« 鎌ケ谷音楽学院~5月~ | トップページ | マンゴツリー »

昼下がりの音楽会

昨日、銀座王子ホールにて

小高根眞理子先生のVLリサイタルを

聴かせていただいた。


モーツァルト・フランク・チャイコフスキー

サンサーンス・ラヴェル

という盛りだくさんのプログラム。


中でも、

フランクの ヴァイオリンソナタ   A-dur は

私の最も大好きな Vl Sonata

循環形式のテーマが

さまざまな部分に光りに当たりながら

エネルギーの発露を求めて蠢き、

感動の終楽章最後の最後で

解き放たれる~ような大曲。



しかし、どこをとっても

技術的にも素晴らしくて、

学生時代に友人達とアナリーゼしては

舌を巻き、

今でも受験生の前で力説し~~

それでも、

そんなところとは違う次元で美しい。



昨日も堪能させていただいた。


この曲の厄介なところは~

ピアノも非常に難しく、

好きだからと言って

(正確には)気軽にパラパラ~と、弾いたり

出来ない点にある。

大学でも‘さらっている’音をよく耳にするが

なかなかどうして困難そう・・・。


それ故にも、

見事に完成した‘フランク’を‘生で聴く’

醍醐味というのが大きいのだ。

本当に、‘いい気分’にさせていただいた。



最後のラヴェルは

Vlの超絶技巧。

さまざまな奏法と音色を全て披露・・という、

聴かせていただく側にとっては

心待ちのラスト。


そして

アンコールのサンサーンス、ロンド・カプリツィオまで

一気に~~

華やかな音楽会だった。

音楽会というと大抵夜だが・・・

昼間の音楽会っていいなあ~~

と、昨日はつくづく。

まず、楽しみな気持ちそのままにわくわくして

出かけられる。

もちろん夜の音楽会でも同じなのだが、

物理的に、夜は、その日一日の疲れがある。

これはもう~~

若くない証拠なのかもしれないが、

やはり専門をかじっている者にとっての‘音楽会’は、

もともと

高級な‘娯楽’の一貫として仕事帰りに立ち寄る~

という性格のものでもないため、

どうしてもクリアな状態で(頭も身体も)聴きたい・・・

と思えば思うほど~~

夜は残念だったりする。

(夜の音楽会に向けて昼寝するほどの年でもなく、

それが許される贅沢な状況にもない)

加えて夜、素敵なひと時が終わって、

会場を後にした瞬間、

現実が襲う。

都心に住んでいないと、

帰りは一体何時になる?

と思うと、余韻を楽しむ余裕がどうしてもなくなる。



そこへいくと~~

昨日は・・

素晴らしいひとときを過ごさせていただき、

外へ出てもまだ明るく、

私も元気。


音楽会でいただいた元気で

久々、ひとりで銀座の町を歩いた。



それがとても心地よかった。


新装して初めて、

ヤマハへ行った。

かつて地階だった楽譜売り場は

3階に移動していた。

久しぶりの銀座ヤマハを堪能し、

帰途についたが~

なんだか一日が

倍にも有意義に過ごせた気がした。

|
|

« 鎌ケ谷音楽学院~5月~ | トップページ | マンゴツリー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057949/34599982

この記事へのトラックバック一覧です: 昼下がりの音楽会:

« 鎌ケ谷音楽学院~5月~ | トップページ | マンゴツリー »