« 友人からのプレゼント! | トップページ | 7月1日 »

コマ大数学~~ズバリ聞くわよ編~~

相手にある数を思い浮かべてもらい、

その数を「ズバリ当てる」ための質問は

最低何回で済むか?

ただし、「思い浮かべた数から○を引いたら、いくつになる?」

とか

「その数に○を掛けたらいくつ?」

というような直接的な質問は無効。

数の性質を使って質問を考えるよう~とのこと。

まず、

コマ大の解答は楽しかったのだが

面倒なのでカット!

*****

次、

東大生の解答

「その数を10で割った商は?」

「その余りは?」

この2回で・・「ズバリ」

つまり・・商に10を掛けて余りを足せばズバリ!

確かに!でも~~

これって・・「○引く」とか「○掛けたら?」と

あまり違わないというか、逆算って‘数の性質’と言えるかなぁ~?

驚きのないズバリというか・・。

******

そこへ行くと~

マス北野の

「その数の桁数は?」

「その桁数の‘9’・・つまり3ケタなら‘999’で割る」

・・と、小数点以下がその数を循環小数で表す」

つまり、ある数が「137」なら「999」で割ると、

「0.137137137・・・・・」

で、ある数は「ズバリ‘137’」と!

うぉ~~!!!!

******

竹内先生の正解は、

「その数の桁数は?」

「(N桁だとすると)その数を10Nでわったあまりは?」

でズバリ。

ある数が

「123456」だとすると、

「1000000で割った余りは?」

で、ズバリ。

正解の出し方が東大生が酷似しているが、

やはり・・面白さはマス北野かなあ~!

10とか10Nで割る~というのは、

確かにすっきり(美しき数学として)

答えに向かうが・・

どうも「○を引いたら」とか

「○を掛けたら」と同じくらい

10進法というのは身近すぎて驚きがないような・・・。

「999」という一見??と思う数で割って、

‘答え自身’が‘循環小数で’出てきた・・・

ってところが、一瞬、手品のようで爽快!

マス北野の「思考過程」に

‘面白い’数学を味わえた。

拍手!!!

|
|

« 友人からのプレゼント! | トップページ | 7月1日 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 友人からのプレゼント! | トップページ | 7月1日 »