« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

学生の夏休み

先週末、20日間の旅行から次男が帰宅しました。


最初の5日間は東北をあちらこちら1人旅を自分で計画し、


山形の最上川下りをしたり~


福島の蒸気機関車に乗ったり、

仙台の七夕や秋田の竿燈祭りをみてから

青森へ上がり~~

フェリーで北海道に渡ってからは、

友人と一緒に、友人の親類宅にご厄介になりつつ

あちこちを回ってくる~という

贅沢な旅でした。




20日間という日程で出かけてこれるのも

大学生ならでは~の贅沢な時間のおかげ。



福島の蒸気機関車に乗った折には、

なんと!


同じ大学の同じサークルだった友人と

偶然ばったり会った!とか・・・。



「あら・・・夏休みみんな思い思いにフラフラしてるの?」

などと・・・。



1000枚以上にのぼる写真をカメラから見せてもらいながら



ひとつひとつ話しを聞いていると~~

羨ましい限り!



それに~


稚内の駅が

私の記憶とは段違いに綺麗になっちゃってて!!!って・・・


私の記憶は30年前なんですものね。


でも、鮮明に記憶が残っている私も~~変わっているかもしれない。



長旅ゆえ、あまりお土産を買って持ち歩けなかったそうですが、



私は・・・こういうのが嬉しい!


Photo

北見のハッカ湯


とか

美瑛の白金温泉

とか・・・・。




特に、この季節、


ハッカ湯の緑は、とても涼しげ!!


少しずつ、

思い出を話してくれることを期待しつつ・・・。








| | コメント (6)
|

夏休み企画を終えて~鎌ケ谷音楽学院~

後半3日間の夏休み特別企画が終わりました。



私のところでは・・

10時~の初心者(幼児小学校低学年)の楽譜を読むクラスと、

11時~の(楽譜を読める小学生による)音楽を作るクラス。


どちらも

とても充実して終えることができました。



初心者のクラスでも

とても集中力のあるお子さんで

予定していた内容よりずっと捗って、

三日目は急遽ピアノを1曲弾いて

連弾を楽しむことまで出来ました。



また音楽を作るクラスでは~

予想に反して、

低学年の方の参加が半数もいらして、

少々心配もあったのですが・・・




皆、とても好奇心があり、

そして、積極的に参加してくれていたので、

驚きました。



今、ゲームのように、

PCで遊びながら音楽も作ったり(それが悪いとも思いませんが)

自動的に楽譜も出来てしまう中、

嬉々として五線紙に音符を書いている子達が

目の前にいることに、

なんか・・嬉しさを感じました。


特に、宿題などと出していないのですが、

1日目に少し話したりしてやってみたことを元にして、

「先生、これ書いてきました!」

と持ってきたお子さんが1人だけではないことも・・・

驚きでした。


普段、

ピアノやヴァイオリンをやっている子達が

自分で楽譜を書くことによって、

さらに楽譜に親しんでくれたら~~

という発案からでしたが、


「作曲するのって面白い」

という言葉が子供から聞けたことは

目論み以上の効果に疲れが吹っ飛ぶ思いでした。



午後からは

田中先生の「リコーダー」の企画。


ピアノやヴァイオリン、フルートは敷居が高く感じてしまう子でも、

‘リコーダー’はみんな学校でやっているから~

自分のリコーダー一本で音楽することが楽しくなれば~


という企画です。

今回は、田中先生が「マルモリ」を用意してくれました。



聞いていれば楽しいし、

歌うのも簡単ですが~

リコーダーで吹くとなると、

楽譜を読むのも大変、

リズムに合わせてタンギングするのも大変!

普段使わない♯の音も吹かなくてはなりません。



でも、3日間で

先生の伴奏に合わせて吹けるようになったお子さんは

とても自信を持った様子でした。

今日は、お子さんのお母さまと一緒に、

事務室に居た講師がレッスン室にお邪魔し、

3日間の成果を聴かせていただきました。



お母さまのお話によると、

この三日間はお家で毎日練習していたとのこと。

お子さんは好きな曲で苦手克服~というつもりもあったようですが、


3日間でも一生懸命やると、

苦手どころか、誰かに聴かせることのできる一曲が仕上がるものです。



一曲仕上がる以上に

良い体験をしていただけたかもしれません・・・。



また、

いろいろ企画を練りたいと思います~♪

音楽学院の門内の大きな樹で

入り口は少し木陰ができますが・・・

2012

それでも、焦げるような暑さの中、

小学生達にパワーをもらった3日間でした。








| | コメント (0)
|

夏後半

変わりなく暑い日々

気象庁でも

9月前半までこの暑さが続く~との容赦のない予報。




ただ・・・


ここ数日、

空を見上げた時、

心なしか‘高い空’になっている気がしたのは、

私だけだろうか?




ちょこっとですが~


うろこ雲が出来かけたような雲が見えたり~


ちゃんと季節が移る準備は出来ている!?


ようにも思えたのですが。



ポジティブに・・・。



8月4日に出かけた次男の旅も

あと1週間。



今は、友人のご親戚にお世話になりながら、

友人と北海道を廻っています。



昨日は、根室だったみたいです。

2012


海の‘青’が濃いですね・・・

2012b


襟裳の春は何もない春・・・


というけれど、



夏も何もなさそう~?





| | コメント (2)
|

お盆休み

・・・と言いつつ、

東京で生まれ育った私は~

7月‘お盆’感覚なので、

8月に入ってから、スーパーなどで

「お盆グッズ」を見るたびに、

あ~~まだこれからか・・・と。



といっても、東京のお盆(7月)は

東京内ですらお休みになる慣習は全くないので、

やはりこの8月の全国的なお盆はお正月に並んで

大きなお休みですね。

我が家でも、

お盆休みで帰省してきた長男が・・・。



‘社会人になって初めての夏’ということで、

今日は、

日比谷シャンテの柿安三尺三寸で

ご馳走してくれました。

2012

学生時代は、

休みで帰省するたびに、

家で体調調節するものを食べさせなくちゃ・・とか、

どっか外で、美味しいもの食べに連れて行ってやろうか~

と思っていたことを思えば、

感慨深いです・・・・。

さて、

8/4に一人旅に出かけて、もう10日目になる次男は、

数日後フェリーで北海道に渡り、

高校時代の友人と合流してほっと安心。


時折、音信不通のハヤブサ状態になりつつも、

今日の1枚は

2012_2

美瑛



| | コメント (10)
|

久々の雨ですが・・・

珍しく「雨」の天気予報。

‘かなり強く降ることもあり~’

とのことなので、

晴雨兼用ではなく、


ちゃんと持っていった


雨傘は確かに役に立ったけれど~~

夕方の帰宅時にはいつもの夏の日差し!


おまけに、日傘を持っていない私・・・。

それに、


夏の夕立!っていうような雨上がりがさっぱりした感じではなく、

むわ~~~っと湿気が漂った感じ。


さすがに家に飛び込んで冷房つけました所へ~~



(旅中の)息子より文章の無いメールが・・

Photo

おおっ!


立派な竿燈祭り!



でも~この写真を見て、

サスペンスを思い起こす私って!!!

| | コメント (7)
|

羽を伸ばして~

次男の中高つながりで気の合った母達グループで

1年ぶりのランチ。

皆、それぞれ仕事を持っているので

夏休みといえども‘日曜日’・・

それも可能な限りの最大人数が集まれる公約数のピンポイントの日が

ようやく今日・・。

なかなか全員集合とはいきませんでしたが、

それでも今日は5人集合!




昨年は京王プラザホテルのビュッフェでした。


今年は~

丸ビルのブリーズオブトウキョウ。


見晴らしの良い明るい店内で、

美味しいお料理に舌鼓をうちながら~

しゃべった・・しゃべった。


上の子や、下の子はそれぞれ居ても、

共通の子達は皆、大学生。

話題も100%子育てから、

自分自身の今後に向けての話題に。




それぞれ人生設計も、

仕事も、趣味も、

違うのだけど、

似たような感覚で子育てをしてきた時期を共有してきたためか、

それぞれ、仕事という別の世界をも自分の裡に秘めていたためか、

子育てからの脱却にも

似たような感慨と、

今後の希望や、不安や悩みを抱えていて~

話は尽きません。


結局、

不安や悩みに即効性のある薬などないのだけど、

共感できる人の存在というのは、

心強いもので、

同調しあう~というのではなくて、

時間を積み重ねるというのは、誰しも大変なことだ~

と改めて悟って・・

また日常の中の其々の戦い(?)の中に戻っていける~

のかもしれません。




当の次男は

昨夜から一人旅中。



今夜は仙台七夕祭り花火の写真を送ってまいりました。

2012

| | コメント (2)
|

小さな幸福☆

買い物へ行くのは好きですが、

あんまり上手ではありません。

1.決断力が無いこと

2.イメージが強すぎること

3.出会いに敏感でないこと

こんなところでしょうか。

「1」はそのまんま。

う~~ん・・欲しいなぁ、でも、もっといいのもあるかもしれないなあ。

「2」は、コレこれこういうのを、コレコレこういう時に使いたい

・着たい・身近に置きたい

そういうイメージに固執してしまい、ちょっと変化球には×をつけてしまう。

「3」は、「2」の延長なんですが、

何かピン!と来るものがあっても、その直感を信じきれずに、

「2」を振りかざしてしまったり、

「1」の迷いで、今度来た時に、まだ在ったら~買おう!

とかになって・・・

家に帰ったら、むしょうにその判断が失敗だったことに気づく。


年齢を重ねても、

こういう性分は変わらないものです。


だから~~



季節物で気になっているものは、

次の機会には季節が変わってしまったりしていることが

とても多いのです。



でも、今日は!


もうずっと前から欲しかった

「つりしのぶ」

が・・・

なんと!

デパートに出店していたのです。



それも大きなものだけでなく、

気軽に持ち帰れるような手ごろな大きさのものまで・・。



もちろん、今日の買い物はそれがメインではありませんでしたが、

ちょっとかわいい吊りしのぶを

GETしました。



なんだか必要品の買い物以上に、これが嬉しくて・・・

来夏まで上手に育てて

また来春、葉っぱが芽を出すようなら~

来年は・・

苔球で~自分で作ることもできるかも?

そんな小さな目標を掲げたりして~

Photo

船に見立てたつりしのぶと、

向日葵柄の風鈴です。

Photo_2

雰囲気を出すため、

下に桶を置いてみました!


| | コメント (4)
|

鎌ケ谷音楽学院~8月~「ちょっと得意」

夏休み突入ということもあって、

いろいろな先生のクラスが

少し変則的な日程になったり~

お休みがあったり~

時間変更があったりして~

いつものように夕方から満員状態ではありません。


その代わり、午前中や昼過ぎから

レッスン室レンタルで練習する受験生がいたりと、

夏なりの空気が流れています。

けれど、

レッスンのある時は、休み中ながらも

皆、かなり熱をおびて練習してきています。



~~~それも、夏休み明け

9/15には、発表会。



梅雨頃から決めた曲を

皆、一生懸命練習し、

この夏休みには仕上げていく段階にしてあったため、

遊んでいても、忙しくても、

「これだけは!」

と、頑張ってきています。

これは、音楽に限らず、なんでもそうでしょうが

子供は(大人でもそうかもしれません)少し大変でも、

練習をしてきた・・という自信があると~

態度まで優等生になり、積極的に次の目標を聞く耳を持つようです。

反対に、自信がない時は目を合わせようとしません。

小学生などは、

たった1週間で本当に豹変します。

それが続くとも限らないのですが~!

負荷の掛け方には、

非常に難しいところがあり、

自信を失くさせてしまってもいけないし、

でも、あまり軽い負荷だと

クリアしても、達成感が湧かないため、

良い意味での執着すら、生まれません。

さらに、その丁度良い‘負荷’というのは、

子供の性格・環境そして能力によっても違います。

また、その性格・環境・能力が定着化していないのも、

子供の特徴なので~~

難しいです!


体力や、体調といったものも、かなりのウエイトを占めるため、

最終的には親御さんの判断といったものに委ねざるをえないことも

多いのです。

幸い、私のクラスでは

非常に親御さんが熱心な方が多く、

できる限り、私も親御さんへの報告をしますし、

親御さんからも、最近の状態をお話くださる方がいらして

とても助かっています。

前述のように

何らかの状況で練習ができずに来てしまった子の時、

子供自らが

「今週は練習できなかった!」

と元気に言えるお子さんは心配ないのですが、

そうでない場合~

親御さんがそれを伝えてくださると

「じゃあ~今日は指の運動からやろうか」

などとレッスンのみならず、精神的なハードルを下げることもできるのです。

今、いろいろなおけいこごとをなさったり、

塾などで勉強を頑張ったりしていらっしゃる方が多いことと思います。


私もそうでしたが、

子供にかかりすぎて、過保護や過干渉になってもいけないし、

かといって放任もいかがなものか?と

迷われている方はとても多いと思います。

ただ~~

まだ自分で自分の精神力などというものを構築していない子供の場合、

どんなに有能なその道のプロに習っても、

(どんなおけいこも、お勉強も・・)

「あの先生に任せておけば安心」

ってことは無いことだけは確かなんです。


子供は、生活の状態の上に全てのことが成り立っているので、

どんなに優秀な子でも家で何かあったり、

友達と喧嘩をしたりすれば、

集中力もなくなるし、やる気も簡単に消えうせてしまいます。


体調や、家での状態、他のおけいこやお勉強との状態を、

時には、先生に報告しておく~というのが、一番ベストだと思います。



大変よくやってきていても、

それがそのお子さんにとって余裕がある状態なのか、

もう・・目一杯無理をしていて今はこれ以上負荷は壊してしまう状態なのか、

その把握ができないと、

次の指針がたてづらくなります。

もちろん「伸ばす」ためにもですが、

趣味として「長く楽しむ」ためにも、

とても重要な要素です。

そう・・

「趣味」

↑これもむずかしい括りなんですが

「趣味でやらせたいだけなので、さほど真剣でなくても」

とお思いの方も多いかもしれませんが、

趣味で続けるには下手じゃつまらないんです!!


これは大人だってそうではありませんか?

「ちょっと得意!」

こんな気分になれないと

子供だって嫌なんです!

私のクラスでも、

ほとんどのお子さんが

専門になるわけではありません。


でも、

「ちょっと得意」・・・な気分

それだけは獲得させてあげたいと思っています。






| | コメント (2)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »