« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

梅雨時の水やり

不快指数の高い日々が続きます・・。

しとしと・・・

というより、

蒸し蒸し・・・

ばかりの梅雨。



朝方パラパラ降っていて、

昼間・・中途半端に陽が射し、

夜になると

またパラパラ・・・。

朝出掛けに迷うのは、

日傘にしようか・・・

雨傘にしようか・・。

晴雨兼用とはいっても~

ザァーザァーくる雨には

小振りすぎるのは確か。


そして

もうひとつ。

ベランダの植物の水遣りも

悩みの種。


ベランダは~

急な雨が降っても

よほどの大雨だったり

吹き付けたりしない限り、

洗濯物を干しっぱなしでも

被害は少ない~~~

という利点があるのですが・・

植物の水遣りは~~~

やはり天然の雨まかせ

というわけにはいかないのです。

今、

朝顔もすくすくのツルを延ばし、

キャットテールもぐんぐん成長し、

グリーンボール(テーブル用の観葉植物から10年目、

大きな樹になりつつある・・)も葉っぱを広げ、

ラベンダー数種が紫色満開になり、

ローズマリーが良い香りを放ち・・・

小さなラズベリーなんとかって鉢では

毎日小さな小さなイチゴが数個実る。

ん?

書き出してみると

結構あるんだゎ・・・・。

そんなに豪華なもんじゃありませんが、

やはり、毎日花や実や緑で愉しませてくれる

大事な大事な我家の一部です。


彼らに水を毎朝・・あげる(真夏は朝夕)のは

忙しない毎日の中の

結構癒しになる時間でもあります。

(気持ちの上では・・・・

実際は

外出前に時計とにらめっこしながら

おいたてられるように

バタバタすることもありますが・・・・)

この梅雨時。

しとしと・・パラパラ

雨は降ってるけど、

ベランダの奥までなんか

一滴たりとも水はこない!

・・・という時。

でも、空気自体が湿度でベタベタ。

こんな時、

水遣りはどんなもんなの????

と思いつつも、

やはり1日抜いてしまうと、

結構・・葉っぱがくたびれた風に垂れ下がる。

あ・・・やっぱり水分不足?

と水をやる。

翌日、植物元気元気!


でも~~~

土ってカビたりしないかな~?

庭の土でなく、

あくまでも

鉢の中の土なので~~~

それにしても

雨が降る中・・・

ジョウロで水をやる光景っていうのも

どんなもんだろ????

っと思うのですがね。


夏にパッと

花を咲かせてくれたり、

あおあおとした緑を愉しませてくれる前の

今の時期・・・の乗り切り方~って、

元気だった幼虫が

サナギになり

うまく羽化できるだろうか?

って心配するのと

なんだか似てるな~

などと・・・

つらつら考えつつ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家族の趣向

6月初めに漬けた青梅が、

そろそろ梅エキスたっぷりのシロップとなる。

日々・・心待ち!



ところが、

長男だけは子どもの頃から

「梅」が苦手である。

元は、「梅干」が

嫌いだったようだが、

梅のシロップと梅干は、

全く異質の物。

・・・と言っても

受け入れられないようである。

ところが、

次男は梅干大好きな子どもだった。

近所のお宅で、

(そこは・・いつも頂き物の多いお宅で、

お菓子などをお土産に持たせてくださる・・)

「お土産、何がいい?」

と聞かれて~~~

「梅干!」

と答える。

かくして~~~

高価な「紀州南高梅」の木箱入り(何千円とするような・・)

を戴いてきてしまったこともある。


まさに

「でかした!!!!」

である。

さて、

梅干嫌いの長男は、

同じく、

トマトが苦手。

長期にわたる弁当作りで、

私を悩ませた。

~~~なんといっても、

梅干とミニトマトは

弁当作りの彩りかせぎ~インスタントアイテム

とういうことは弁当作りママ共通の常識だからだ~~~~

が、

話を戻して~~

梅シロップの争奪戦から

長男が抜けることは、

好ましい!


また・・

この気の利いた長男、

赤くて丸いものは全てダメ!?

と思うくらい、

旬の王様「さくらんぼ」

すら・・・

あまり食べたがらない。

これは・・主人も

「ひとつずつ食べるのが面倒」

などと罰当たりなことを言う。


お蔭で

私と次男のみの

「さくらんぼ」

となるのだ。

しかし~~~

また、

赤くて丸いもの嫌いな長男と私は、

この季節、

「ほたるいか」に眼がない。

が、次男と主人はさほどでもなく、

これまた競争率は緩やかとなる。



こんな話をしていたら、

妹に、

「結局、いろんな組み合わせで、

いつもお姉ちゃんは好物にありつけるように

なっているんじゃないの?」

・・・・と!


大正解!

まあ~~

主婦の特権ですね!

平和な家庭の食卓・・・・かくありき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大学生の会話

昨夜、

夕食時の次男との会話。

「×▼△○◆×・・・・・・」

「え?何?

だから・・誰が?」

「東大の友達」

「え?

それで・・何?」

「×△◆×・・・・・・」

「ね~~~

言ってることわかんない!!

ちゃんと話して!!」

結局、要するに、

「今の大学の友達は、言ってることをパッとわかってくれるから、

楽なんだよ~」

ってこれだけのこと。

ふ~~ん!

頭の切れる子達ばっかなんでしょうね~。

でも・・・

「チョイチョイチョイ!!! (お笑いの‘ハム’・・・同様)」

である。

今、貴方が話そうとしたことは、

ち~~っとも伝わらなかったのは・・・

私が頭が鈍いセイでは

断じてありませんよ!!!

そう・・・

私のみならず、

祖母も心配するくらい

表現力にかけては

心配の残る次男である。

年頃の男の子のメールは

「ある」とか

「ない」とか

「わかった」

とか

「行く」「行かない」

・・そんな一語文らしいが、

(まあ・・彼女の居る子は、

彼女にはそんなことないんでしょうけどね~)

次男の場合、

会話もほとんどそうだ。

だから・・

ちょっと何かを詳しく話そうとする時は

×▼△○◆×・・・・・・

となってしまう。

幼い頃は、

我家で一番のチビちゃんなのだから・・と、

皆が想像で動いて、

彼も問題なく過ごしたが、

こちらが・・

彼の話を聞きたい年齢になると

そうはいかない。

「どうだったの?」

「どう思った?」

・・・となんとか、

彼の言葉を聴こうとするが・・・

敵もさるもの。

「忘れた」

で一切をかわす。

ま~~それでも日常に支障をきたさず

いたのだが・・

外では大丈夫かな~?とは

過保護と思いつつも・・

心配する部分であった。

それを~~~

「皆、ちょっと言うと、パッとわかる・・」

ですって~!???

貴方の「ちょっと」は

伝達の日本語にはならないと思うけど・・・・



う~~ん・・これは、

今の時代に沿ってないとかいうわけでもないはず。

(他の大学生の話はわかるし~~)

それとも、

同世代は、別ルートの

第六感で話してる!???



よくわからないが・・

本当にわかってもらっているのだろうか?

まさか~~

適当に相槌を打っていなされてるだけじゃないだろうか?

(相手は賢い子達なんだろうし・・)

つまり・・

おミソみたいに???

(末っ子ゆえ、ソレもまた、慣れた立ち位置だから

‘楽’って思うのも頷ける・・・・)

心配はつきないが、

本人がご満悦なら

ま、いいか・・・。



そうだ、

私は、大事なことを

聞き忘れた。

「貴方は友達の言ってることが

パッとわかるの??」

と・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

発表会に向けて~by 鎌ヶ谷音楽学院♪

昨日、そして明日、

鎌ヶ谷音楽学院の

6月最後のレッスンを行った。

まあ~毎月最後のレッスンはあるのですが、

今回は少々意味合いが。


夏休み明けてすぐの9月4日、

隔年で行われている

鎌ヶ谷音楽学院の発表会があるのです!

今回は、私のクラスからも、

7人出演します。

中には~~~

まだまだ・・・小さな生徒さんも!

私、小さな生徒達を発表会に出演させるのは、

何年ぶりでしょう!!??

大学在学中から、

友人達と毎年、家での生徒を集めて、

発表会を共同主催し・・

私は・・確か、10数回まで参加したような・・・。

そう、

長男が4歳から7歳まで4回連続出演したのを最後に

しばしお休み~~~~に。

小さな子は2人の息子だけで手一杯になり、

レッスンは受験生のみ・・・としてしまった。

かれこれ~~~

また・・10数年経ってしまって~~

(10数年という言葉が

ポンポン出てくるなんて

すごく長く生きてる気分です・・・・)

友人達はそのまま続け、

確か~~~25回記念も終えてます。

素晴らしいことです。

ここ数年は

私も今また、アナウンスなどでお手伝い参加しています。

そんな折、

友人達の可愛らしい生徒さんや、

息子達と同年齢の若者や、

お仕事を持ちながら練習されている方々、

皆さんの発表会を聞かせていただき、

私も~~また機会があれば・・・

と思っていたのですが。

昨年から、ご縁あって、

新しく鎌ヶ谷音楽学院で、

多くの生徒さんを迎えるようになり、

なんだかとても新鮮な気分でレッスンをしています。

若い頃と違って、

子どもさんの

もともとの性格や興味だけでなく、

その子のその日のノリ具合、

気分の高低も見えたり、

待たなければうまくいかないこと、

すぐに身につけさせたいこと・・・が、

少し余裕と共に、見えるのです。

息子達のみならず、

息子達を取り巻くたくさんの友達や、

その友達を育てているママさん(友人)の話を聞いたり、

また

その渦中だった子ども達が時を経て、

成長した暁を見たりして~~

(本当に~~~長く生きてるんだな~と実感・・・)

「今」すごく問題なのか、

そうでもないのか、

ココに原因があるのか、

他にあるのか、

ココをやらせるのか、

他からアクセスしてやらるか~~

いろいろ見えるし、

それがまた・・楽しんでで行えるので・・

長く生きるのも悪くない(そっち?)ですね。

そんなこんなで

今月は、

生徒の顔を思い浮かべ、

毎週のレッスンの捗り具合を探り、

イメージを膨らませ、

ひとりひとりにあった選曲を・・・

ずっと頭の中に描いていました。

まだ全員ではありませんが、

ほぼ皆に、選曲がゆきわたりました。

中には、

私の発表会での思い出の曲もあったり~~

私が選曲した中から

生徒自身に選ばせたのもあり~~

生徒自ら

「○○を弾きたい!」と

直訴されたものあり、

知られている練習曲を

生徒に合わせて、

私が変奏曲にしたものあり・・・。

さまざまです。

いよいよ来週から7月。

2ヶ月で、それぞれにとって、

良い形に仕上がるよう、

ひとつの曲をしっかり人前で演奏するまでに

仕上げる~ということが、初めての生徒も多いので、

たくさんのことを学べるといいな~と

思っています。

夏休み修了後に、

もうひとつ、達成感を味わえるよう・・・

盛り上げていきたいですね。

ご近所の皆様方、

是非、駅近(地下ではありません)ですので、

お立ち寄り下さい!

詳細のお知らせは、

また夏休みにさせていただきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大学生のファッション

(大学生の)母親世代にとって・・・

どーしても我慢ならない最近の若者ファッション第一位は

「腰パン」

ですが・・・・

(この‘腰パン’だけは・・・

その昔流行った‘ガングロ’より

わからない!!)



最近あまり見かけなくなりました。

あれは~~

大学生ではなく、

高校生の制服のアレンジのひとつのようになって・・

ともあれ、


高校生の制服から解放され、

社会に出て、

仕事でお決まりの服を余儀なくされるまでの

大学生の間、

好きな服を自由に着るって

いいじゃあ~ない!?

・・・と、

男女限らず、

大学生のファッションを見るのは

好きです!


私が今・・大学生なら、

あのブランドを着たいなあ~!

う~~ん・・

娘が居たらなあ~!!!

でも、お嬢さんをお持ちの友人は、

「自分の好みと娘の好みは違ったりするのよ~」

っと。

へえ~~~


で、我家は息子ですが、

全く・・・

全く持って

今の所

服装に頓着の無いタイプ。

だって・・

毎日同じ服を着るわけに

いかないでしょうが~!!?

制服のある間は、ほとんど家着ばかりですから、

安くて丈夫なユニクロと、

そこらへんのスーパーのものばかり。

それだって・・そんなに枚数なく・・


・・・ということで、

何か購入しておくと・・

適当に着ているようです。

特に好みも無いので・・・


どうせ買うのなら!!

と、私の好みで購入しますが・・

一応、

‘ファッションに拘りのある息子’

‘自分で洋服を買わなければ気がすまない息子’

をもつ友人に、

「どこで買ってるみたい?」

「こんな格好は辞めて!」

とお嬢さんの台詞を教えてくれる友人

・・・に調査を入れて~~

なるべく20歳前後の子が好みそうな店に~~!

さすが!

お勧めの所へ行くと

私までワクワクする服が・・・

男の子のでもたくさんあるじゃないですか!!

ビームス

ユナイテッド・アローズ

ライト・オン

特に注文も言わない息子が

「みんな暗い色着てる子が多いから、

明るい色を着てると・・(授業の時)指される危険性(?)が

ありそうだ・・」

とボヤいていましたが・・。

ん?

理系だから?


そういえば・・

私が時折乗る東西線、

早稲田(文系が主)で降りる学生の

ファッションと、

高田馬場(理系が主&各種予備校生)で降りる学生の

ファッションには~

微妙に違いがあるような・・・

へえ~

面白いねえ~~!

とひとり納得。

それにしても

制服から解放されたからって・・

そんなに眼を覆いたくなるような若者ファッションは

ほとんど無い。

不景気だから?

私の行動範囲が健全すぎるから?


ともあれ、

なんだか・・楽しくも有り、

