« TEL from NY | トップページ | 10月も終盤 »

リサイタルに向けて新兵器!?

先日、

11/3の田中桂子さんリサイタルにおける

デュオ・SAKURA用新曲のリハの模様を

MDでいただいた。

なにせ、筝(13絃)の響きは繊細なので、

響く場合と音を吸われてしまう場合と・・

ホールの音響環境によってもさまざまで、

ましてや響き渡るフルートとの兼ね合いを

実際に録音したものが(事前に)聴けるのは、

非常に参考になる絶好の機会だ。

必ずしも、事前にこうしたリハがホールでできるわけでもないだけに、

実際、私もその場にご一緒できれば一番良かったのだが

それが叶わず、

心待ちにしていたMDだ。

実際、聴かせていただき、

お客様の入っていない状態とはいえ、

かなり筝には相性の良いホールらしいことがわかり、

いくつか、変更も考えていた部分は

最初の企画どおりできることに決定。

そのほか、詳細な点を含めて、

さまざまな希望をお願いしたり・・・。

MDを聞かせていただいて、

メールでお願いが出来る・・というだけでも、

便利だなあ~~と

思っていたところへ、

昨日は、

筝の伊藤奈津代さんから

「大きく変更した部分についてのみ

MP3にしたので、送ってみます」

・・・とメールをいただき


へえ~~~!?

添付で Media Player で

今日音合わせていただいた部分が・・・

直ぐ

聴ける!!!!



メールやり取りしながら・・・

生の合わせを・・・・

なんと便利!

もちろん、その場に居合わせることが

出来るのが一番なのは言うまでもないが、

これだとイザなかなか予定が合わない時でも、

打ち合わせができる!

すごい!

時代は進んでいる~~!

しかし

こんなに便利になると~

ちょっと物ぐさに陥ると

(私にはその傾向大のため)

譜面で全て物を言わせることに

怠惰になってしまう・・・

自戒しつつも

演奏者との対話という意味では

便利なアイテム!

|
|

« TEL from NY | トップページ | 10月も終盤 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TEL from NY | トップページ | 10月も終盤 »