« 第一段階選抜 | トップページ | ヴァレンタイン・デー »

佐野厄除け大師

寒い一日だったが、

今月、丸一日自由なのが

今日だったため、

正月から行けなかった

佐野厄除け大師へ・・・。

関東三大厄除け大師のうち、

我家から一番近い~ということで。

20年前、指の関節に良性腫瘍が出来た際、

手術前に心の平静を求めて

ふらっと立ち寄って以来、

「厄除け」に拘ることなく、

何とはなしに、

毎年1回くらい訪れる。

何とはなしに、

落ち着く、空間なのである。

佐野の街の住宅、

特に木造のこじんまりとした家の造りが

昭和30~40年代の都内の我家のまわり・・と

似たような面影があることも

ノスタルジー空間に迷い込んだようでいいのかもしれない。

普通に

お参りをし、

おみくじを引き、

お守りを買い求め、

(子供が一緒の時は)

境内で売られている

たこ焼きやら焼き鳥やら頬張り、

近くで佐野ラーメンを食して帰る。

それだけなのに、

車で2時間以上かけて

訪れたくなるのである。



今日も、

変わらずに出かけたのだが、

新年からまだ日も浅く、

祝日とあって、

人手は大変多かった。

しかも、

丁度、訪れた時、

‘護摩焚き’

が行われていた。

何人かの祈りの声に

太鼓の音・・・

火の勢いもハンパなく~~

な・・・なんか・・・

スゴイ・・・・・

しばし見とれてしまった

というか、

圧倒された。

炎の向こう側に

鏡が見えた。

神秘的というか・・

惹き込まれそうというか・・・

圧巻!

その昔、

医学が発達する以前は、

病の回復も、

命乞いも

戦の勝利祈願も

戦回避も・・・

これのみだった。

しかし、

圧巻を目の前に、

昔の人々が縋るに足る気持ちが

よくわかった。




現代でも、

さまざまな厄災や

飲み込めない不運を

解決する場を求めて、

また、

自らの心の平静を求めて

訪れる人々の心を浄化させてくれる

魂を揺さぶられるような・・・

そんな迫力のあるものだった。

特別な信仰心があるわけでもないが、

自分が気分が落ち着くもの、場所には

鼻が利く。



曇りから雨の一日だったが

気分は上々。



脱日常、

食事や、スパや旅行でなく、

こんな形も~~~

あると思います!

|
|

« 第一段階選抜 | トップページ | ヴァレンタイン・デー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057949/33341069

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野厄除け大師:

« 第一段階選抜 | トップページ | ヴァレンタイン・デー »