« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

野ばら

前回書いた40年以上昔の記憶の中の映画・・・


DVD入手しました。


昨年入手しようと思った時は

どこからも入手できなかったのですが~

今回はスムーズに!

Photo

2

私が40数年前我が家で見た時は


我が家のTVはまだ白黒だったんですね~(笑)



なので、カラーでは初めて!



しかし・・・

驚きました。





なんとなくぼわ~っとした記憶と、

当時の年齢ながらの強い感動のみが残っていたんですが


ほぼ70%のシーンを覚えていたことがわかりました。


ひとつひとつのシーンの内容も・・。


ただ・・・全体のつながり~と、

最後の終わりがよく覚えていなかったのですが・・。




あ~そう・・あ~そうだった・・


寸分たがわずに


コレを見て



40数年後まで「もう一度みたい」


と思ったんだったなあと。




今思うと、筋は単純なのですが~


当時の私に

どれもこれも新鮮でした。




ハンガリーからオーストリアに亡命してきた少年・・。


優しいおじいさんの養父。



オーストリアやスイスの美しい街並みや景色・自然。


そして何よりも



ウィーン少年合唱団の



素晴らしい歌。



何より、集団で即興を美しく歌い奏でる素晴らしさ!


あこがれたんですね~♪


そして~シューベルトの‘アベ・マリア’は



多分、この映画で初めて聴いたんだと思います。



しばらくして、楽譜を入手した時


(その頃は、見た楽譜を大抵、すぐにピアノで弾くことが出来たので)



私は、この映画か、先日記した‘永遠の調べ’の




どちらかで聴いた!と思ったものでした。


しかし~~~



昔の映画だからか~~


最後のシーンはあっけなかったなあ~!


(さっぱりしていて良かったんですが)



エンディングが私の記憶に残っていなかったのが

理解できました。



日本人特有の


後ろ髪引かれる~~っていう感覚のない

サラッとしたものでした。


今ではとても好感がもてますが・・。




爽やかな映画でした。

| | コメント (5)
|

昔の感動に出会える!?

以前・・書いたことがあるのですが~

私が幼稚園~小学校1~2年の頃、

民放で昼下がり~夕方にかけて

洋画をやっていました。

そしてそれが1週間に

二回(たとえば・・月と水のように)

繰り返して同じ洋画を放送していたように記憶しています。

(時代・・・ですね~笑~)




その中で私は

2本、


今でも記憶に残っている映画があったのです。



以前は名前を忘れてしまっていて・・

内容から昨今になってインターネット検索で見つけた

「野ばら」

そして、もうひとつは・・

衛星放送で見つけた・・




「永遠の調べ」





で、「野ばら」は見つけた際、

DVD購入しようとしたのですが・・

丁度取り扱いできる物品が有りません~~



になっていて残念だったのですが~



ふと思い出し、先日探してみたら・・・

今度はアマゾンで見つかりました。

明日・・・入手します!!!

○○年の時を経て感動はいかに!??




また「永遠の調べ」は

以前申し込んだのですが

アマゾンもセブンアンドワイも

1週間くらいして「お取り扱いできない」

とのこと。

今回もどこもそう・・・。

楽天ブックスが一応~~申し込めているのですが~

発送になっていないので、

また・・・

お断りかも???



シューベルトの映画なのですが・・

メジャーな「未完成交響楽」


とは一味違っっていますが


何故か^~

子供心に

‘作曲なんかの魅力に取り付かれると


不幸になる’




っていうような教訓を秘めたのを覚えています。





ともあれ


「野ばら」

鑑賞したら・・



またお知らせします!

| | コメント (4)
|

春よこい!

毎年、見事な

ありさ音楽教室の庭の紅白梅をアップしていますが~~

今年は・・

見事な花を咲かせる前の

ツボミから~~アップしようと!


当然のことですが

美しい花を咲かせる前に

ちゃんとその準備があって~

真冬の冷たい風や雪にさらされつつも・・

着々と梅や桜の花のツボミが膨らんでいるし、

ケヤキの芽も下から仰いだだけでも

枯れ木の枝のあちこちに

プクッと膨らんでいたりします。


それは~~

しっかりと目をこらして見てやらないと

気づきません。



そして、

春一番と共に開花して春の到来を知らせてくれる

花もあれば~~

他の花が散る頃に満開になる花もあり、

遅れてきた花見客を楽しませてくれたりもします。




GWになると、

既に深い緑となる葉と、

まだまだ若葉の黄緑色の生まれたての葉っぱもあって、

そのコントラストが美しい‘新緑の候’として眩しく映ります。



どんな成長をして楽しませてくれるかわからないけど、

開花する前の

緊張の瞬間

静かにエネルギーが充填されてる

沈黙の時・・・


春には無い美しさや力強さが内包されているこの時期も


私は好きで

一見枯れ木に見える

梅や桜やケヤキを・・・



よく眺めています。



目をこらせば~~


ちゃんと‘変化’は見えるものです。

Photo

それぞれの


春よ~来い!

| | コメント (4)
|

ハナミズキの花吹雪

昨夜

「現在降っている雨は2~3時間後には雪に変わります」


どの局の天気予報もいつになく自信たっぷりに予測していたと思ったら・・



しっかり雪が降り始めました。




それどころか、


私の住んでいるところでは


単発、2~3回ではありますが、


雷も聴こえました。




雪の降ってる夜、雷が響くって~

ちょっと・・‘冬の底’

という感じがしました。



一夜明けて~~~


晴天!




近所の街路樹になっているハナミズキに

積もった雪が陽の光りで

満開の花吹雪に見えています☆


Photo

| | コメント (5)
|

大寒や  正月は遠く  なりにけり

今日は大寒



この寒さ・・・・正しい!



しっかし


毎年思いますが


1月はいろんな顔を持っているせいか

長く感じます。




だって・・月初めはお正月だったのですもの!



10日間くらいはず~っとまだ正月気分でいたい~~


と思っていたのに、

気がつくと、

すっかり忘れています。


まだあの・・・クリスマスフィーバーから

そして年末の慌しさから

1ヶ月も経ってないなんて!!





大体、

センター試験やら

受験シーズン

って言葉が飛び出し始めると~~

「冬来たりなば・・・春遠からじ~~」



ってなわけで、


そろそろ遠くの

‘春の光’に

目を凝らしたくなるのかもしれません。


今日は大寒

もうすぐ

節分

そして

立春です!!




これから一番一年で寒い時期に

「立春」


昨年か一昨年、


「暦ってポジティブ!!」



とブログに書いたのを思い出します。



でも~~~


今、冬の最終クリアランス


がどこでも行われていますが・・・



なんかもう~


春物が見たくなってきました。



充分、

暦に添った前向き思考になってきたと思いませんか?




年をとって・・・

気が急いてきた~~~のではないか?



などとは

思いたくありません!!



| | コメント (5)
|

初雪

いよいよ

初雪が降りました。


昔の人は

雪の降る音を

「しんしんと・・・」



言い表していますが~


本当に日本語って素晴らしいと思います。





雪が(雨と違って)音もなく降る~


というだけではなくて、


雪が降っている~~という状態で


まわりの雑多な音が吸収されるのか、



街自体が静かに感じられるのです。




昼間でも、


人が行き交う通りでも。




何か弱音ペダルが踏まれているような~~!



ラッキーなことに、


今日の午後は何の予定も無く、



窓から見える雪を見つつ、


本を読みながら


甘酒を飲む~~


ん?


甘酒を飲みながら、本を読む~~~





という静寂を手に入れました。





贅沢な時間でした。











| | コメント (7)
|

受験生へ

昨日からセンター試験が全国各地で行われています。


いよいよ受験シーズンの到来です!!




私の受け持つ受験生の中で

今年本番!という生徒は珍しく1人だけですが、

やはり昨日のセンターはどうだっただろうか?




気がかりです。




全国各地では

開場も様々で、

気候も電車状況も様々。



同じ試験を受けるからって

全然平等じゃないですね。


でも、


そもそも平等なんて無い様に思います。

(もちろん六法全書レベルの平等は保障されなければなりませんが)



平等の拡大解釈は禁物だと思います。





環境という点では~


在籍校から志望校へ行く人数が多いとか、少ないとか、


また

あの塾へ行けたとか行けなかったとか・・・



あの家は金持ちで湯水のごとく家庭教師をやとっていたとかいなかったとか・・


全く10人10色の状況という個性を引っさげています。

家庭環境まで広げれば~言うに及びません。

さらに受験そのものをとってみても~~



全てに序列が付けられ、

全て順番に合否が決まることなんてありえない。



簡単に考えると、



AとB同日試験の場合、

AはBよりちょっと難しい・・

そんな時、

AとBの中間の成績の場合どうするでしょう?

次の日はBより簡単(とされる)試験。


Aを落ちた場合、Cになりますね。


その時、「あ~~Bにしておけば!?」


等よくある話。

もちろん、体調など不可抗力で状況変更が余儀なくされることも!


でも、数年経っても~ABCの序列がそのままという保証もありません。





だからって・・

そのことに不満を募らせても何も始まりません。



「そもそも平等じゃないんだ」




ってことを、小さい時から教育する必要があると

昨今思っています。




最近では

「平等」を意識するあまり、


主役が数人出る学芸会や、

徒競走で順位をつけない教育方法まであるそうです。

試験をしても点数を出さない・・・とか。





それは、


「できないんだ」というマイナスのイメージも曇らせるばかりでなく、

「できるんだ」というプラスのイメージも曇らせてしまいます。




「できる」ことが全てではないけれど、

「できる」こと、「できない」ことに目を向けて自覚することも大事だと思います。

できなくてもやりたいから頑張ること、これは向いてないからと

やらないこと・・・


いろいろあって良いでしょうし、

それなりの教育方法もあると思います。





皆同じ~と育てられて、ある一定の年齢になって

「合」「否」を突きつけられる時のショックはいかばかりでしょう?



まあ~そこまで呑気な状況もないでしょうが



悪い意味でなく、

「皆、不平等な環境・能力の中にあって、

そこから自分の個性を見つけたり、延ばしたりしていく方法を見つけて

生きていくんだ」


ということを

小さな頃から自覚することで随分と楽になることも、

不可能に挑戦する意欲が生まれることもあると思います。




オリンピックで

身体能力が生まれつき違う人種同士で

競い合います。




DNAの違いだから・・・うちの国は○○の競技は参加しない

ってことは無いですものね。



私が子供の頃、


フィギュアスケートは日本人は無理!


スケートなんて日常のスポーツじゃないし、

日本人は背が小さくて、足が短いから~~!!


って思っていたのに、

たった四半世紀で素晴らしい快挙を遂げています!



不平等を自覚することは決して諦めることとも違うのです。


不平等は当然の前提として、

自分自身の個性をどう考えるか、

自分自身が何を大事として選ぶのか?



考えると、楽になる~~と

年を取ってくるととみに思うようになりました。

センター試験からおもいがけない方向に話がいってしまいましたが、

やるだけのことをやったら、

点数で可能性を図るだけでなく、

選ばれるかどうか?だけではなくて、

自分が自分の力をどこで生かすのか?

どこを選択するのか??


という目で大学という「環境」を選択して欲しいな~と思います。


もちろん、そこは最終目標ではないはずです。


老婆心より。




















| | コメント (9)
|

鎌ヶ谷音楽学院~2012年~事始め♪

今週は


火・木・土と、


全ての私のクラスで新年初めてのレッスンが始まりました。





昨年12月


クリスマスコンサートを最後に冬休みに入りましたので、


2~3週間のブランクがあったのですが、



お休みが1人も居なく



皆、元気そうに顔を見せてくれました。





中には


冬休み、相当頑張ったんだろうな~と思うように

また一段と上手になってきた子も

1人2人ではありませんでした。





クリスマスコンサートに向けて、



短期集中で頑張ったこと、



仕上がった達成感



そして~~~



少しゆっくり時間があって自分のペースで練習すること、



こういう「波」というのが



長くおけいこを続けている上では、


大事なステップだと思います。





コツコツと積み上げている時に、

スランプになったり、


(小さいお子さんだと)少し飽きてきたり

そうしたマンネリを打破するにも

効果的です。




ともあれ、


また新しい一年、


思いで多い時間を一緒に作れるよう、


頑張りましょう~♪



1階エレベーター横のヴァイオリンを弾く女性↓

Photo



| | コメント (2)
|

残念!西船橋駅

時折、武蔵野線を使います。



特に、分岐点となっている西船橋駅は


東西線・総武線と交わりますから、


都心との行き来に使ったりします。




少し前までは

こんなにたくさんの線が交わっているのに、

トイレと立ち食い蕎麦屋さんしかない

ナントモ田舎の駅でした。





さすがに7~8年前から


ちょこちょこお店が出来始め、


ここ数年では


コジャレタ喫茶や本屋さん、マッサージ

流行のケーキ屋さん・パン屋さん


そして昨今のお惣菜屋さん~~~



とまあ、

なんとか「駅」としての体を成して来て

喜んでおりました。





今日、久々に、


夜のラッシュの時間帯に通りかかることになり、



ホームにはサラリーマンさんの列がいっぱい!




そこを!!



そこをですよ!?




長いなが~~~~い

貨物列車が

恥ずかしげも無く


ガタンガタンを音をたてながら走っていくではありませんか!?




以前から、武蔵野線の線路は、

昼間の空いている時、

貨物が通っていることは目にしました。



でも!





ラッシュ最中の

19時前後です!






ウソでしょう?!!







なんだか・・・ひどく残念でした。


くだらない話でごめんなさい。










| | コメント (2)
|

成人式

昨日、次男が「成人式」を迎えました。



~~といっても、

感慨深いのは親ばかりなり~でしょうけどね。




自分の時もそうでした。



「成人」と聞けばそれなりに何か嬉しい気はするものの、

何かを特別に自覚するわけでも、

心の底からわきあがる感慨などはあまりなく~~



「もう20年生きたんだなあ~」

とか

「これは人生の何分の一になるんだろう??

60歳生涯なら1/3. 80歳なら1/4  100歳なら1/5だけど・・」


等と。



ただやはり


まわりが祝ってくれたり、感慨深げにしてくれたことに対する

既に記憶になってしまった情景に

嬉しさとか幸福感とか感謝といったものは感じます。




成人式の日を待って

騒ぎ出す、後先考えない一部のおバカさんは別として、

普通の若者達、

「自覚」はあったりなかったりするんだろうけれど、

何か「祝」というムードに包まれたことは

記憶に留めてくれたらいいなあ~と思います。




今すぐ、

感謝や

幸福感が自覚できなくても、

何のための儀式なのか

ピンとこなくても。






留めた記憶がじわりじわり自覚となっていったり、

時には

幸せだった記憶のみが頼りで生きていけることもあったりすると思うから。




お祝いって

そんなもので良いと思います。

ただ・・


年々(精神的に)幼くなっている子ども達ですが


今は、

被災地で同じ世代の若者が

全く違った状況に際して

すごく大人になっていることに

目を向けなければいけないな、と思います。





被災地の成人式の若者のコメントは

非常に大人のそれでした。





同性代の若者として、

彼らだけに何かを背負わせることのない様


考えることのできる人として

成長して欲しいな・・・と思います。





バブル崩壊からスタートした彼ら。


成人式の年に東日本大震災。




でも~~



こんな時こそ、


「皆で歩けば(生きれば)怖くない!」



と声をあげてくれる若者になって欲しいと思います。








| | コメント (3)
|

厄除け神社

この連休、成人式を迎える次男。



今日は、高校の同期会(成人式のお祝いを兼ねて)と

明日は市の祝賀会と。




そこで、今日は

親だけで

厄除け神社に。



昔むかし

私が指の手術をする際がきっかけになって、

ドライブがてら

佐野厄除け神社に出向いたのがきっかけで、

親類や知人の病気や怪我の際、

子ども達の受験の際、

もちろん厄年など・・・

家族で出かけているうちに、

なんと年に一度は出向くようになったところ。




なんとなく、気が休まるような境内。



ところが、今日は本当に松の内ということもあり、

すごい人・人・人。


それでも

一年の初めに行かれて良かったです。




帰りは~久々の

下妻の「元祖札幌ラーメン」に。



ここも~以前旅行の帰りに立ち寄ったことをきっかけに、

(すごく美味しい)

家族でドライブがてらにたま~~に行くようになってもう10数年以上。



ただここ2年くらい訪れることが無くて、

まだあるか不安だったのだけど・・・

ちゃんとありました!



ねぎミソラーメンがお薦めなのですが、

摩り下ろしにんにくが上にかかっていて~~

絶妙なスープ味なんです。

ラーメンも食べ・・・

筑波さんの上にいい構図で出ている月を見つつ

Photo

今年が良い年になるように~~~!!







| | コメント (6)
|

七草粥

もう七草となってしまいました。



先週は大晦日だったなあ~



とは、皆同じ。




お正月のスーパーには、


節分グッズや受験応援グッズが飾られ、

デパートでは‘ひな人形’が

お正月飾りのごとく、

華やかな春を告げていました。


こうして


人は、


‘春’を感じ、‘夏’に備え、


来年を迎えていくのでしょうね。




実際には、

これから一番の冬の寒さが訪れるんですけれども・・・。




「風邪と共に去りぬ」




人生もそんな感じかもしれないですね。




いろんなことがウワッとやって来ては去る~~


波乗りのように。

そう考えると、


目の前のことに対処しつつも、

少し前の展望を感じている~~って

大事なことかもしれないですね。



昔の人の行事や、


暦のあり方って


前向きで深い!!



さて、

今朝は七草粥。


ここまではお正月行事食を絶やしたことがありません。


(鏡開きは時折忘れるけど・・・)



七草粥、無病息災を祈ったり、


お正月料理で疲れた胃腸を休めたり~~

それに、昔の人は台所でトントントンと葉物野菜を切る

包丁の音で厄災(当時は戦争だったり・・)を

防ぐ歌を作っていたり・・・





いえ、物知りなわけじゃなりません。


昔、

子ども達が小学生の頃、


「お正月にまつわる言い伝えを、

お年寄りから聞いてきましょう」

みたいな宿題が出たのです。

常識だけでなく、


その家に伝わる風習や、


地方からの風習や


まさに、正答の無い宿題。




子ども達はともかく、

私も当然のようにしてきたしきたりに、


いろんな昔からの言い伝えや、

家々によってのこだわりがあることを知って

楽しかったです。



今の子だと・・・・・


ウィキペディアで調べて終わりになっちゃうんでしょうか・・。




別に

決められた風習でなくても


「これが年の初め」


という


感慨をそれぞれが持てて、


それを次世代に伝えられると(おつけるのではなくて)


いいですね。





お正月に出かける先々で、


初仕事をしてらっしゃる方がいます。


初詣客を乗せることが年の初めのお仕事だったり、


それこそバーゲン客を迎える接客だったり・・・



夫々に


‘いつもと違う’過ごし方を


大事にできたらいいなと思います。

もうすぐ立春~♪







| | コメント (4)
|

あっと言う間に

お正月の三日間が終わり、

今日、実家から帰ってきました。


Photo


お年賀に送った‘啓翁桜’が松・水仙と共に飾ってありました。

ツボミは少しずつほころび始めています!



しばし、

上げ膳・下げ膳を味わい、

のんびりさせてもらって、


3日には、妹と

恒例、新宿の伊勢丹お正月バーゲンに!


こんないつもの平和なお正月が過ごせることに感謝し、

母にも年に負けずにパワーアップしてもらわなければ!

娘(=私)も、いつまでも若くないから!!???????


息子はおばあちゃんに

「もっと子供をちゃんと育てておけば良かったね。」

と!!!!!




後の祭りってもんかしらね。


こんなバカなことをいつまでも言い合っていたいものです。





| | コメント (10)
|

お正月料理

昨日広場で

おせち料理アップするはずだったのを思い出し、

2日目ではありますが、


手作りの部分だけをちょっとアップ

2012

↑1人分のお皿


うちでは‘紅白なます’が苦手なので、

代わりに

サーモンマリネで‘紅白酢の物’を代用。


後はかまぼこ・伊達巻・錦卵などは

切り分けておいて、

ビュッフェ方式で

銘々皿に盛り付けてもらいました。


2日夕方から実家へ出かけるため、

手作りするのも

二日分のお節。


以前は、二日で食べきるには

大変だったのですが、

昨今では息子達がすっかり綺麗に平らげてくれるので、

普通の(3日分)の分量を作ると丁度良い感じで

2日で終わります!


それでは~



皆さま、のんびりとしたお正月をお過ごしくださいませ。

| | コメント (6)
|

2012年元旦

あけまして おめでとう ございます。


昨年は見ていただいたり、


ブログや広場にコメントをいただいたりし、


ありがとうございました。



今年もよろしくお願い致します。



********


昨夜は大晦日ということで

お節料理の支度の後に、



夕食のために

大皿料理も作ってみました。

Photo

ローストビーフサラダ(ローストビーフも焼きました)!

あとは~1人ずつ

Photo_2

カニ(盛るだけ!)



年越し蕎麦にはカニが付き物!?


ここ数年の我が家の大晦日のブームです。




元旦の朝は、

私1人が早く起き、


分厚い座布団のような新聞を見たり、

ゆっくりお雑煮を用意し、

2012

↑今年のお雑煮に選んだお餅


我が家のお雑煮は

何風?ということもなく、

昆布としいたけ(ドンコ)で出しをとり、

白だしとみりんと醤油で味付け少々。



大根・人参・小松菜・三つ葉

鶏肉

生麩(←これは一度使うとやみ付き)

を入れます。

で、


お餅は丸。

東京出身の私は、

他の味付けのお餅は四角じゃないとピンとこないのですが、

お雑煮は一度丸にしてみたら~~

いいなあ~と思い、

お雑煮(時折お汁粉も)は丸にしています。



今は、どこに住んでいても、

手に入れやすいので、いいですね。



毎年のように、

初詣と

お墓参り(家から車5分なので)

に行き、

チョッとドライブをし、

穏やかな一日を過ごすことができました。





明日から実家へ出かけます!


| | コメント (4)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »