« 早咲きのサクラ! | トップページ | ♪早春のお楽しみコンサート♪ ~鎌ケ谷音楽学院~ »

卒業式

3月1日

次男が三年間お世話になった

高校の卒業式だった。

この高校の信条は、

確かに高校の三年間の後ろに控える

大学受験というのは

大きな目標であり、

人生の岐路であるかもしれないが・・・

「受験のチャンスは一回限りでない

けれど、

高校生活はこの3年間しかない。

この3年間を

悔いの無い様、

終始受験に振り回されて終わってしまわぬよう、

大事な3年間を

充実させよう」

というものだった。

実際、

これでもか・・と言う程、

様々な行事・活動・体験をしていたように思う。

多分、

放っておいたら、

(息子の性格上)自発的には

一生手を出さなかったようなことを

多々経験した。

確かに、

目先にぶらさがる受験に

不安になることも無かったわけではないが、

卒業して、

この3年間が終わってしまうと、

やはり、

16~18という

二度と引き返すことの出来ない

多感な時期、

「学校生活」が

濃い時間として

単体で成り立ったことに

親子共々

(きっと別々の)

満足感と感慨を覚えている・・・。


それにしても、

その多感な時期の子ども達の

‘送辞’にも

‘答辞’にも・・・

これから旅立つ彼らを待ち受ける世界を

「国内に問題が山積し、

国外に目を投じてみても、

明るい世界が見えにくい昨今」

という

グレーの枕詞が何度か出てきて、

まだまだ無責任に夢を描く年頃の、

未来に向かう若者ですら

目を背けることの出来ないほどに

目の前に垂れ下がった「現在の状況」に

大人として、

少々暗く、重くならざるを得なかった。

私たちが、中学を、高校を卒業する際、

どんな慎重な祝辞からも、

聞かれなかった言葉・・・

それを今、

卒業生を送る17歳の高校生が、

未来に旅立つ18歳の若者が

‘普通に~~’

口にしているのだ。



考えさせられてしまう。

|
|

« 早咲きのサクラ! | トップページ | ♪早春のお楽しみコンサート♪ ~鎌ケ谷音楽学院~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057949/33605386

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式:

« 早咲きのサクラ! | トップページ | ♪早春のお楽しみコンサート♪ ~鎌ケ谷音楽学院~ »