« 冬のコバエ | トップページ | 「お楽しみコンサート」無事終了! »

初合わせ&懇親会

ヴィターリ初合わせを2時に控え、

午前中、♪音楽で楽しむ絵本♪をヴァイオリンを加えて

ぎりぎりまで改訂&パート譜書き。

本当にこういう時の

「ぎりぎり作業」の顕在意識下のタイムキーパーは

‘分単位’で勘が働く。

遠い昔、「制限時間付き受験の作曲」や

「提出日」からの逆算感覚が

未だに残っているのか!?

もっと・・マシな‘勘’が残っていればいいのに・・・

とも思うが、

この制限時間への‘勘’も結構大事だったりする。

実際、ヒヤヒヤの極地では

「1時間後にすべてができあがっているなんて

信じられない!!」

なのだが・・・

果たして、

1時間後には

ぎりぎり(数分の余裕すら残さずに!?)

終わる。(終わらせる?)

ふうっ~~~。


ヴィターリは、

さまざまなバージョンもあり、

解釈もあり、演奏も伴奏も

調べれば調べるほど迷ったが、

私が最も好きな標準的なパターンを

選ばれている方だったので、

安堵。

ヴァリエーションごとに非常に明確なメッセージが

飛び込んでくる、真っ直ぐな、そして丁寧な演奏。

是非、良き受け手となれる伴奏ができるよう、

努力したい。

その後、いつも通りにレッスンをし、

夜は、鎌ヶ谷音楽学院の忘年会。

一同に先生方とお顔をあわせることは、

なかなかない機会。

今日は、

声楽のH先生に

「今度、♪音楽で楽しむ絵本♪の企画に

‘歌’も入れて書いて~!」

と、大変嬉しいお申し出をいただき、

光栄!!

桂子さんと一緒に発案し、温めた♪音楽と絵本♪の企画。

時にVl が入ったり、歌が入ったり、

絵本の内容や音楽会の場に応じて、

フレキシブルに展開していく可能性が広がるのは

大変楽しみ。

まずは、

初の三重奏版を13日にお楽しみいただきたく思います!

13日のコンサートは、

前出の声楽のH先生のアヴェ・マリア他、

デユオ・SAKURAさんによる宮城道雄とクリスマス・メドレー。

ピアノのO先生によるショパンや、ドビュッシー。


11時~

鎌ケ谷音楽学院ホールへどうぞお越し下さい!!

|
|

« 冬のコバエ | トップページ | 「お楽しみコンサート」無事終了! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のコバエ | トップページ | 「お楽しみコンサート」無事終了! »