微笑ましくも有り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おひとりさまの昼食

今日は家で仕事をしなければならない日。


こういう時、

近所の買い物とか・・考えてしまうと、

結局

‘主婦の仕事’

‘たまった家事’

で時間はどんどん過ぎて

あっと言う間に一日が

終わってしまう。


今日は思い切って

スーパーへも行かず、

「外出禁止令」を!!


でも~

お腹は空くんですよね~。

腹が減っては仕事は出来ぬ~~

外へ~の誘惑を抑えているんだから・・

せめて・・お昼くらい美味しく食べたい!!

とりあえず・・

家の冷蔵庫の中にあるもので~

自分ひとりのために・・

食べたいものを作ろう!!っと。


2

とりあえず

チキン入りの

バジリコスパゲッティー



グリーンサラダ

(ちなみに飲み物は梅サイダー)

デザートは(奥に写ってますね)

カステラ、マスカルポーネ添え

コーヒー。


メニュー的には950円ランチ的ですが・・・

量は~~

1.8人前はあります!!!

(自分で作る時は、

何より、この満足のゆく‘量’加減の間違いが・・ない!)

大満足の

‘おひとりさま’ランチでありました。

いや・・・

でも外食と異なる点は・・

少々食べすぎ感がありますかね~~~??


少々眠気が・・!!!

と思ったので、

PCを立ち上げて

気分転換してみました。



でも~~~

家で、

自分好みの昼食を、

好きに作って食べる~~

っていうの・・・

やみつきになりそう~・・・


次回は、

前菜とスープを

つけて

プチコースといきたいですね。

‘おひとりさま’ですから・・・

贅沢したってたかが!1人分であります(笑)。


夕食は、人数分になるので~~

粗食に限りますかね。

その方が健康に良いとか言っちゃって!!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏至と梅雨入り

週末、所用で日立までプチ移動(旅行というほどでもなく・・・)。

朝から

鎌ヶ谷音楽学院→馬橋(ありさ音楽教室)と

レッスン続きで

夕方ようやく出発。

日立に着いたのは、

もう・・6時半過ぎ。

冬なら真っ暗で気が急くところだが~~

夏至間近とあって・・

あたりはまだまだ明るく

暮れかけた夕方キープといったところ。

暮れそうで暮れない明るさって・・・

あこがれの白夜はこんな感じがつづくのだろうか・・??

と少しロマンチックに考えてもみたが~~

いやはや・・・

湿度の高い日本では・・

あこがれの北欧のソレを

想像する雰囲気にはなれず~~

残念!!!

しかし・・・

JRのすぐ向こうは海で、

丘(坂?)の上に上ると、

海がよく見えるほど近くにあるのが

少し嬉しい。


が、

幼い頃、親しんでいた江ノ島や伊豆の海と違って、

茨城の海は

あまり‘潮’臭くない。

あ・・九十九里の海辺でもそれは感じたなあ!

子どもの頃、江ノ島の海しか知らなかった私は、

江ノ島の駅ですでに辺り一面に漂う‘潮’の香り

(海草??の匂い?)に

「わ~~海だ!海が近くにあるんだ!」と

はしゃいだ気分になったものだが・・

その香りがせずに、

広大な海が広がるのを

九十九里や、

銚子や、

この茨城の海で知った。

以前訪れた最高に気に入っている

岩手の波板海岸でも・・・

‘潮’臭くないのにオドロカされた。


最近では

湘南の海に行くことがとんとなくなってしまったので、

なつかしい限りだが・・・

潮臭くなくとも・・

海は一様に癒される。

ただし、

晴天の日でないと、

海の青さや輝きがないこともまた

気づかされる。


梅雨時の海って

高いところから見ても、

ちょっとどんよりだわね~~~と

少し残念。


所用が終わり、

昨日、

海沿いの道を南下して帰宅。


これまた・・

7時近くまで明るく、

海や、利根川を眺めることができた。

明るくても、

なんとなくどんよりの残る梅雨空。

今日は

夏至・・・。

現在、午後7時。

まだ明るい!

しかし・・・

夏至って

梅雨時(ほぼ梅雨入り前後)に

重なるんですね・・・これが!

季節の行事は

楽しみたい・・・のですが・・

明るい時間が長いとはいうものの・・・

はっきりしないお天気で、

あまり有効活用できないのが

残念です。

せいぜい

紫陽花を愉しむくらいでしょうか・・・。

でも、今年は、

どこの路でも、

どこのお宅のお庭でも・・・

紫陽花、とても綺麗に咲いていますね!

週末、

鎌ヶ谷音楽学院入り口にて・・・

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

火曜日のヴァイオリン

先日仕事で、

ヴァイオリニストの方をご紹介していただくことになり~~

最終的に元生徒が(身近!)

芸大卒の方を推薦してくださり~~



同窓なら安心!・・・と

お話を伺ってみると~~

なんと!

これが・・

同年代。

しかも・・・

一緒に在籍していた期間が二年もあり、

共通の知人も多数!

お互い、在学中、全く知らなかったのに・・

不思議なご縁!


そんなこんなで~~

昨日は、その方と

ランチかたがたいろいろお話し、

ご専門はもちろんのこと、

人間的にも気さくで大変素敵な方。

~~~というと堅苦しいが

~~一応・・初対面も同然なので・・こう書いてみたが~~~

実は・・

要するに・・気があって・・

あっという間に「4時間も!」おしゃべりしてしまった!

まわりからみたら・・

旧知の仲のようだったにちがいない。

さらに、彼女のお嬢さんと

うちの末息子が現在同窓ということもわかり・・・

更に話がひと盛り上がり~~

というところで

時間切れ・・。


またこの次と~~。

この彼女が、

現在まだ開講されていない

鎌ヶ谷音楽学院(初富駅徒歩一分)の

火曜日のヴァイオリン担当の講師となって下さった。


火曜日にヴァイオリンを~~

とお考えの方、

是非、どうぞ~~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小暮写真館

昨日、久々にゆっくり・・・

本屋に入ってしまった。

「しまった」・・・というのは、

入れば次から次へと読みたい本が眼に入り~

一方、

現状はと言えば、

ゆっくり読書に浸る時間を捻出するのが難しい。

以前は、電車の中が

楽しい読書の時間であったが、

メガネを必要とするようになってから~

とんと、電車の中で本を読むことはなくなってしまった。


しかし

そのため・・・・

窓上の広告などに眼がいくようになり~~~


そこに、いつも眼が吸い付けられる写真があった。


以前、書いた~私の好きな「詩」

阪本越郎氏の‘花ふぶき’から

私がずっと心に描いていた情景に酷似した

写真だった。


この写真の右手上方から駅を見下ろすように位置し、

その真っ直ぐ遠く(つまり写真左後方)に

うっすらと山脈が見える光景~~~~

がソレ。

2_2 

3

なんと普通で心地よい写真~~~


と見とれているうち、

それが「小暮写真館」

という本の宣伝であることに気づいた。


それを、本屋で手にしたのである。





想像以上に分厚い・・・・・

しかし・・文庫本になるまで待たずに

入手したく、

大事に購入した。


広告にも

「ゆっくり読もう」

・・・とあったし・・・・・。

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅雨入り前の愉しみ(梅シロップ漬け)

蒸し暑くなってた。

いよいよ梅雨入りか・・・!?

亡くなった祖母が、

「梅雨入りの日には

梅干を食べるといい・・・」

とよく言っていた。

食べ物が腐りやすくなる時期、

安心安全を期した食べ物であり、

体調的にも良いってことなんだろう~~~

雨が降ると寒かった春から

雨ごとに蒸し暑く感じてくる梅雨。

普段、忙しさと怠惰にかまけて

疎かにしがちな家事。

休みの日・・となると、

本来10も20も滞っている家事のあることに

気づく日曜だが・・・・

やることに押しつぶされて

パニックになり、

楽しくない一日になってしまうことだけは

避けたい休日だ。

この時期に

どうしてもしておかなければならないことを~

絞りに絞って・・・

「二つ!!!!」

決め

(たった二つ???)

実行!!!

風呂場の念入り掃除(カビ防止)と、

エアコンの内部掃除。

ん?

と言っても、

フィルターをさっと洗い(ここまでは通常)

「エアコン内部掃除用」のスプレーを

一缶・・・内部向けて吹き付けるだけ・・・


まあ~これだけっちゃあこれだけ・・・。

お粗末??

ただ「これだけ」のことでも、

予定した日に雨が降ったり~

予定外の外出予定が入ったり~と、

延ばし延ばしになることも多く、

今日はぱっと片付いて気持ちよかった!

そして~~

楽しみにしていた作業へ・・・!

Photo

↑  洗っている紀州梅。

綺麗!!!!

なんて美しい黄緑!

ふわっとした「きみどり」ではなく、

青っぽい・・凛とした緑。

「青」が‘ブルー’じゃなくて、

「若い」「新鮮な」・・・「あお」が光ってる!

自然の色ってすごい!!!

しばし見とれて・・・

ヘタをとり、

一晩冷凍庫へ~~~。

明日、いよいよ氷砂糖砂糖に漬ける!

忙しない日常とは打って変わった

優雅な時間運び・・・。


明日からは、

毎日

梅のシロップが出来る様を

眺める楽しみが始まる。

そして


梅雨が明けると、

手作り梅ジュースを飲む楽しみが始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ありんこすぽっと」ご紹介

初めてのカテゴリー・・・・

「ペット」

です。

これが合ってるかどうかわかりませんが・・・???

いつもブログを読んでくださってる方には

かなり毛色の変わった話題だ・・と

思われることでしょう~~。


知人が(友人のご子息)

「ありんこすぽっと」というHP & ショップを

立ち上げたので~~~

ご紹介です!!

彼は~現在・・・とある大学の博士課程で

生物学を学んでいますが、

小さい頃から

ありとあらゆる生物を興味をもっていて、

実際、いろいろ飼って飼育・観察している歴史を

知っている者としては

彼が設計した観察ケースは

きっと・・・

さまざまな工夫が施されていることと・・・

お勧めします!


興味のある方は、是非

http://arinko-spot.com/

「ありんこすぽっと」

覗いてみて下さい!!

私のように~

「虫はちょっと・・・」

という人も、

へえ~~こんな世界があるんだな~

と見るのは

楽しいですよ!


夏休みの自由研究でも

こんな見やすいケースでなら、

観察日記も

面白く書けるかもしれませんね!

店長の日記もあるようですから、

観察日記のアドバイスなども聞けるかも!?




