« 鎌ケ谷音楽学院ホールエントランス~2012年6月~ | トップページ | 銀座(2)~風鈴~ »

銀座(1)~小高根眞理子ヴァイオリンリサイタル~

今日は鎌ケ谷音楽学院でご一緒している

小高根眞理子先生の22回目のリサイタルが

昼下がりから銀座の王子ホールであり、

午前中と夜のレッスンの間に伺うことが出来ました。



今回も盛りだくさんのプログラム。


モーツァルトのソナタに始まり、

ブラームス

スメタナ

リムスキーコルサコフ

とロマン派を進み

ヴァイオリン超絶技巧のヴィエニャフスキ

で前半を締めくくり~

後半は大曲ベートイヴェンのクロイツェル。

いつもながらのパワフルさに圧倒されるプログラム。


またプログラム・ノートはお嬢さんが書いていらっしゃる。


お嬢さんもまた、東京芸大のVLn科を卒業されている専門家。



そのお嬢さんが

「先生業や子育てをもこなしながら、27年も亘って(リサイタルを)

続ける心意気は、同考えても並大抵ではない。

背中を追う側も相当な労力が要る」


とおっしゃる。


子どもとはいえ、

既に成人し、


ましてや、高度な専門家の道を進んでいる娘さんに

見せられる(追わせることのできる)「背中」を持ち続けていらっしゃることに

本当に驚きと尊敬の念を頂いている。



いつもお話をさせていただく時、

その辺りをも探ろうとするのだが


どうもその辺は軽く笑って流されてしまう・・・。



|
|

« 鎌ケ谷音楽学院ホールエントランス~2012年6月~ | トップページ | 銀座(2)~風鈴~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌ケ谷音楽学院ホールエントランス~2012年6月~ | トップページ | 銀座(2)~風鈴~ »