを学習し、

今回は、しっかり予約をして・・。



とても良い眺めを見つつ、


美味しい日本料理に舌鼓をうちました。



さて・・・



8月は、珍しい(3年に一度くらいとか?)


一月に二回目の満月とか!。


ブルームーンと言われて、青い光りとのこと。

Photo

なんだか・・・UFOみたいになってしまいましたが・・・



青い光りというのは、少し分かりそう?




そして夜、


呑気にビデオを見ていたら、息子から電話。


「TVをつけてみて!太平洋沿岸津波注意報だよ」


と!!


え?地震ないのに?

あ・・・遠くで起きたって海は津波を起こすのだったわ・・・



と思いつつ、TVを確認したら~~~


なんとも、フジでは

首都圏直下型地震の特別番組をやっているではありませんか?



その特別番組の左下に、


日本地図と津波注意報の点滅を見たら!!



くしくも・・・翌日が9月1日であることが


空恐ろしくなりました。



備えあれば憂いなし。



こればっかりは、憂いなしとはいきませんが、


ただ・・

最近の番組は憂いばかりで


「備え」提案に至らないのが


残念です。



病気にしても、災害にしても、

「こんな怖いことがありますよ」


という情報を流すからには、


こういう予防をしましょう~

とか、

こういう処置をしましょう~


とか、


個人的にできる備え、


そして、公的、私的の大手機関のできる備えの


優先順位など、


また提案など・・・


抱き合わせての情報でないと、


煽りだけになってしまうのでは?と思います。



さまざまな・・思いを抱いて、


8月が過ぎ、9月になりました。







| | コメント (2)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »