« 休日のホームセンター | トップページ | 「ありんこすぽっと」ご紹介 »

ボストン美術館展

以前から楽しみにしていた

「ボストン美術館展」を観に、

六本木ヒルズへ・・・友人と。

4/17~6/20と会期の間(出来ればウィークデー)に

行かれるかどうか危ぶまれていたが、

ぎりぎりでウィークデーに行くことが出来、

ラッキーだった。

もちろんウィークデーとはいえ、

かなりの混雑はしていたが、

少し、気に入った絵の前で

立ち止まることが可能な程度ではあった。

(本当に混雑がひどくなると、

立ち止まり不可の美術展も記憶にある・・・)

しかし、スペース的に、

さほど広いわけではないので、

(上野界隈の美術館のように)

広いスペースの中で、真ん中に椅子があって、

絵を眺めながら座って雰囲気に浸る~

といった感じではなかったが・・・

そんな楽しみ方をしたいような

絵に囲まれていた。

印刷物では眼にしたことがあるものの、

やはり実物を観て、

新たな印象を持つものも多い。

モネの「ヴァランジュヴィルの猟師小屋」の

キラキラとした幸福感が輝いているような・・・

スコ~~ンと突き抜けた明るい光りで満ちているような・・・

吸い込まれそうな


‘海’



に魅せられた。

やっぱり本物の威力なのだなあ!

全体の雰囲気はさまざまな印刷物で見ていても

全然違う迫力に打たれる。

この「海」こんなに明るいんだ・・・!

今回は

時代や国を超えた巨匠達を

テーマ(肖像・日常生活・宗教・静物・風景)別

というコンセプトの展示になっていた。


しかし

ふっとその世界に入り込んでしまうと~~~

(頭が)容易には時代や国を超えられなかったり、

切り替えるのが残念だったりもした・・・。

もう少し何点か・・続けてみたいと~~

そんな中、前述のモネは、

11点あり、風景画10点は同じスペースという

配慮が利いていた。

う~~ん・・

不可能だろうが、

もう少し空いた状況で、

ゆっくり浸る時間があったら

いいのになあ~と。

(ボストン・・行くしかないか!?)

今度は、8月中旬までに

ミッドタウンの「オルセー」かな。

「オルセー」は何年か前、

上野国立西洋美術館に

行った記憶が残っているが

今回も楽しみだ。

美術館を回る時は、

大抵ご一緒のAさんとの

六本木ヒルズでのランチもおしゃべりも

楽しかった。

彼女は、日本の美術や仏教美術に

詳しいし、視点の鋭い。

そういう感性の人と

ボソボソ感想を洩らしあいながら観るのは

楽しいし、

いろいろ気づかされることも多い。

充実した都会のひとときだった。

|
|

« 休日のホームセンター | トップページ | 「ありんこすぽっと」ご紹介 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057949/35192285

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館展:

« 休日のホームセンター | トップページ | 「ありんこすぽっと」ご紹介 »