« 三ツ矢サイダー~国産夏みかん~ | トップページ | レジの女性(ヒト) »

小髙根眞理子先生VLコンサート

芸大の大先輩で、

鎌ヶ谷音楽学院でご一緒している

小髙根眞理子先生のヴァイオリンコンサートが

昨夜、アミュゼ柏でありました。


先生は地域の音楽会の他、

ご自身のリサイタルを毎年行っておられ、

昨年は銀座で・・・


http://nocturne-serenade.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-03ff.html

そして、一昨年は

昨夜と同じアミュゼ柏で。



今回は、プログラムの初めに、

お嬢さん(芸大で助手をしていらっしゃる)と

モーツァルトの

ヴァイオリンとヴィオラの為の2重奏曲を演奏されました。

家庭にあっては母娘でも、

同じ道に進んで~

しかも同窓になり、

専門家として研鑽を積んでいらっしゃる娘さんに、

常に背中を見られ、

そして更に~走り続ける

そんな緊張の中に身を置いていらっしゃることに

非常に感慨を覚え

先日の音楽学院の懇親会では思わず

そこらへんをたくさんお伺いしてしまいました!



さて、昨夜は

本当に素晴らしい二重奏を聴かせていただきました。

やっぱりプロの演奏家になる厳しさを

大学時代から存分に承知している私としては~~

いわゆる~普通に‘微笑ましい親子演奏’

などと言う~~「ビジュアル視点」ではなく、

もっと奥深い拍手を贈らせていただいたものでした。


プログラムは前半はそれに加えて

ヴァイオリン小品集

クライスラー・アルベニス・ラヴェル・ブロッホ

と4曲。

そして後半は

ブラームスのヴァイオリンソナタd-moll

このブラームスがまた大好きな大曲。


私は、ブラームス全般にはさほどファンではないのですが、

ヴァイオリンソナタの3曲だけは別格!

本当に中味がぎっしり詰まった重量感のある曲で、

エネルギッシュな演奏がぴったりでした。



以前も、大好きなフランクやプロコフィエフがプログラムにあり、

毎回、大変楽しませていただいております。


来年のプログラムは如何に・・・!?







|
|

« 三ツ矢サイダー~国産夏みかん~ | トップページ | レジの女性(ヒト) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三ツ矢サイダー~国産夏みかん~ | トップページ | レジの女性(ヒト) »