« 鎌ヶ谷音楽学院~2012年~事始め♪ | トップページ | 初雪 »

受験生へ

昨日からセンター試験が全国各地で行われています。


いよいよ受験シーズンの到来です!!




私の受け持つ受験生の中で

今年本番!という生徒は珍しく1人だけですが、

やはり昨日のセンターはどうだっただろうか?




気がかりです。




全国各地では

開場も様々で、

気候も電車状況も様々。



同じ試験を受けるからって

全然平等じゃないですね。


でも、


そもそも平等なんて無い様に思います。

(もちろん六法全書レベルの平等は保障されなければなりませんが)



平等の拡大解釈は禁物だと思います。





環境という点では~


在籍校から志望校へ行く人数が多いとか、少ないとか、


また

あの塾へ行けたとか行けなかったとか・・・



あの家は金持ちで湯水のごとく家庭教師をやとっていたとかいなかったとか・・


全く10人10色の状況という個性を引っさげています。

家庭環境まで広げれば~言うに及びません。

さらに受験そのものをとってみても~~



全てに序列が付けられ、

全て順番に合否が決まることなんてありえない。



簡単に考えると、



AとB同日試験の場合、

AはBよりちょっと難しい・・

そんな時、

AとBの中間の成績の場合どうするでしょう?

次の日はBより簡単(とされる)試験。


Aを落ちた場合、Cになりますね。


その時、「あ~~Bにしておけば!?」


等よくある話。

もちろん、体調など不可抗力で状況変更が余儀なくされることも!


でも、数年経っても~ABCの序列がそのままという保証もありません。





だからって・・

そのことに不満を募らせても何も始まりません。



「そもそも平等じゃないんだ」




ってことを、小さい時から教育する必要があると

昨今思っています。




最近では

「平等」を意識するあまり、


主役が数人出る学芸会や、

徒競走で順位をつけない教育方法まであるそうです。

試験をしても点数を出さない・・・とか。





それは、


「できないんだ」というマイナスのイメージも曇らせるばかりでなく、

「できるんだ」というプラスのイメージも曇らせてしまいます。




「できる」ことが全てではないけれど、

「できる」こと、「できない」ことに目を向けて自覚することも大事だと思います。

できなくてもやりたいから頑張ること、これは向いてないからと

やらないこと・・・


いろいろあって良いでしょうし、

それなりの教育方法もあると思います。





皆同じ~と育てられて、ある一定の年齢になって

「合」「否」を突きつけられる時のショックはいかばかりでしょう?



まあ~そこまで呑気な状況もないでしょうが



悪い意味でなく、

「皆、不平等な環境・能力の中にあって、

そこから自分の個性を見つけたり、延ばしたりしていく方法を見つけて

生きていくんだ」


ということを

小さな頃から自覚することで随分と楽になることも、

不可能に挑戦する意欲が生まれることもあると思います。




オリンピックで

身体能力が生まれつき違う人種同士で

競い合います。




DNAの違いだから・・・うちの国は○○の競技は参加しない

ってことは無いですものね。



私が子供の頃、


フィギュアスケートは日本人は無理!


スケートなんて日常のスポーツじゃないし、

日本人は背が小さくて、足が短いから~~!!


って思っていたのに、

たった四半世紀で素晴らしい快挙を遂げています!



不平等を自覚することは決して諦めることとも違うのです。


不平等は当然の前提として、

自分自身の個性をどう考えるか、

自分自身が何を大事として選ぶのか?



考えると、楽になる~~と

年を取ってくるととみに思うようになりました。

センター試験からおもいがけない方向に話がいってしまいましたが、

やるだけのことをやったら、

点数で可能性を図るだけでなく、

選ばれるかどうか?だけではなくて、

自分が自分の力をどこで生かすのか?

どこを選択するのか??


という目で大学という「環境」を選択して欲しいな~と思います。


もちろん、そこは最終目標ではないはずです。


老婆心より。




















|
|

« 鎌ヶ谷音楽学院~2012年~事始め♪ | トップページ | 初雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

センター試験、ずいぶん昔に経験しましたcoldsweats01
あの頃は大変だったわね。
今となってはど~でもいいことだけど(笑)

投稿: ひろりん | 2012年1月15日 (日) 15時46分

ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノわかりますね~・・。必ずしも平等は ないです。
今は いじめや、いろんな問題が多すぎて、平等にしたい、けど、できない・・・といったこともあるよね。
金持ちが塾に金かけたり。貧富の差も出ますよね。
永遠のテーマみたいな気がします・・・。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

投稿: まぶちょん | 2012年1月15日 (日) 22時49分

お邪魔しますっ(*^_^*)

私が子どものころの学校はもっと現実的でしたが、
今はどんどん曖昧になり、
教育現場は一体何を目指しているのか知りたいです。
どんなに幼くても、
自分のいいところ、苦手なところ、を知ることは大事ですよね。

なんて、たった育児歴8年の者が偉そうに、、、失礼しました。


投稿: DECCO | 2012年1月15日 (日) 23時24分

こんにちは(^^♪

ロッキングチェアさんのお言葉
興味深く読ませて頂きました。
今の年齢になると思考も比較的穏やかで
勉強していた頃に
少しでも今のような考え方ができていたら
また違った道が開けていたかもしれない・・confident
と思ったりもしますが
果たしてその道が良かったかどうかは分からないことであり・・

人生とは妙味がありますね。

投稿: はなのいろ | 2012年1月16日 (月) 14時22分

ひろりんさん・・・・あっという間に時は過ぎ去りますね(笑)。うちでは次男が一昨年センターを終え、全員終了ですが・・仕事では毎年、受験生を送っています・・。

まぶちょんさん・・・・むしろ~全く同じ環境だったら~不気味っていうか・・面白みもないかもしれませんね。いい環境をどんどん生かす子もいれば溺れちゃう子もいるし、ハンディーに立ち向かう子がいたり、苦境を反面教師にする場合もあったり~もともと外見だってDNAだって違うんだもんね。

DECCO さん・・・・育児暦8年のまだまだこれからのお母さんにこそ、聞いて欲しかったんで、コメント嬉しいです!無意味な競争にかりたてることもないけれど、皆個性があるように、得手・不得手もあって、「さあどうする?得意を延ばしてもいいし、不得意でも好きなことはがんばっていいんだし~選択肢は広い」ってことを教えてあげるのが、教育だと思うんです・・・。もちろん自分の子供の小さい頃にはそこまで悟っていませんでしたが(笑)老婆心のたわごとを片隅に入れて下さったら光栄です!

はなのいろさん・・・・本当にそうですね。随分、不公平や不平等にいきりたった若い頃がありましたが、もともと顔も声も違うんだから趣味も能力も違って当然だよな~って。さらに親も環境も違って当然だし。なんか私たちの子供の頃は「みんな平等」を拡大解釈させられてたきがします。それでしなくていい悔しさを味わったりしたかも。
この年齢にならなくても気づいていた賢い子もいたのかな?なんて思って。。。またクヤシイ思いしたりって(笑)!!

投稿: ロッキングチェア | 2012年1月16日 (月) 19時18分

激しく同意って言葉、こんなときに使うのだわ~と思いました

平等なんてありえないと常々思います。
(保障される平等は別ですが)
でも、こどもって・・・人って・・・常に比べているような気がします。
あ~だから、ずるい
こ~だから、損
そんなこと言っても仕方ないのに。
でも、そう思えるようになったのは、自分の限界を知ったからかも。

自分に負けないことを祈りたいと思います。
うちの受験生に・・・。

投稿: marumi | 2012年1月19日 (木) 10時52分

marumi さん・・・・受験生がいると~どうしても気になることはたくさんありますよね。子供がひとつの試練に向かっているというのは、親として辛かったりするけれど、きっといい形で乗り越えてくれると信じるしかないですね。祈ってます~♪

投稿: ロッキングチェア | 2012年1月19日 (木) 21時37分

お久しぶりです。
そして、深い・・考察力に共感しました。
本当にそう・・・。
受験生に関して言えば、決断した次への選択先
に向けて、頑張れ!と祈りたいです。
ロッキングチェアさんの老婆心が最高で素敵!

投稿: 杏湖 | 2012年1月20日 (金) 11時41分

杏湖 さん・・・・お久しぶりです♪ 
老婆にはなってないけど(←ココが大切!)老婆心を持つロッキングチェアです!(笑)

投稿: ロッキングチェア | 2012年1月20日 (金) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌ヶ谷音楽学院~2012年~事始め♪ | トップページ | 初雪 »