あ・・・

お子さんだけでなく、

大人の方でも

癒しになさる方も多いとか・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ボストン美術館展

以前から楽しみにしていた

「ボストン美術館展」を観に、

六本木ヒルズへ・・・友人と。

4/17~6/20と会期の間(出来ればウィークデー)に

行かれるかどうか危ぶまれていたが、

ぎりぎりでウィークデーに行くことが出来、

ラッキーだった。

もちろんウィークデーとはいえ、

かなりの混雑はしていたが、

少し、気に入った絵の前で

立ち止まることが可能な程度ではあった。

(本当に混雑がひどくなると、

立ち止まり不可の美術展も記憶にある・・・)

しかし、スペース的に、

さほど広いわけではないので、

(上野界隈の美術館のように)

広いスペースの中で、真ん中に椅子があって、

絵を眺めながら座って雰囲気に浸る~

といった感じではなかったが・・・

そんな楽しみ方をしたいような

絵に囲まれていた。

印刷物では眼にしたことがあるものの、

やはり実物を観て、

新たな印象を持つものも多い。

モネの「ヴァランジュヴィルの猟師小屋」の

キラキラとした幸福感が輝いているような・・・

スコ~~ンと突き抜けた明るい光りで満ちているような・・・

吸い込まれそうな


‘海’



に魅せられた。

やっぱり本物の威力なのだなあ!

全体の雰囲気はさまざまな印刷物で見ていても

全然違う迫力に打たれる。

この「海」こんなに明るいんだ・・・!

今回は

時代や国を超えた巨匠達を

テーマ(肖像・日常生活・宗教・静物・風景)別

というコンセプトの展示になっていた。


しかし

ふっとその世界に入り込んでしまうと~~~

(頭が)容易には時代や国を超えられなかったり、

切り替えるのが残念だったりもした・・・。

もう少し何点か・・続けてみたいと~~

そんな中、前述のモネは、

11点あり、風景画10点は同じスペースという

配慮が利いていた。

う~~ん・・

不可能だろうが、

もう少し空いた状況で、

ゆっくり浸る時間があったら

いいのになあ~と。

(ボストン・・行くしかないか!?)

今度は、8月中旬までに

ミッドタウンの「オルセー」かな。

「オルセー」は何年か前、

上野国立西洋美術館に

行った記憶が残っているが

今回も楽しみだ。

美術館を回る時は、

大抵ご一緒のAさんとの

六本木ヒルズでのランチもおしゃべりも

楽しかった。

彼女は、日本の美術や仏教美術に

詳しいし、視点の鋭い。

そういう感性の人と

ボソボソ感想を洩らしあいながら観るのは

楽しいし、

いろいろ気づかされることも多い。

充実した都会のひとときだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

休日のホームセンター

昨日は

受験生のレッスンが急遽入り、

(現役生はウィークデーは学校行事などで突然変更が

致し方なかったりする・・・)

暑い中を

どたばた移動してしまったので

まとめ買いの買い物に出かける体力もなく・・・

ホームセンターに

必要なものを買いに行く息子につきあった。



もう夕方になって・・

涼しい風が吹き始めた中、

外のたくさんの花を眺めていたり・・

入り口近くの観葉植物に囲まれると~~

不思議と癒される~~~。



観葉植物の売り場なんぞは

ちょろちょろ水が流れる音がしていて、

(実際、ハイドロカルチャーなどでの

観葉植物のところは水がよごみなく流れている)

癒し倍増!

ふっと眺めるだけでも

いいもんですね~!!

少しだけ花の苗など購入し、

たっぷり疲れを取って

更に涼しくなった風に吹かれて

歩いていると、

元気になってj帰ってきました。


ベランダの花たちに

(購入したての)

栄養剤と水を撒き・・・

なんだかすごく

気分が良くなった夕方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

♪初めてのヴォイトレレッスン♪

「大学生にになったら・・・

ボイトレのレッスン受けてみたら~?」

何気なく、次男にそんなことを吹き込んでいた。

うちの男の子2人は‘音楽’とは違う道を

選んでいるが、音楽は‘好き’・・・な模様。

やはり~

何か楽しめる形では持っていて欲しい~~

と思うのは、

親として全く皆同じ。

ただ・・・

「楽しめる」という段階になるためには、

それなりに時間をかけ、

ある程度努力してみなければ~~

自己満足すら・・あっさり飽きてしまう

・・・ということも良く知っている。

(生徒達にもよくアナウンスしているので)

知ってはいるが~

実は・・

親としては反省しきりの過去がある。

長男が4歳くらいの時、

「そろそろピアノを~」

と始めたが、

何しろ・・・家事や仕事の

細切れ時間を利用しての練習。

今日、時間がとれなくても、

明日やれば!?

になってしまう。

さらに

普通レッスンは

1週間に1回だが

わが子となると~

毎日みれてしまったりする。

当然のことながら、

昨日~今日では変化が無い。

無論、

変わらない毎日を積み重ねずして、

進歩なんてないが!!

さりとて・・積み上げた1週間後に仕上げを披露する

レッスンもない・・となると

親子してテンションも下がる。

といういい加減さで~

やはりレッスン時間を区切って、

責任感をもって教えている生徒さんとは

活気が違う。

友人と主催していた

発表会に4年ほど参加したが

節目の5年目で

親子どちらからともなく・・

消滅!

結論

やはり、きちんと外でレッスンを受け、

緊張感をもって進めないと上達(どころか長続きも)

しない!!!

そうした長男も

中学・高校と合唱部で

音楽堪能な友人の影響を受け、

それなりに楽しめるコツを学ぶことが出来たのは

幸いだった。

高校までピアノを続け、

素晴らしい演奏を披露する友人に

早稲田の「ピアノの会」に招待していただき、

いろいろピアノの曲も覚えてきたり(親は教えなかったのか!?)、

その道を遠さを実感したり~~

ともかく、・・・友人に恵まれて幸運だった。

きっと今度は

もう少し身の振り方が安定したら・・・

ゆっくりピアノをさらってもいいし、

好きな合唱サークルに入ってもいいし・・

時間をかけてゆっくり、じっくり取り組み、

長く楽しめるといいな~と。

まあ~~~

そんな失敗もあり、

次男には

(長男のように数年間のピアノ体験も無い!)

大人になった時に

合唱とか・・・

普通にカラオケ(!?)でも・・

楽しめる~基礎作りのためにも、

一度きちんと発声を練習したら~

となったのである。

レッスンは・・・

テノール歌手の菅原さんのヴォイストレーニング!

なんともまあ~~

先生だけは贅沢!!

更に

とんでもないモンスター母親(私)は

「菅原先生、

年末には第九の合唱部分を

親子で口ずさめたりするのが

目標です!!」

なんて言っちゃうものだから~~

実際と目標に差がありすぎる!!!

昨日、初めてのレッスン!

子供(もう子どもとも言えないが)を先生のお宅に

レッスンに連れて行く~~

ってことは

初めて!!!

いつになくドキドキ・・・。

「きちんとした発声を身につけてしまえば

楽しくなるよ」

と優しく言っていただき、

息子も声を出すことにまんざらでもなさそう~~。

多分、好きなんじゃないかな?

と思った私の感も間違いでもなさそう~~!

さらに

「ちゃんとベルカントの発声法教えてあげるからね」

「変声期の後が大事なんだよ。

早めに来て良かった」

と!!

‘うた’って

本当に、自分の身体の中の器官を

(楽器のように)意識しながら発声するんだな~

と改めて~~私も感心しながらレッスンを拝聴した。

ゆっくりでも、

長続きしてほしい!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野口さん無事帰還!

日本は

また総理大臣が辞め・・・


でも、安倍さん以来、

皆、持ち上げては~

汚点を突き、

次の勢力図が出来上がるまで

袋叩きにし、

弱ってきたら

ころあいを見計らって

引き摺り下ろす~~。

その繰り返しは

どこの党でも同じ。

身内の党であろうと、

対岸の火事であろうと、

関心は

次。

政治家のみならず、

国民もまた・・。

「分権」というシステムは

独裁を防ぐけれど、

バランスを取るということが

必ずしも協力体制には結びつかないことも多い。

内閣だからこうなるんで、

これが大統領制だったら・・・

こうチョクチョク変わるわけにはいかない。

(変わるときは、クーデターだったりして・・

それはそれで怖いか・・)

衆・参両院のシステムも・・

今は、単に選挙時の方便に使われているようにすら思える。

政治家ではなく、

法律家が頑張って欲しい時代のように思う。

号外ニュースではあるが、

日本にとっても、

世界にとっても、

価値あるニュースでは決してないような・・・。


よもや「日本の政治と秋の空~~」??

ってな感じでやってます~~的な!!

(by キングオブコメディー)

私は朝から、

野口さんの帰還の方が

気になっていたので・・・

(原始的なソユーズでの帰還だっただけに)

「秋の空」の

予報と結果の速報ばかりで、

野口さんの帰還ニュースが

小さくなってしまったのが

残念だった。

人類的には、

長期間、宇宙で滞在して帰還した人が

どういう状況であるのか・・・

そちらのほうが、

(のちのちにとって)

大きなニュースであることは

間違いないと思う。


ソユーズ(・・っていうより、たこ壺じゃない?)での

初帰還って、

確かTBSの秋山さんがだったと記憶してるが、

当時は、社員ということで、

TBSが中継していたように思う。

大体、どこに着陸(パラシュート飛来って着陸というのだろうか?)

するかわからず、誤差を移動するのにも時間がかかっていたし、

中から乗組員を取り出す(←こんな表現がぴったりだった)のにも

一苦労だった。

アメリカの宇宙飛行に比べて、

ソ連(おおっ!まさにロシア以前のソ連)のは~~

原始的~!!!!

っと思ったものだったが、

今もなお、

ほとんど変わらない?

燃えるし、

パラシュートで下降だし・・。


もちろん、技術は、何年分も進歩しているんだろうけど・・。


そんなこんなでニュースを心待ちにしていたが・・

さらっとさらっと終わってしまった。

今朝のニュースで、

「総理大臣が決定しないと、

野口さんが帰国報告に誰の所に行けばよいか

わからないだろう」

って記事があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プレミアムサイダー~国産紀州梅~

手にしました!

今年初の梅サイダー!!!

2010

ところが・・・

近所のスーパー「Yドー」さん。

いっきに「新発売」と銘打って

箱ごと(数箱)出してあり、

しかも

6/6まで限定でお安くしているのです。

お安くしているのは嬉しいですが・・・

こんなにいっぱい出しちゃって~~!!

一気になくなっちゃったら

どうするのですかぁ?

・・それとも、

一気に売っちゃおう!って作戦かなあ?


でも、

これって・・限定品なのですから

無くなってしまったらおしまいなんですよね(涙)

ゆっくり・・

ゆっくり・・

夏中かけて楽しみましょうよ~!

少しずつ少しずつ売りましょうよ~!!!

売れ残ったらどうするか・・・

ですって???

買います!買います!

それでも、

危険だから~

今年も自分で

「梅」のシロップを作りましょう・・!

恒例化した

旬の手仕事・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

屋上遊園地

今朝TVで

「日本最古の屋上遊園地閉鎖」

のニュースを見た。

残念ながらのそのデパートでの

屋上遊園地で遊んだ記憶はないが・・

当時(昭和30~40年代)は、

私の家の近所のデパートも、

手を変え品を変え、

屋上遊園地は華やかだった。

今は、ブランド宝庫の新宿伊勢丹も、

私にとっては、

‘日曜ごとに遊びに行く’

「屋上で遊ぶ」

所だった。

そのうち、近辺に、小田急や京王といったデパートの屋上にも

楽しげな遊園地が出来・・・・

「今日は○○に乗りたいから、

××デパートがいい!」

などと言ったものだ。

花やしきの何倍も遅いスピードの

‘ジェットコースター’や

いわゆるディズニーランドにある

「アリスのティーパーティー」のお子様版や

「ダンボ」のお子様版・・

ミニチュア・・を

デパートの屋上というスペースで

楽しめたのだった。

当時の幼児はそれで充分楽しかった。

小学生になると~~~~~

そのまわりに設置してあるゲーム

(いわゆる‘もぐらたたき’や、

車の模擬運転(今ほど本格的ではない!)のゲームや

そうそう~~

覗くと、立体画像の紙芝居が見られ、

音と映像が楽しめるもの。

今の3Dのハシリですね!!!?

そんな個人ゲームに移っていきました。

そんなこんなで屋上遊園地は小学生低学年くらいまでの

子供を屋上へ誘っていた。

また屋上にステージを作り、

日曜などさまざまな催し物をしたりもしていたっけ。

生バンドだったり、

手品だったり・・。

かぶりもののお人形さんたちだったり。

気軽に無料で楽しめ、

「屋上」は

どのデパートも‘商品価値’が高かったように思う。

また、今のようにファミレスなどの皆無の時代、

家族で、年寄りから子供まで一緒に外食したいと

思った時は・・・デパートの

「大衆食堂」(当時はこんな呼び名だった)だった。

当時の子供は、大人の食するおそばやお寿司に

あまり目をくれなかった。

「お子様ランチ」や「ホットケーキ」

「ハンバーグ」と・・・

想定内のものを喜んでいたように思う。

その「大衆食堂」が

伊勢丹は、地下にあったのだが、

新しく出来た京王デパートは、

最上階近くであり、

明るく陽射しの差し込む食堂が印象的だった記憶がある。

しかも・・・

デパート食堂で出すのは日本初(だったと思う)!

と宣伝された

「ババロワ」にも

夢中になったものだった。

今、いろいろ

初物スイーツにブームがある・・・

そんなハシリだったのかな???

プリンやヨーグルト(まだ瓶に入っているような)は

おなじみだけど、

「ババロワ」は新しい!!

しかも、真ん中が繰りぬかれたような

斬新な(当時にしては)形。

しかも、オシャレにもまわりに生クリームやらが

飾られていて~~~!

そんなことで

(多分)仕掛け人の目論見どおり、

ニュースになり、

驚き歓声をあげたことを思うと、

今の多様化した時代のサービス業は

大変だろうなあ~!!

冒頭の日本最古の屋上遊園地を持つデパートも、

屋上のみならず、高層階を閉め、

低層階のデパートとして営業しつつ、

デパート業界の競争を生き残る策を考えるとのこと・・・。

先日の塾の傘下の話ではないが

本当に

「おとなの事情」

は厳しい!

お金にならない・・それぞれの郷愁なんぞに

サービスしている余裕はない。当然だ、

「今」

が忙しい。

「今」の乗り切らなくては。

その「今」をも

また何十年後かに郷愁に変わる事~を

生き残りの策に生かせたら・・・!??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »