« バッタの冬越し | トップページ | クリスマスカウントダウン☆77日☆ »

バッタの冬越し(2)

(ひとつ下↓につづく・・・)

たった1匹の生き残ったバッタも

いなくなる日はそう遠くないだろう~と思いつつも、

目の前でごそごそと動いている命を

見殺しにもできない。

1匹になってしまい淋しいだろうか~と

外へ放すことも考えたが・・



初めから、

外で自然の中で生きたままであれば~

自然に動かなくなるのも良いのだが・・

ある意味、自由を奪われ、

楽しませてもらったわけだから・・・

この寒さの中、外へ放すのは

殺虫ではないか・・

いや・・

尊厳死か?

安楽死か?


といろいろ考えあぐねたが、

やはり、

看取ることを選んだ。


一番困ったのは、

エサ。

12月ともなると、

雑草といえども、

固く、水分がなくなるのだ。


そこへもってきて、

バッタの方は~~というと、

年取ってきて

葉っぱをかじる元気も衰えている。


私は、雑草をとっては・・お湯で少し柔らかくして、

虫かごへ入れた。


虫かごに顔を近づけて

よぉ~~~く見ると、

虫の人相?というか・・

虫相(!?)も・・・年取ったように見える。

歩き方も、

よれよれしている。


虫も老化するんだ!!


気がつくと、

声をかけるようになっていた。


「元気?」

「葉っぱ柔らかくしたよ。」

「寒い?」


年末になると、ホットカーペットの上に座布団を敷いて、

直接でないようにして、

常に温度に気を使った。

ここまでいくと・・・

息子も夫も

奇異なものを見るようだったが・・。


「お正月を迎えようね!」

と声をかけていた。

果たして~~~

「あけましておめでとうございます」

の時に、

バッタは参加した!


毎日、朝起きると、バッタの体調(?)を見に行き、

寒い中草をとってきて、

お湯に浸して、虫かごに入れる・・。

朝、雑草を一掴みだけいつも毟っている私を

ハタでみたら・・???だろう・・。

かなり気味の悪い行動ですらある。


とうとう節分になった。

「バッタも大事に育てれば冬越しをするのね!」

と喜ぶ私に、

「生態系を変えてどうするの??」

と夫と子ども。

でも、もう・・・

最期の時まで~~!!

という気になっていた。


すごい!!

春だよ!温かくなってきたよ~~!

と、話しかけて・・しばらくして、

3月の終わりごろ、

バッタくんは、

大往生した。



後にも先にも

半年間も昆虫を飼ったのは

これ一度きりである。


鳴きもしない・・・

意志の疎通があるのかないのかわからないけど・・


バッタと過ごした「冬」!

いまもなつかしい。


秋が深くなると・・

思い出す。

迷ったけど、

カテゴリーは

「ペット」

にしました。


|
|

« バッタの冬越し | トップページ | クリスマスカウントダウン☆77日☆ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ずーっと最後まで読ませていただきました。
「ありがとうございます」と言う気持ちです。
すごいよ〜 バッタですよ!ペットといったらみんなびっくりしますよね。
私この頃芋虫も殺せなくなりました。
大きくなったら切れいな蝶になるかもしれない。それを大事な花を食べる憎い奴 それだけで殺せない。
雑草だらけの空き地に放します。
わらっちゃいますか?
みとられてバッタよかったね。
蟻の餌になっていたかもしれないもの。

投稿: せせらぎ | 2010年10月 8日 (金) 21時57分

こんばんは。
バッタは、小さい頃、お友達でした。。田舎育ちなので・・。
今はあまり、見なくなりました。

私は、幸せなバッタさんだなーって感じました♡

投稿: 真琴 | 2010年10月 8日 (金) 22時28分

せせらぎさん、真琴さん、コメントありがとうございます!

やっぱり、自然の中で自然の摂理に沿って生き死にがあるのが一番だと思いますが、やっぱり・・飼っちゃうと感情移入してしまいますね。しかし、最初は「息子たちのため」って思ってお世話してたのに、最期は私のお宝になってしまい・・拍子抜けですね(笑)!

投稿: ロッキングチェア | 2010年10月 8日 (金) 22時36分

おはようございます
今朝は冷たい雨が降っています・・・
雨が降るごとに富士山も雪化粧に変っていきます

ばった君を飼っていたなんて凄いです
初めてききました
上手く冬越しもして
お別れの時は 辛かったですね・・・
頑張って 春まで生き延びてくれたんですね
じ~~んときちゃいました
いいお話を ありがとう
 また寄らせてくださいね

投稿: たんぽぽ | 2010年10月 9日 (土) 11時38分

今日は、とても寒い日ですが、
ロッキングチェアさんのおかげで、
とても心が温かくなりました。
思わず涙がホロリと~sweat02
バッタさん、大往生でしたね。
きっとロッキングチェアさんの言葉も、
彼には届いていましたよheart04
言葉の意味は通じなくても、
一生懸命応援してくれている、
その心は、きっと通じてましたwink

今も彼は、バッタ界で伝説となっている気がしますよ!
人間の友だちが出来て、冬を超え、
春を見たバッタは、彼だけかもshine

投稿: クシネ | 2010年10月 9日 (土) 16時36分

たんぽぽさん、クシネさん、コメントありがとうございます!

今日は午後からぐっと寒くなり、雨も強くなって・・・そういえば~あのバッタは、そういう自然の厳しさを知らずに大往生しました。が、今考えると、ただただ長生きするのも・・自然の厳しさに勝るとも劣らないくらい、大変な難行苦行だったのかもしれませんね~。
それでも、皆さんにこうしてお話することができ、喜んでいただいて・・・労が(バッタクンの)ねぎらわれ、喜んでいるでしょうね!

投稿: ロッキングチェア | 2010年10月 9日 (土) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057949/37142894

この記事へのトラックバック一覧です: バッタの冬越し(2):

« バッタの冬越し | トップページ | クリスマスカウントダウン☆77日☆ »