« コンタクト | トップページ | 戻りつつある日常 »

夏の贈り物!

昨日、

先日、突然コンタクトを持てたばかりの旧友に

20年ぶりで会う機会が持てた。

まあ・・・何とも長いつきあいで、

知り合ったのは30数年前。

受験前の動揺を励ましあい、

恋愛を語り合い、

大学時代は、夏には島で泳ぎに、

冬には雪の能登に旅行し・・・

とにかく、若い頃の濃い時間を共有したということと共に、

彼女の持つ強烈な個性と

真っ直ぐな情熱と

誠意ある人柄に

魅了され、啓発されていただけに、

再会はどれほど待ち望んだことか!



その彼女とは・・

ニューヨークに住むピアニスト、辰巳享子さん。

芸大を卒業して単身でアメリカに渡り、

(ニューヨークの)大学院を首席で卒業し、

現在もピアニストとして活躍している。

(右に彼女のブログ、リンク中!)

彼女は、バッハもショパンもガーシュインも、

そして作曲家仲間の新曲(現代曲)初演も

鋭い解釈で数多くこなせる貴重なピアニストとして

ひっぱりだこ。

こう書くと、‘器用’・・という次元で片付けられるといけないので

補筆すると~~~

もちろん彼女に類稀な才能があるのは当然だが、

更に、

常に謙虚で真摯な姿勢で全てに

全力で向かう並外れた能力の持ち主ということ。

これは、音楽的な能力だけでなく、

人間として、音楽家として、芸術家としての資質だと思う。

「チャラチャラした‘音楽屋さん’ではなく‘芸術家’でありたいから」

と言う彼女と・・一緒に居るだけでも心地よい。

妥協せず、厳しいものに挑んでいく姿や空気(迫力)、

そういう潔さが

好き。

だから

彼女の稀有なところは・・

彼女と話をしたことがある人は、

彼女のピアノが聞きたくなる・・・

そんな魅力に溢れている演奏家だ。

今は、ニューヨーク中心に

レクチャーなどの活躍もされているが、

そのうち・・

帰国したら、

彼女のピアノ同様に、

レクチャーも是非是非お勧め。

そんな彼女と

予定外に再会し、

またコンタクトできるように・・・


これは

神様からの

素敵な贈り物。

2009年夏に乾杯!



|
|

« コンタクト | トップページ | 戻りつつある日常 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンタクト | トップページ | 戻りつつある日常 »