« 発表会に向けて~by 鎌ヶ谷音楽学院♪ | トップページ | 家族の趣向 »

大学生の会話

昨夜、

夕食時の次男との会話。

「×▼△○◆×・・・・・・」

「え?何?

だから・・誰が?」

「東大の友達」

「え?

それで・・何?」

「×△◆×・・・・・・」

「ね~~~

言ってることわかんない!!

ちゃんと話して!!」

結局、要するに、

「今の大学の友達は、言ってることをパッとわかってくれるから、

楽なんだよ~」

ってこれだけのこと。

ふ~~ん!

頭の切れる子達ばっかなんでしょうね~。

でも・・・

「チョイチョイチョイ!!! (お笑いの‘ハム’・・・同様)」

である。

今、貴方が話そうとしたことは、

ち~~っとも伝わらなかったのは・・・

私が頭が鈍いセイでは

断じてありませんよ!!!

そう・・・

私のみならず、

祖母も心配するくらい

表現力にかけては

心配の残る次男である。

年頃の男の子のメールは

「ある」とか

「ない」とか

「わかった」

とか

「行く」「行かない」

・・そんな一語文らしいが、

(まあ・・彼女の居る子は、

彼女にはそんなことないんでしょうけどね~)

次男の場合、

会話もほとんどそうだ。

だから・・

ちょっと何かを詳しく話そうとする時は

×▼△○◆×・・・・・・

となってしまう。

幼い頃は、

我家で一番のチビちゃんなのだから・・と、

皆が想像で動いて、

彼も問題なく過ごしたが、

こちらが・・

彼の話を聞きたい年齢になると

そうはいかない。

「どうだったの?」

「どう思った?」

・・・となんとか、

彼の言葉を聴こうとするが・・・

敵もさるもの。

「忘れた」

で一切をかわす。

ま~~それでも日常に支障をきたさず

いたのだが・・

外では大丈夫かな~?とは

過保護と思いつつも・・

心配する部分であった。

それを~~~

「皆、ちょっと言うと、パッとわかる・・」

ですって~!???

貴方の「ちょっと」は

伝達の日本語にはならないと思うけど・・・・



う~~ん・・これは、

今の時代に沿ってないとかいうわけでもないはず。

(他の大学生の話はわかるし~~)

それとも、

同世代は、別ルートの

第六感で話してる!???



よくわからないが・・

本当にわかってもらっているのだろうか?

まさか~~

適当に相槌を打っていなされてるだけじゃないだろうか?

(相手は賢い子達なんだろうし・・)

つまり・・

おミソみたいに???

(末っ子ゆえ、ソレもまた、慣れた立ち位置だから

‘楽’って思うのも頷ける・・・・)

心配はつきないが、

本人がご満悦なら

ま、いいか・・・。



そうだ、

私は、大事なことを

聞き忘れた。

「貴方は友達の言ってることが

パッとわかるの??」

と・・・。

|
|

« 発表会に向けて~by 鎌ヶ谷音楽学院♪ | トップページ | 家族の趣向 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057949/35503889

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生の会話:

« 発表会に向けて~by 鎌ヶ谷音楽学院♪ | トップページ | 家族の趣向 »