« 現代版 楢山節考? | トップページ | 銀座でフカヒレを~! »

コマ大数学(正八面体)

木曜深夜(金曜早朝)の番組のため、

録画にて・・・・。

今回は、2008年東大(理系)の問題。

*正八面体のひとつの面を下にして置く(水平な台)。

真上から見た図(どんな形になるか)を描く。

ここで、本当にマヌケな私・・・。

「え?東大??これって小学校受験の問題じゃない?

正八面体を上から見たら~~~

正方形でしょ!?」

そんな私を悲しい目で見つめる息子。

「問題をよく読んでよ!!」

・・・と、

かつて私が教えてやった台詞を浴びせかける。

「‘ひとつの面を下にして’~~だよ!!」

あ・・あ~あ・・・そりゃそうよね。



と、

コマ大がミョウバンの結晶を作っているのが

なんだか~懐かしい!

昔、ミョウバンの結晶は教科書の定番だったなあ。

いきなり紙で作成した北野氏。

ミョウバンの結晶作りよりは手っ取り早いけど、

やっぱり工作しちゃうと小学校のお受験になっちゃう・・・。

(もちろん東大受験では不可な行動だけど)

でも~~~

そういう工程に即座に移ってみるのって

すごい!!

さて、

正解は



「正六角形」

美しい作図の時間~

堪能!!!!!

まるで指輪の宝石のデザイナー?

という作図。


建築とかデザインとか・・・

美術系の大学でも出そうな問題。

ちなみにこの東大の問題、「3」のっけの(1)の

出題らしい。

PCで ‘3D’ を誰もが手軽に楽しむ時代だが、

果たして

自力で美しき手作業作図に到れるか!?

を問う・・・

さすが光る問題。

|
|

« 現代版 楢山節考? | トップページ | 銀座でフカヒレを~! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現代版 楢山節考? | トップページ | 銀座でフカヒレを~! »