« 夏後半 | トップページ | 学生の夏休み »

夏休み企画を終えて~鎌ケ谷音楽学院~

後半3日間の夏休み特別企画が終わりました。



私のところでは・・

10時~の初心者(幼児小学校低学年)の楽譜を読むクラスと、

11時~の(楽譜を読める小学生による)音楽を作るクラス。


どちらも

とても充実して終えることができました。



初心者のクラスでも

とても集中力のあるお子さんで

予定していた内容よりずっと捗って、

三日目は急遽ピアノを1曲弾いて

連弾を楽しむことまで出来ました。



また音楽を作るクラスでは~

予想に反して、

低学年の方の参加が半数もいらして、

少々心配もあったのですが・・・




皆、とても好奇心があり、

そして、積極的に参加してくれていたので、

驚きました。



今、ゲームのように、

PCで遊びながら音楽も作ったり(それが悪いとも思いませんが)

自動的に楽譜も出来てしまう中、

嬉々として五線紙に音符を書いている子達が

目の前にいることに、

なんか・・嬉しさを感じました。


特に、宿題などと出していないのですが、

1日目に少し話したりしてやってみたことを元にして、

「先生、これ書いてきました!」

と持ってきたお子さんが1人だけではないことも・・・

驚きでした。


普段、

ピアノやヴァイオリンをやっている子達が

自分で楽譜を書くことによって、

さらに楽譜に親しんでくれたら~~

という発案からでしたが、


「作曲するのって面白い」

という言葉が子供から聞けたことは

目論み以上の効果に疲れが吹っ飛ぶ思いでした。



午後からは

田中先生の「リコーダー」の企画。


ピアノやヴァイオリン、フルートは敷居が高く感じてしまう子でも、

‘リコーダー’はみんな学校でやっているから~

自分のリコーダー一本で音楽することが楽しくなれば~


という企画です。

今回は、田中先生が「マルモリ」を用意してくれました。



聞いていれば楽しいし、

歌うのも簡単ですが~

リコーダーで吹くとなると、

楽譜を読むのも大変、

リズムに合わせてタンギングするのも大変!

普段使わない♯の音も吹かなくてはなりません。



でも、3日間で

先生の伴奏に合わせて吹けるようになったお子さんは

とても自信を持った様子でした。

今日は、お子さんのお母さまと一緒に、

事務室に居た講師がレッスン室にお邪魔し、

3日間の成果を聴かせていただきました。



お母さまのお話によると、

この三日間はお家で毎日練習していたとのこと。

お子さんは好きな曲で苦手克服~というつもりもあったようですが、


3日間でも一生懸命やると、

苦手どころか、誰かに聴かせることのできる一曲が仕上がるものです。



一曲仕上がる以上に

良い体験をしていただけたかもしれません・・・。



また、

いろいろ企画を練りたいと思います~♪

音楽学院の門内の大きな樹で

入り口は少し木陰ができますが・・・

2012

それでも、焦げるような暑さの中、

小学生達にパワーをもらった3日間でした。








|
|

« 夏後半 | トップページ | 学生の夏休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏後半 | トップページ | 学生の夏休み »