« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

オルセー美術館展2010

昨日は

友人Fさんと新国立美術館の

「オルセー美術館展」に行って参りました。

オルセーは

来る度に、

ほぼ外さずに見に行った・・と記憶してますが。

今回は

かなりのボリュームで・・

素晴らしいです!

ゴッホも

モネも

セザンヌも

こんなにたくさん

来てる~!!!

・・・と

パッと空間全体を見渡しただけでも

感動するくらいでした。

大抵、

前宣伝されてる「絵」が1~2点のみ

だったり

多くて数点じゃないですか!

大満足です。

ほかにも

見ているだけで

充足した気分にさせられる

お気に入りを発見・・・。

それにしても、

こうした(同じ美術館の)来日ものの絵画を見るのは

何年かに一度ですから

以前見たものでも

時間の経過とともに

違った印象で見えたり、

違った驚きや感動が生まれるのは

面白いですね。

感想は自分の中で

愉しむとして~~~

美術館状況を

お知りになりたい方もいらっしゃるので

昨日の様子をご報告しますと・・・・

混んではいましたが、

少し後ずさりすれば

好きな絵の前で立ち止まることも可能で

また

説明書きを見たければ

人垣の隙間を縫えば

前へ行く機会もうかがえる

余裕はありました。

同じ部屋内でしたら・・・

少し逆行して歩いたりも可能です。

入場前に

「一つの絵の前であまり立ち止まらないように」

とは注意されますが、

館内で

忙しなくアナウンスされることはありません。

中にソファーのある部屋もあり、

そこでその場の雰囲気を楽しまれたり、

少し空いたときを待っている方も

いらしたようです。

皆さん思い思いに愉しんでいらっしゃいましたよ。

昨日の状況ですと、

昼食前に入る場合は、

‘30分待ち’

とのことで~~

昼食後に。

すると・・

‘10分待ち’。

もう・・ほとんど‘自然渋滞’くらいでした。

私たちが見終わって出口に出てきた3時半ごろには、

「待ち」は解消していましたので

(6時までですから)。

今回のオルセー美術館展は

非常に充実していましたので、

もう一度行けたら~

と思っています。

(8月中旬までなんですよね・・

きびしい!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風の遺したもの・・

すみません、

タイトルほどの内容じゃありません。

そのまんまです・・・。

南・西・北・・・と

三方の窓から風が抜ける~

だけがとりえの我が家。

どんなに暑くても

少しの風があれば~

割かし凌げる。

(いや・・・チと吹き抜けすぎる~~狭いので)

さすがに今年は・・・

その

「少しの風」

が無かった!

が、

3日前の夕方あたりから

ようやく待望の風が吹き始め、

朝などは、

早めに冷房をきって、

自然の風で

もう一眠りが可能になった。

・・・・と、思いきや、

昨日は一日中吹きまくり!

特に、南に近い方の西の窓!

ビュンビュン・・台風のように吹き付けられ~~~

まあ~~もう古くなっていたのもあり、

──毎年この南西の窓が台風でも一番風がひどくあたる──

(不思議と、北側に近い方の西の窓はびくともしないのに)

ふと気がつくと~~

「あら?

カーテン窓に挟んだ?

!!!

あ・網戸が!!」

風にたなびく網戸~~~!

変な光景と

ショックで

思わず笑ってしまいます。。。

週末までは

この窓は開けられないわ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ステップ期の若者

数年前まで

生徒だった子達(今は芸大生と桐朋生)が

声をかけてくれて・・・

昨日、

久々に食事をしました。

彼らの受験勉強をお手伝いしている間の

数年間にも

彼らはぐんぐん成長し、

そして目指す大学へ~~~。

あの頃をはじめの一歩(ホップ)とすれば~

今、まさに

次なるステップを目論み、、

日々を模索している様子。

当然ながら

一緒に勉強していた頃からすると

眼を見張るような成長をし、

たくさんの音を聴き、

いろいろな話を聞き、

さまざまな例を見、

いろんなことを感じ、考え、

その先を見ていることが

みてとれます。

悩んだり、

不安に思ったりしながらも、

どこか一本筋の通った意思が感じられることを

一生懸命話してくれるのを聞くのも

心楽しい。

さらに・・・そう、

それを話そう・・と思って

私に声をかけてくれたことが

何よりすごく嬉しい。

当時を振り返り、

ひとり(女の子)は・・・

「すごく相談できる先生だった」

ひとり(男の子)は・・・

「怖かった」

って・・・

な・・なんと!!!

しかし~~

怒鳴りもしないのに、

暴力も奮わないのに・・・

大きな男の子に

「怖い」

・・・と言わせる私って!!!?

・・・と考え込んでしまいましたが

まあ

今だから話せるってやつでしょうか・・。

そして今は、

やはり、

「ホップ」の時期を

共有した者として、

ステップを見届け、

大きくジャンプに向かうのを

応援したい気持ちでいっぱい・・。

それと共に、

なんか・・・

良いもんですね~

若い人達と話をするのは!

すごく若いエネルギーを

分けてもらったような

気がしました。

それと同時に、

現在、

まさに

私と共に「ホップ」に挑んでいる

高校生数人の顔を思い出し・・・

彼らも数年して、

こんな風に成長してくれる~~~

(成長してくれるように私も頑張らねば)

と想像して

ピリッと

背筋が伸ひる気が致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

脳科学な会話──日々連想ゲーム──

茂木健一郎先生がおっしゃるには、

「日常生活の中でも脳は鍛えられます。

すぐ調べてしまわずに

‘思い出そう’

としてみること・・・で、

脳が活発に働きます」

とのこと。




この年齢になると

たわいもない会話でもすべて

{脳」を使っていることになります。




先日、高校時代の友人とのたわいもない会話。

「あのね・・

この間、

妹と表参道のブティックで・・

俳優さん・・・あの・・・だれだっけ・・

見たのよ。

TVで見るより、

背が高くて、ずっと素敵だったけど・・・」

「誰?」

「あのね・・・

う~~ん・・・

松島菜々子の初主演の‘恋と花火と観覧車?’

そんな感じの映画に出てて~~

元は舞台の俳優さんっぽい感じ・・

確か、学歴のあった人で・・・

そうそう

保険会社のCMで・・・

足を横にして跳ぶ人!」

まるで連想ゲームのよう。

但し、肝心の私が

名前が出てこない。

「もうちょっとヒント!」

「確かこの1~2年に

息子さんが結婚して、

ご自身も再婚したとか・・って・・・・」

「ああ~~あ~~ああ~~

顔は分かった!

でも・・・

私も名前出てこない!

う~~ん・・・

これ、連想ゲームだわね」

この時は、

食事前だったので、

このまま???を抱えておけず、

友人は携帯で調べて~~~

「ああ~~~長塚京三さん!

そうね・・パリ留学しているのよね。」

・・とまあ

一段落。

食事後・・

また

「最近・・あの人見ないけど~~」

「誰?」

「あの~~~

もし・・

アンパンマンの実写映画があったら。

カレーパンマン役に抜擢したい人!

あ・・・・

でも、私たちと同世代だから・・

若くはない人よ。

カレーパンマンったって・・

格好悪いわけじゃなく、

むしろかっこよいイメージで

トレンディードラマにも出てた人。

でも~~~

カレーパンマン顔なの!」

「その連想ゲーム難しすぎるし!!

第一、

カレーパンマンで検索しても

出てこないでしょ!?」

・・・・・

と、

この問題は後日送りに・・。

私の脳みそは思い出すたびに

フル活動(?)していたはず・・・

昨日!

パッと思い出した。

時任三郎さん!

う~ん!すっきり♪

これで

脳が鍛えられるんだったら

私たちは

かなり勤勉かも!??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

千代田線冷房故障

いや・・・

ニュースというタイトルは大袈裟でありますが・・

昨日、夕刻乗った千代田線。

車掌さんが

「申し訳ありませんが、この電車の5号車の

冷房が故障しています。

申し訳ありません。」

というアナウンス!

この暑さの中、冷房故障は・・・

辛い!!


・・・と、思っているうち、

にわかに私の乗っている車両も

?????

ココ、

弱冷房車でもないのに!!!

え!?

扇風機も止まる???

単なる箱!!

(昔ありませいたね~

‘冷蔵庫、電気なれければただの箱’

って・・・。)

いまや笑い事じゃありません。

でも、地下に入ると、駅の冷房が少し車内に滞ってくれて、

なんとか次の駅まで命を繋げるか?

乗り換えるには面倒か・・・。

やはり

そうこうしているうち、

「この電車の‘一部車両’で冷房が故障しています・・・」

やっぱり、

この車両も‘一部’の中に入っちゃったんだわ~~

もちろんすぐ修理の方が乗り込まれ、

何か手立てをされたのか、

少なくとも、私の乗った車両は

3駅ほどで

快方に向かったが・・・

他の車両はどうだったのか?

その間、

車掌さんは何度となく

お詫びを放送していて

気の毒なほどだった・・・。

が、

この暑さ、

逆上するお客さんだって

いないとは限らない。

土曜日の夕刻ということで、

さほど満員状態ではなかったことが

せめてもの救い。

昔は、冷房車でない車両なんか

珍しくなかったが~~

当時は、冷房がなければ

窓をあければ

風通しだけは良かった~~!

今、はめごろしの窓の車両がほとんどなのだから、

冷房故障・送風故障は

あってはならない事態である。

これが・・

朝のラッシュ時だったら・・!!

・・・と思うとぞっとする。

駅が来ても、

他の車両に移動することはままならないだろうし、

窓を閉め切ったラッシュの電車でのサウナ状態は

ほとんど事故同然!

それで・・・駅と駅の間に止まったら!!!

考えただけでも恐ろしい。

依存している利器の故障は

痛い・・を通り越して

恐怖!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

素敵な夏の提案‘日テレ スイカ’

もう・・・何年も前になるが、

日本テレビで夏に

「スイカ」

というドラマがあった、



登場人物は個性的だったが、

物語の内容は特に記憶に残っていない。

強烈に印象に残っているのが、

ドラマの初めの音楽時に写っている

背景の清流とか・・・

ドラマの設定である

アパートのある場所とか・・・

家の中の風景。

ちょっとレトロだけど、

センスが良く、

非常に計算されている

‘ゆらぎ’が感じられる・・・。

風を感じたり、

土の匂いがしたり、

草いきれの香りがしたり・・・

夏の暑さと、

日陰の涼しさが

背景からも

セットからも

感じられて・・・

Photo

これは

当時壁紙用にGETした画像。

暑いけどいい汗が出そうな気がしませんか?

Photo_2

モデルルームにはない

癒しが得られる御家。

扇風機だけで

涼しそうな・・・。

こんな画像に支えられて

少しでも

涼しい気分を

誕生させようとしています・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

発表会に向けて‘2’~by 鎌ケ谷音楽学院

子ども達が

夏休みに入って

初めてのレッスンが今日ありました。

猛暑の中、

皆、真っ赤な顔をして~

ひとりもお休みなく!

大人の方や受験生(高校生)は

夜のレッスンになりますが、

小さな生徒は、

幼稚園や小学校が終わってからの時間帯なので、

まさに今は

炎天下!

ある小学生の生徒さんなんて

しっかりとしたリュックに

楽譜やテキスト、筆記用具を入れて、

自転車で来たのに・・・

取り出した

譜や筆記用具が

熱~~~くなっていて

思わず一緒に笑ってしまったくらいです。

小さな小さな(4歳の)生徒さんは

夏休みそうそう・・・

腕をお怪我をしてしまって

びっくり!!

それでも、

片方は大丈夫なので~~

と。

初めはいつもより

シュン~~

としていましが、

それでも

お話しているうちに

元気に!

もともととてもしっかりした賢いお子さん。

最後は、しっかり

お怪我をしていない方の

練習をしていき、

笑顔もたくさん見せてくれたので

安心しました。

小さなお子さんは、

治ってしまうと

リハビリがすこぶる早いのですが

この暑さなので

かわいそう・・・、

でも・・・

思い出します!

うちも

長男が

暑い頃、

1歳半(!)で

腕を折ったことを!

まだ歩行すら

おぼつかない時期でしたから、

転んだらまた!!!

・・・・と思い

眼が離せませんでした。

子どもって何が起きるかわかりません。

プログラムの校生も始まり、

全員、

発表会でやる曲目が決まり、

練習も進んできました。

皆、いつも以上に

真剣に

でも楽しそうに眼を輝かせて

夏休みの練習予定などを

お話しました。

あ・・私も

小さなヴァイオリンの生徒さん達の

伴奏を

(初めて)仰せつかりましたので、

これも楽しみです。

夏休み1ヶ月間、

頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海へ行った赤んぼ大将

我が家は

マンション3階の角部屋だが、

まわりが

ほとんど一戸建て(2階屋)の住宅地のため

更に

我が家より、北~西は

ゆるやかに土地が下っているため、

(南側の窓はごくごく普通だが)

西の窓と北の窓からは~

そこそこ良い眺めとなっている。

この時期、夜も窓を開け放っておくと

花火などが家に居ながらにして見えたりもする。

今朝は

500Mくらい先の4~5階建てのマンションの隣から

長いクレーンが動いているのが見えた。

あ~~あそこの隣、空き地だったかなあ?

何か工事が始まったのね~~

ぼんやり眺める。

住宅地の中に

突如見えてるクレーン。

キリンみたい!~~っと。

でも、

キリンってそんなに大きくないか!

500M先で

まわりの建物から

飛び出る長さのキリンの首があったら・・・

怖いゎ・・・

笑~~~~

ひとりで想像して笑ってしまう。

え?

恐竜だったら

こんなもん?

はあ~~~

世が世なら

私がここらへんに居て、

恐竜があそこに居たら

こんな風に見えるの?


*****ワ~プ******

するとね、

本当に、

恐竜に見えてくるんだ・・・これが!

あのクレーンが・・長い首に見えて。

でも、さすがにこの程度の距離があると、

こちらの存在は見えまい。

ん?

でも、あんなに大きいんだ!?

私は産まれて初めて

恐竜を調べた。

最大の陸棲植物食哺乳類でも

肩高が5.5mとか・・。

なんだ。

そりゃそうよね、

博物館の中とか、

幕張メッセの中に、

再現できる程度の

大きさだもんね~~~

恐竜ったって・・

生き物なんだもの。

架空の怪獣じゃないんだからさぁ~~~

だから

何か?

ちゃああ・・そうなんだけど、

500m先のクレーンが

恐竜に見えてくると

これはこれで楽しい・・・。

などと暑さゆえ

時を越えた幻覚に身をゆだねていたら~~

これまた遥か昔の記憶が甦ってきた

遥か昔といっても

恐竜よりずっと現代、

私が小学生の頃の話である。

夏休みに、

本屋さんで何気に手にした本

「海へ行った赤んぼ大将」

当時とっても面白くて

確か、丸一日でイッキに

読みきってしまったことを覚えている。

工事現場のショベルカー(だったかな?)に

恐竜の魂が

自分の体だと思って宿ってしまう~

という、

今思い出しても

斬新な発想の物語。

最近の本屋さんでは

全然見つからなくなってしまったなあ~~

と思っていたが、

あかね書房では案内しているものの

紀伊國屋書店では入手不可になっているため

入手可能かどうかはわからないが・・。

暑さゆえの幻覚から

悠久の時を超え、

○十年前の夏休み、

熱中した本を思い出して

ちょっといい時間になった。

ぼ~~~っと窓の外を眺めて

妄想にふけるのもまた

いいもんです。

どーせ、

‘悠久のひとりごと’

ですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

物騒な話

今日は何の日!?

こんなに暑くて・・・!

(昨日は海の日だから納得したけど・・)

昨日に引き続き、

一日フリー!

二日続けてフリーなんて・・・

お盆休みまでもう望めない日なのに・・

残念ながら

この暑さでは

何も手につきそうにもありません。

せめて、

しっかり太陽の下で干したかった

お洗濯が捗るくらいでしょうか・・。

もう~~

その効率の良さったら・・

ついこの前までの

梅雨時とは

雲泥の差です!

片付け損ねていた梅雨時まで使っていた

少し分厚い布団も

干して片付け~~

すっきり!

でも、

それで・・・

終わり。

まだまだたまった家事はあるのだけど、

これ以上動くのは

無理~!

ムリムリムリ

む~~~りぃ~~!

(既に古くなったネタです・・・)

結局、

その後

早めに買い物に行き、

午後は、

家で~~と決め込む。

前期試験勉強中の息子が

お腹をすかせて昼食を待ってるし~~。

今日は

家中の窓を全開!

南の国のような

暑さの中で

溶け始めた脳みそで

怖い会話を・・・。

「年取ったら

北欧の森に置いてくるから~」

と(私の北欧好きを知っていて)息子がいつもの

会話になった勢いで・・・

物騒な話題へ~~~~

「でもね~

一応、食べ物は持たせてね。」

「楢山節考とは違うね」

「そう~よ~!

発見されるまでの1~2日分の食料は持たせてね・・。」

「発見されるの?」

「そ~よぉ~。

じゃないと・・・殺人で

寝覚めが悪いでしょ?」

「ああ・・・

でも、それでも、保護責任遺棄とかいうんじゃないの?」

「そうそう~~

だから~~~

一緒に出かけた証拠は残さないほうがいいわね、

そうね・・

1~2日で見つかれば・・

北欧なら社会保障がしっかりしているから、

とりあえず、保護してもらえるかしら?

まあ・・

税金払ってたわけじゃないから、

保証内には入らないか・・・?

そう考えると

外国人はお邪魔虫よね。

食べることさえさせてくれればいいんだけど・・・。

身分証明書がなけりゃ、

どこの誰だかわかんないかな。

なんとなく~アジア人・・くらい?

でも

DNA検査とかされちゃうのかしら?

日本人ってわかっちゃうと

どこの誰って判らなくても

強制送還させられちゃうのかしら?

その時、

貴方が失踪届けとか出さずに居れば~~~

それでも

わからないんじゃないかな~?

日本の警察そんなに甘くないね。

1人で海外へ行くわけないから

犯罪の可能性有りってことに

なっちゃうかな~?

成田までのNシステム解析とか・?」

う~~~ん・・・

サスペンスフリークなもので・・・

熱風に煽られて~~

物騒な妄想で盛り上がって・・。

お眼汚し、

失礼いたしました。

*****

話は変わりますが、

「田宮五郎」さんって・・・

本当に、田宮二郎さんによく似てますね。

先日、刑事物で見て

びっくりしました。

後で、「田宮五郎」と見て

あ~~~やっぱり!と・・・。

(私、遅れてましたかね・・?)

一時期TVに出られて、その後教員になられた・・・という

ご長男よりも

お父さんそっくり!

ファンになりそう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

海の日

暑いっ!

とにかく暑い、

でも、

‘今日’という日に、

「海の日」

という名前が付けられていると・・・

少し許せる。

本当に、

海日和の日。

いや、

こんなにピーカンの日に、

水着着て海岸に居たら、

丸焦げになってしまいそうだが・・・

少し近くから

海を眺めたり、

海風を感じたりは

したい日!

私は、一日空いたのですが・・・

夫・・仕事、

長男・・・バイト

次男・・・前期試験前

ということで、

先ほど、

何点かの

海の写真を見て

妄想にふけって~~~


でも、

夏に一度は

海に行きたい!

日帰りしかない時、

我家は割かし車を飛ばして、

銚子の海へ行くことが多い。

ただ眺めるには

なかなか

パンチの効いた眺めだから。

次に、海を見ながら走らせるには、

房総(九十九里)だったり・・・。

昨今は、茨城の縁を走らせることが増えた。

茨城の海は・・・

美味しい!

子ども達がまだ小さい頃は、

大洗の海の家で、

カキを焼いてもらって

食べたり~~。

もう少し大きくなってからは~~

お魚センター。

そんなことを思い出しながら、

今日は

JRの駅で、

パンフレットを。

那珂湊で岩ガキ。

大津でシラス。

小名浜でウニ

松川浦でホッキ貝

って!!!!

結局食べることになってしまいますが・・・

う~~~ん・・・

何か美味しいもの食べられる

「海」

に行けたら

最高ですね。

この夏、

叶うだろうか???

今夜、

提案してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もっとハーブを!!

昨日は、

本当に梅雨明けを実感する

暑さでした。

空の青さと

‘入道雲になりたいけど・・まだなれない’雲

2

が遠くに見え・・・。

今年は、

梅雨明けの民意の体感と、

気象予報士の予報が

見事一致しました!

・・・と、

暑い夏を乗り切るには

まず、

食べたいものを食べること!?


と思い立ち~~~


今日は、私は何を食べたい???


と、ある感覚を尋ねると(決して胃腸じゃないんです!)~~~

******

ちょっと余談ですが、

この、「何を食べたい?」っていう感覚や、

これ、「何の音?」や、

これ、「何の味?」や

「これ、「何の香り?」

・・・って、

なんか似ている感覚を使っている気がします

*******



イタリアンのトマト味!

でした。


で、トマト味の鶏肉・・・なんですが、

この時期、

パスタにかける冷たいトマトソースの味~で。

そうなると、

必要不可欠なのが、

バジルだったり・・・

ローズマリーだったり・・・

イタリアンパセリだったり・・・

丁度良く、

バジルの葉が売っていたので、

(近所のスーパーでは常時あるわけでもないので)

ラッキー!と。

・・・で、

隣においてあるローズマリー見て、

「?あ!うちにある!!」

毎日、水をやっているベランダの鉢で、

いつもいい香りをさせてくれているローズマリーの鉢が

3つもあることを思い出し・・・

「そうだ!ベランダのを使おう!

正真正銘の無農薬!」

果たして~~~できたのが・・・

Photo

ちょっとバジルの葉っぱ、

大きかったですね・・・。

でも、

ハーブを使う~

それだけのことで(!?)

本格的な感じ・・・。


で、

香りよし、

防虫に良し・・・

食べて良し・・・

なのですから、

折角毎朝

水遣りをするベランダに、

こうして役立つものをもっと

増やせばよいんですよね。


是非、この夏は、

もっとハーブを!!

と考えています。

狭いベランダですが、

今はところせましと、

私の気に入っている花や植物で

いっぱいです。

いつぞやは、

次男の趣味で、

食虫植物の小さな鉢が何十種類と

おかれたことがあり・・・

(わたしにしてみれば)

とても殺風景だった時期があります。

今も、息子は

(受験から解放され)

そろそろ食虫植物を・・・と

考えているようなので、

その前に・・・

ハーブをっ!!!!

と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大学生の定期試験

そろそろ・・・

科目によっては

初めての‘前期試験’なるものが

始まっている

高校までと違って、

3日間とか4日間ではなく、

科目によって

1~2週間のズレがあるようだ。

それでまとめずにパラパタと

準備ができる~

・・というのか、

ダラダラいつまでも

重しがとれない気分が続く・・・のか

よくわからないが~~~

(ここらへん・・

芸大の前期試験なんぞからは

想像がつき難い・・・)

ともあれ、

受験が終われば綺麗さっぱり

試験勉強なんて要らない!!

・・・ってなわけではなさそうで~~~。

前期試験とはいえ、

7月と9月初めに分けてあるとか。

折角受験から解放された初夏休みなのに、

8月・・・

月末まで思いっきり謳歌しちゃいけないのね!?

ま、

それは私には関係ないので

いいんですが・・・

問題なのは、

この超長い試験期間、

授業が普通にあったり、

既にお休みになったり、

試験になったり~~

そりゃ・・本人は、当然チェック済みだろうが、

こちらはまるでチンプンカンプン。

長男は

地方大で1人暮らしをしているから、

そこらへんの状態を目の当たりにするのは

次男が初めて!

「明日は試験」

というから、

試験だけなのかと思ったら

「体操着忘れた」

と。

え?

授業も普通にあるの?

朝、あわてて起き、

朝ごはんを用意し、

声をかけると~~~

「今日は休み!」

え???

聞いてないし!!

・・・・っていうより・・・

じゃ、

家でお昼食べるのぉ~~!????

大問題。

つい、数ヶ月前までは、

毎日朝弁当を作っていたが、

高校卒業とともに、

長かった(幼稚園以来)弁当作りから

解放され・・・

すっかりお昼は学食のお世話になるものと・・・

決め込んでいたのに・・

(少なくとも夏休みまでは)

休み?

お昼にうちに居る???

食べる・・・!!!


昼はひとり~の予定だったのが、

せっかく久しぶりに、昼居るんだから~~

それに試験期間なんだから~~~~

と、

(夕方から仕事だけど)

ちょっとはまともな昼飯を作ってやろうと・・

午前中買い物に走る~~

暑い~~

外が・・・というより、

バタバタ予定外の動きをすることが・・。

マイッタ!

あの・・・

試験勉強も大変だろうけど、

休む日だけは・・

早めに告知頼むよ~!

夜、

待望の梅シロップが

出来上がり、

エキスの出きった

お疲れさまの梅を取り出し、

賞味。

うん!まだまだ美味!

手作り梅ソーダに入れてもいい感じかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サッカーと選挙と相撲と・・・

まさに・・

タイトルのまま・・・の、

ここ数週間だった。

大きな大会はいいですね~!

それまで特にサッカーに関心などなかった人も、

「え?今のはなんでイケナイの?」

なんて言いつつ・・

夢中になったりして。

へ~~~

こんな国あったんだ~なんて!

世界の強さを見るとともに、

日本の選手もやはりヨーロッパで活躍したり

してるんだ~と誇りに思ったり。

日本が敗退してからは

夜のスポーツニュースは

サッカーから相撲問題に切り替わり~

そうこうしているうちに、

選挙ニュースが拡大していった。

「選挙って義務だっけ?」

・・・とまだ選挙権を持てない息子が。

「コレ!‘選挙権’っていうんだから、

‘権利’でしょ!

社会でやったじゃない!

昔は、一部の人間にしかその権利がなかったのを

年齢を区切って、性別に関係なく‘権利’として

与えられたって~~たいそうに歴史の教科書で

書いてあったじゃない!」

「だよね。

・・・じゃ、行かなくてもいいんだ」

んん~~~

「でも、国民が政治に参加するという国民主体を憲法で

謳っている以上は、ある意味、参加すること(選挙に行くこと)

は義務とか責任だよね」

~~~~と言いつつ、

本当なんだろうかね~??この制度・・・と。

選挙の結果を受けて、

勝ったり負けたりすると

適当に

「民意が・・」

「民意が・・」

っと叫ばれるけど、

なんか・・・

ズルくない???

本当に一票を委ねられただけで

「貴方も参加した一票」=‘民意’

トカ

言われちゃって!

そんな根本の疑いが

よもや拭えない。

昔の・・・

不平等や権利が一部の人間にしか与えられなかった

時期からしてみれば~~

皆同様に与えられた‘権利’ではあるかもしれないけれど、

どうも

「選挙での一票」

という・・・

それだけで

本当に

「民意=国民が政治に参加した」

・・と片付けて

結局は、

与党だろうが野党だろうが・・

一部の政治家のみに

委ねられるんじゃないだろうか。

国民主体という意味が問える制度=選挙

とはどうしても思えない。

ほとんど下絵のできあがった点つなぎの

線を点から点へと一本結ばされ、

出来上がった絵を

「貴方も参加した」

と翳されても

いかがなもんでしょう~??

なんてね。

国を動かす~~

なんていう大きな志を持つ仕事なのに、

‘医者’や‘弁護士’‘スポーツ選手’のように

「政治家になりたい」

純粋に思う若者が

少ないのは、

まともに勉強して努力して

公平に機会が与えられるものでもないことを、

そして

そのように大成している政治家がごくごく少ないことを

知っているからでしょうね~。

先進国の中で日本ほど子ども達が

学業の中で

政治について考えさせたり、

プレゼンさせたりすることが

少ない国も珍しいとか。

大学生になってようやく・・という

ところでしょうか。

幼くても、

そういう思考を鍛えて、

ディスカッションするような教育もなければ、

大人しい民意と

大人しく動かされる性格を

作らされているように思えてなりません。

成熟した社会であれば・・・

大人しくない=反逆

であるわけもなく・・・

国民主体らしい・・

各自が主体的な意志を持つ

成熟した社会人になるべく教育から

考えられるべきなんでしょうが~

──‘成熟した社会’

になっているかどうか??

の基本が既に問題でしょうか・・・────

政治家にとって

そんな面倒で

自分の足元を揺るがすかもしれない

そんな危険な改革はするはずもなく・・・

やはり、

オブラートに包まれた大人しい国民主権こそ

平和な国家を演じるキーワードなのかもしれません。

政治家が・・官僚が・・

ではなく、

もっと政界自体が開かれて、

志を持った優秀な若い人が

(政界に縁やゆかりがなくても)

飛び込める~

そうした状況にならないと

ずっと近親繁栄で終わってしまうのでは??

とにかく~~~

選挙に勝ったの・・負けたの・・って

スポーツじゃないんだから、

そこにばかりエネルギーを費やして

「燃え尽きました!」・・・って

一体何?

本筋の仕事は????

ともあれ、

白鳳は

どんな場所であれ、

勝ち続け

あっぱれ!

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ママ達のプチ同期会

今春、卒業式をご一緒した

ママ達で・・・プチ同期会ランチを。

(同期は息子達ですが)

今までは、

父母会の前だったり、

後だったり~~に

お茶をしたりご飯を食べたりした

ママ友達。

特に、中高一貫という学校ではなかったが

結果的に、中高ご一緒だった方たち。

思春期という難しい年齢、

度重なる受験、

そして

子どもから若者へ~と

一番変化の大きい年齢の子を持つ親として

不安や喜びや、悩みや心配を

ご一緒した戦友(?)として

いつしか

大事な友人に・・・・。

今春、

卒業とともに、

子ども達はそれぞれの

道を歩み始めたが、

やはり

思春期を一緒に過ごした仲間として、

同じ空気(高校の)を満喫した同期として、

そこここで

連絡をとったり、

遊んだり、

しているようで・・・

結局、子ども達が気が合うって

親も気が合うんだろうか?



必ずしもそうでない場合も

多々あった中で、

今回ご一緒したグループは、

親子共々リンクする仲良しで、

非常にラッキーなめぐり合わせを感じたりする。

春、それぞれの方向に散った子ども達も、

7月、

皆、各々が今やるべきことに

落ち着いてきて、

親もひと息ついたところで、

ママ達のプチ同期会を

しよう~!っと、

どこからともなく声があがり~

皆、一様に

「そろそろおしゃべりしたい頃だった~~!」と。

子どものこと、

今後の自分達の人生のこと・・・

さまざまおしゃべりしたくなる頃でもあって

タイムリーに。


けれど、

気持ちとは裏腹に、

皆、

仕事を持っていて、

8人揃って都合が揃う日程調整は

難航を極め、

結局

日曜日のランチとなった。

丸ビルの‘リストランテ・ヒロ’で・・・。

35Fという眺めのよいレストランで

おいしいものを食べながら

気の置けない仲間たちとおしゃべりするというのは~~

何よりの幸せな時間!!!


大学生となったものの、

具体的な進路が見えずに悩む者もあれば、

さらに先の大学院に焦点を定めている子も居るし、

初志貫徹のため浪人に挑戦している子も。

それぞれ、自分の身の上に起こった時と、

(皆、自分の身の上に起こった時を

さほど遠い昔と思っていなかったり!)

子どもが直面している時とはまた違った‘思い’

を抱えつつも、

皆で話をしていると、

より客観的に、見つめられていきそうな

気がするから、不思議。


また・・

今、身の上になくても、

近い将来、同じような心境になるかもしれない~コト

などなど・・・。

同期の子ども達を持つ親として

貴重で新鮮な情報満載の会話!


さらに、子ども100%ではなく、

皆、抱えている仕事や、

趣味や、

微妙な頃に突入する健康に関することなど・・

話題は尽きない。


仕事といえば~~

ママ友達とはいえ、

薬剤師さんや獣医さん、裁判所の調停員、

フリースクールの先生、日本語(外人に教える)の先生etc etc・・・

まあ~~

さまざまな世界で仕事をしている人たちなので、

それぞれに視点が違って面白いし、

視界が広がるようにも思い・・・

「へえ~~~!!そんな見方もあるのか・・・」

眼から鱗を感じることも多々。


この年齢になってもそういう新鮮な‘気づき’を

持てるというのは、とても幸運なことだと思う。

「まだ仕事も趣味も、人生において

やりたいことがまだまだフツフツ湧いてくる~~

それと体力とが反比例してるのが残念だけど・・」

って言葉に、

皆がうなづく・・・・

そんなエネルギーのあるママ達。

楽しいだけでなく、

とても充実した

有意義な時間でありました!

とにかく、

よくしゃべって、

良く笑って

かなり

食べた・・・

週末でした。


また、新しい週、がんばりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

母の誕生パーティー

朝から久々に湿度の抑えられた風の吹く、

晴天でした。



数日前の母の誕生日を祝って、

恒例のパーティーを・・・という日だったので、

(・・といっても、

妹と三人で美味しいものを食べに行く~

というランチ会です~~~)

願わくば‘晴れ’を・・・と!

今年は、

表参道の「アプレスト」

というイタリアンを妹がチョイスしてくれました。

「246号」からちょっと奥に細い道を入ったところにある

地下のレストランでしたが~~

美味しいところは知られているんですね~!!

なんでも、巷では

「青山の巨匠」(シェフ)のいる

隠れ家レストランと呼ばれているとか!


それでも・・・

シェフ自ら

気軽にテーブルに

来て下さったり・・・

バーニャカウダが非常に美味で、

こんな風に新鮮な野菜が食べれたら・・

と思っていたら、

ディップソースも販売しており、

購入~~!

前菜もボリュームあり・・で

小食の人なら、

前菜とパンで

充分ランチになってしまいそうなほど!

それでも、

スパゲッティーニ2種類に、

メインに・・

デザートに~~

とフルコースを堪能してしまいました。

本当に、

美味しいものを食べる時って

幸せですね~~~~!!

お天気が良かったので、

表参道から

明治神宮前(原宿)まで

散歩しながら

ブランドのバーゲンを見て~~

原宿まで行ってしまうと

若い人だらけですが~

表参道寄りは

新旧ごちゃまぜの

人々が行き交っていて・・・

いいですね~。

久々に

都心のオーラを

纏って帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

七夕

もうほんの・・・

数年前まで、

七夕といえば、

花屋さんで笹の枝(?)を買ってきて、

ベランダに飾っていた。

結構大きくなるまで

短冊に

真剣に願い事を書いて・・・。

しかし・・

クリスマスツリーと違って、

1週間とか10日とか1ヶ月とか

準備を前倒しにして

愉しむ習慣の無い行事のため、

忙しい毎日、

ピンポイントで

その準備が

なかなかできなくなってしまった。

昨日は、

町でもあまり笹を売ってる花やさんに

お目にかかれなかったなあ~~。

ちょっと大きめの笹の枝(というより木のような)

かついで帰った数年前までが

なつかしい~~~

七夕って・・

うっとおしい梅雨時なのに、

綺麗な行事ではありませんか!?

私は、

幼い頃、

幼稚園の行事で

一番好きだった

七夕・・・。

すごく綺麗な飾りを作り~~~

当日、その前で記念写真を撮る。

それも夏服なので、

水色のセーラー上着で、

銀色の☆を持って・・・。

しかし、

私は二年間とも

この七夕の写真撮影の時、

病欠で・・・・

居ない。

当時、どの程度ショックだったのかは

覚えていないが、

未だに、

一番背景(大きな笹に短冊が飾ってある)

の美しい写真に

☆を持った自分が居ないことを

残念に思うのだから・・・

私は結構トラウマになっている。

幼稚園の頃、

体が弱く、

毎日貼る出席シールを

1ヶ月全部貼れたことがなかった・・など。

今、

ピアノの小さな生徒たちが、

毎回、

楽しそうに、出席シールを貼るのを見て、

時折、

そんなことを思い出す。

たかがシール、

されどシールである。

明日は、

七夕にちなんだ

☆のシールかな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

突然!何が起きたんだか!?

休日だというのに、

(関係ないか・・)

絵に描いたような

高温多湿の一日。

しかし、

夕方になり、すこし風も出てきて、

散歩がてらに買い物に。

両手に荷物を持って帰宅~

と思いきや、

・・わ・・・降ってる!

残念ながら、

両手に荷物を抱え、傘もさし、

体力総動員で帰宅。

まあ~疲れていないといえば

ウソになるけれど・・・

ウィークデーと違って、

時間に追われているわけでもないし、

家族も今日は帰りがゆっくり。

で、

マイペースで

洗濯物を取り入れたり、

それなりに夕飯の下準備をしたり・・・

その合間にPCを覗いたり~

勝手気ままの時間が

2時間くらい~

ある・・・・はず・・・だった!

それは突然!

PCの前に行こうとして、

ちょっと体制を崩し

横にあるプラスチックの

書類ケースタワーの角に

左手肘を思いっきりぶつけてしまったのだ!

ま・・・

このくらいのアクシデントは

生活してればよくあること。

しかし・・・

最初にぶつけて

痛いっ!

と思った時は・・・

かなりであったが~

産まれて初めての痛さを言うわけでもなく、

数分じっとしていれば

遠のくはずだ~と

思っていた。

ところが!!!


表面上の痛さと違って、

なんとも我慢できない

いやぁ~~~な感覚が

体の芯に湧いてきて・・・

え?肘をプラスチックにぶつけただけなのに??

なんと、

眼の前が暗くなり、

軽めまいも・・・。

ナニコレ?

う~~ん・・・

でも、指、動かせるし、神経通ってる。

痛いけど、腕も動く。

激痛も走らない。

骨折はしてない~~~


と、冷静に考えたりもしている。

が、

まわりの音が

少し遠のく。

先ほどまで気持ちよかった

冷房の風が

肌触りの悪い感じに・・・。

あ・・・

自律神経がヤラレテル!!!

咄嗟にそう思った。

でも・・なんで?

自律神経がやられるときは、

確かに

過労と冷えが

ちょこっとした

休憩の折に牙をむくことが

昔(もう少し若い頃)

しばしばあったが・・・

最近は

自重しているせいか、

まず

疲れている時に、

ガンガン冷やしたりしてないし・・・。

いや・・何よりも、

今、

私に起こったのは・・・

外科的なアクシデントであり、

内科的なアクシデントではないはず~~~~!!!

そんなことを思いつつも、

ともかく、

冷房のきかない部屋で横になった。

あ・・・なんとかなる。


ともかく、

体調回復まで

小一時間。

横になっていた。

一時間すると、

耳も目も三半規管も

元通り。

もちろん、打った腕は痛いが、

大きなあざになっているわけでもなく、

普通の打ち身・・・程度。

指も動く。

腕も動く。

激痛はない。

一体、なんだったんでしょう!!

日々健康に気をつけていても、

(↑言うほどでもありませんが)

こういうアクシデントで、

どうにかなっちゃうことってあるんだ~~~

以前、

大きなハチに刺されたときもそんな風に思ったが、

人間生身なんだな~~~

改めて、そんな風に思った。



しかし・・・

たかが

プラスチックに肘を強打しただけなんですが・・・。

(↑どうしても不服)

皆さまもどうぞ

アクシデントには

お気をつけ下さい。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっぱり蚊取り線香が好き

この時期

蒸し蒸し・・・

低温サウナや温室の中に

閉じ込められたような毎日です。


昔よく聞かれた‘不快指数’なる言葉、

最近聞きませんが~~~

まあ、言ったところで

気分解消できるわけではありませんしね。

・・・と、

高温多湿の好きな

イヤ~~な虫が態度を大きくしだすわけです。


もちろん、例年のごとく、

虫コナーズの類を

ベランダに吊るしーの、

網戸に撒きーの、

玄関に置きーの・・・・

キッチンに吹きかけーの、

ゴミ箱に貼りーの・・・・

でありますが・・・。

空中をただ漂っている

コバエにも満たない

小さな蟲・・・

どーする?

となった時は、

迷わず、

蚊取り線香を

しばしつけます。

空気中に漂う

なんともいえない

レトロな

香りが~~~

幾度も経てきた

記憶の彼方からの

夏の匂い・・

何故か

安堵感。

蚊ではないので、

これで漂う虫が

バッタバッタと落ちるか?

といえば・・

そうでもなさそうだが・・

とりあえず

虫は煙の漂う中では

ほぼ

姿を消す。

ベランダにも

必ず、

一巻きは・・!!

外の虫を完全に退避させることなど

出きませんが、

少なくとも、

部屋との出入りに

さほど気を使わなくて

済むようになるし、

気持ちよく、

網戸にして

窓を開けておけるのである。

そして、

外の風と共に、

かすかに蚊取り線香の香りが

漂ってくるなど・・・

いとをかし!

そして

蚊や

飛び虫が

すっかりいなくなり

涼風が吹く頃にも

蚊取り線香は

まだ

一役かうのです。

この辺り、

秋の陽だまりの中を

ハチが活動するのです。

草木があると

なおのこと!

そんな折、

ベランダに蚊取り線香をつけておきますと、

気のせいか、

煙があるところへは

ハチはあまり好んで来たりはしません。

そう・・・

ハチ避け効果も

多少なりとも

期待できるのであります。

そんなこんなで、

この梅雨時から、

晩秋まで


蚊取り線香は

大活躍。

どんなに効果的な防虫剤でも、

こんなに長く、

こんなに安心に

活躍することは

なかなか出来ません。

やっぱり

蚊取り線香が・・

好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(大学生の)初めてのおけいこごと

先月から

生まれてはじめてのおけいこ(ボイトレ)

を受け始めた次男。

人前で恥ずかしくなく、

そして

なんと言っても

自分が楽しく歌えたら~~

などなど・・・

思って始めたのだが、



この初めてのレッスン通いを

思いのほか

エンジョイしている様子の息子。


う~~~~ん・・・

家で聞く限り、

先生には

かなりご苦労をおかけしているとは思うのだが・・・。


そこらへん・・

同窓のよしみ(?)で

「頼みますっ!!」

と軽く言えちゃうところは

助かるなあ~~~。

ボイトレ

と言えば・・・

多分、発声練習だけだろう~と

思っていたのだが、

一応、

イタリア歌曲を

みていただける~とのこと。

申し訳ない限りだ。

大学一年生なので、

ほとんど毎日5限まで授業があり、

即帰宅しても8時過ぎという毎日。

防音もしていないマンションで、

それから発声練習など出来るはずもなく・・・


「レッスンの時、

歌わせてもらうだけでも・・」

大学生のおけいこだから~~

勘弁してもらえるんでは??

と・・まあ!

同業者からブーイングされそうな・・親。



でも、

本人は、はりきっていて、

それなりに、

できる予習(?)をしていこうと思っているらしく、

夜中でも

キーボードの音量を小さくして、

私に弾いて欲しがる。

(歌曲の旋律ですら、自分では

すらすらとは弾けない状況にあるがゆえ)

それでも、ともかく、

せめて・・・

曲を頭に叩き込んでいこう~と・・・

そういう心意気だけはあるのだ。


それは、当然といえば当然のことだが、

この怠惰な母にしてみれば

あっぱれ!な根性である。

そこで・・・

どうしたらいいものか??

考え、

本来、きちんとCDを購入して~

であるべきだが、

毎週レッスンでしようする曲ごとに

CDを購入する余裕もなく・・・



考えた結果、

ユーチューブ!?

本当に、1曲のみの

素敵な演奏が入っているんですね。

ところが~

「合わせてハミングで練習する~」

というもので・・・


楽譜はEs-Dur.

これぞ!

という動画はAs-Durだったため、

次から次へと・・

Es-Dur探し・・・。

なぁ~にやってんだろうなあ~

・・と思いつつも、

息子のおけいこごとの予習に・・

まるっきり音楽ど素人の母の

愚行であります。


ともあれ、

無事、

Es-Dur  の

Ombra mai fu (largo)

を見つけ、

安堵。

今夜はきっと

楽譜と動画と

睨めっことなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

 ビッグツリー

数年前、

衝撃と共に

プチバイブルとなるような

1冊の本を手にした。



「ビッグツリー」

公式の案内を転記してみると~~~

*******

妻―入院43回、繰り返す自殺未遂、

6度の転勤、単身赴任、激務、そして…

暴れる長男。

頼りにしていた長女の自殺未遂。

次々におこる家族と仕事の大波乱。

何がいけなかったわけではない。

ただ、目の前の問題を元気に解決していくしかなかった

という著者から学ぶサラリーマン一家の大樹(ビッグツリー)論。

*******

とあるが・・・・

これだけだとなんだか絵空事のような

イメージもある。

目次を少し紹介すると

第1章 六歳で父を亡くして
第2章 自閉症の長男、年子の次男・長女誕生
第3章 長男の厳しい学校生活
第4章 クレイマー・クレイマーの毎日
第5章 孤軍奮闘の妻
第6章 長女の自殺未遂、暴れる長男
第7章 「死にたい……」
第8章 妻再び自殺未遂、もう限界
第9章 長い夢から覚めたように
第10章 ワークライフバランス

かなり・・・

重たい。

そして・・しかし・・・・

彼のテーマの

「私は仕事も家族も決してあきらめない」

が根底に流れていて、

それが‘ぶれない’。

一億総ストレス症(?)になっている今の時代に、

それでも人間には本来、誰にでも

~「逞しさ」が潜んでいるはずであること~

を思い起こさせてくれる。

彼は、家族の看病と、家事と子育てのため、

課長になっても定時(6時)には仕事を終えて

直帰しなければならず、

その経験を活かして昨年は

「部下を定時に帰す仕事術」

なる課長職マネジメントの本も。



人には、それぞれ

能力も、

体力も

器も

あるけれど~~~

それらを越えて、

今でも

もっと何かできる~

きっとこのハードルは

越えられる~

・・・と、

日々の小さなできごとの中で

勇気と元気をもらえる

そんな本。

この本の新版が去年出版されていることを

昨日(遅い!!!!)

知り、

アマゾンさんクリック!!

と共に~

暗いニュースの多い昨今ですので、

ご紹介してみたくなりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »