« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

雨の日は・・

やらなければいけない仕事を10分、20分延ばしにし、

先日購入した本を一気読みしてしまった。

非常に面白いので、あっという間に読め、幸い、まだ明るいうちに仕事ができそうだ。

「容疑者Xが真犯人であるためには?」───(引用)

・・・→ サスペンスではない。

「チャンスは準備された心に降り立つ」───(引用)

・・・→ 自己啓発本ではない。

「秩序は守られるために絶え間なく壊されなければならない」───(引用)

・・・→ 革命思想の本ではない。

「内部の内部は外部である」───(引用)

・・・→ どこかの組織本ではない。

「ローラー作戦」───(引用)

・・・→ だからそういう本でもない!

Seibutu

こんな本!

科学者なのに、物書きのような文筆力で読者を引き離さない。

しかも、著者はたいそうな肩書き(医者であり教授であり)の方なのに、

自然や生命の前に、‘当たり前の謙虚さ’が一貫してテーマとされているところが

読後感を爽やかなものにしてくれる。

きょうのような雨の日、秋の夜長、

キーボードから手を離し、本に持ち替えるのも悪くない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三人の少女 <ウェレイスカヤ著>

このブログを始めるきっかけとなった探し物。

三人の少女<ウェレイスカヤ著>が国際子ども図書館の書庫に眠っていることを突き止めて以来、再会の日を心待ちにしていた。

本日、その時がやってきた!朝からちょっとドキドキ。

Tosyokann

国際子ども図書館

静かな資料室にて、書庫より出してきてもらうまでの数分、

重厚な木の机の席につき待つ。

なんと午前11時、私が(資料室内は)1番目の入室。

なつかしいその本を手にした時、

なんだか、すぐには開けずに眺めてしまった。

ページを繰るごとに、あ~そういえば・・あ~そうだった・・

時にはすっかり抜け落ちていた記憶も。

静かな資料室で、ようやく再会した本の世界に浸るのは、

なんとも贅沢な時間だった。

ここでは複写というサービスもあるのだが、

著作権がきれていないものについては、

半分しか複写できないのだ。

また古書で出ていないかどうか・・・

国会図書館レベルの検索で調べてくれたが、やはり無かった。

しかし、何度読みに足を運んでも良いらしいので、

名残惜しいが、ココへ来れば読めるのだから、と思うと

ある意味、心のリゾート地!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

曼珠沙華

Higannbana

彼岸花。

遠い昔、仏教系の幼稚園で過ごした日、

この時節になると、かならず赤い折り紙で作成した。

①二つに折って、(赤が中)ピラピラした方をはさみで切り込みを入れていく。

②山折の方をくっつけて筒にする。

③えんぴつを使ってピラピラを外巻きカールさせる

④赤い色の花が見えてできあがり!

不器用だった私でさえも、能力範囲内の単純工作で

懐かしい。

しかし、都内に住んでいたためか、子供心をそそらない花のせいか、

当時、その実物を見た記憶がない。

期限限定の植物だし、何しろケッタイな花だから・・・!

と思い込んでいた。

郊外に住むようになり、近所の団地の大きな樹の根元に

群生していたり、畑の端に普通に佇んでいるのを見て、

珍しい花だが‘雑草感覚で生えているんだ’と驚き、また

「本当に‘彼岸’時期前後のみに開花しているんだ」と改めて納得。

曼珠沙華は「天上の花」という意味で慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典によるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

誕生日(2)

Ki 「九十九里コテージ&ペンションNANじやMONじゃ」

のレストラン前にある「なんじゃもんじゃ」の樹。

「なんじゃもんじゃ」の樹については

ペンションのHPhttp://www.nanja-monja.co.jp/name/index.html

をご参照あれ!

ここのなんじゃもんじゃの樹は枝がくねくねしていて面白い!

レストランにて友人達の配慮で、バースデーケーキも!

なんと幸せな誕生日!

友人からのプレゼントのメガネケース

Megane

そして、何よりののんびりした1泊。

あっと言う間に時間は過ぎてしまったが・・

家に帰ったら「浦島太郎」だったら!?

と・・ふと、不安になるほど脱日常の時間に陶酔!

帰宅すると、今度は長男から誕生プレゼント!

Purezennto ANAのストラップ「波のしずく」

熊本空港にて・・・とのこと。

早速携帯に。

そのほかにも、昨日は、朝から、携帯やPCに

たくさんのバースデーカードやお祝いのメールをいただいて・・

感謝感謝の一日!

年齢を重ねるということは、正直、リスクも否めなくなるだろうが、

やはりその時間分だけの人との出会いも、拘わりも増え、

それが自分の大きな支えとなっていることを思うと、

きっと今後の時間も期待してよいはず!と。

リスクを上回る幸せを感じることができ、

心穏やかな○○才スタートを切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

誕生日!

この世に生まれた時、東京は台風で雷が鳴っていたそうだ!

え?私はバイキンマンと同じ出現方法!?

しかし、世の中は日の丸を出して休日なのは毎年だし、

お中日ということで、ご先祖さまのご加護(!?)もありそうな

ありがたい日だ!

ただし・・・バースデイ・ケーキと一緒にお萩。

外出は、お墓参り・・・という微妙さも否めないが・・・。

今日は、脱日常を計り、気心にしれた友人と1泊旅行(o^-^o)

先日の「音楽と楽しむ絵本の会」の本番後の様子が

フルートのけいこさんのブログに掲載中(9/21版)!

http://blog.livedoor.jp/journal0206/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

♪音楽と楽しむ絵本の会♪本番

昨夜から心配だった台風。

祈りが通じたのか、朝は雨も上がり、風も強くない!

天気予報を見ると・・なんと‘晴れ’

ただ・・鎌ヶ谷音楽学院の一帯の小学校は「晴れ」なら運動会!

普段、音楽学院に通って下さっている小学生が全滅なのは痛いが・・

ともかく台風ではどなたにいらしていただくにも申し訳ない。

それでも、ホールに隣接する音楽学院にてリハをしている間は、

お客さまがいらしてくださるか・・不安だった。

なにせ、発表会とは違い、出来たての小ホールで初めての試みをするわけだから皆目見当がつかない!

それでも、駐車場に、お子さんの椅子をつけた自転車が止まっているのを見た時は嬉しかった!

L字型になっているホール左右に、丁度良い感じにお客さまも入ってくださっていて・・・前面には小さなお子さんも座ってくつろいでくれていた。

子どもの感受性は鋭くて、ピアノの低い音を不気味に弾くと・・それだけで「怖い・・」とつぶやく子も。また、何の打ち合わせもなく、リズミカルなところでは手拍子をする子も!自然な素直な音楽への反応という大事な純粋なものを顧みさせられ、新鮮な気持ちにさせられた。

3曲あったのに、この小さなお客さま達、誰一人、騒いだり、泣いたりしないで居てくれたのも驚き!(多少のことはあって当然と思っていたのだけど・・)

おかげさまで、演奏している私たちも和やかなひとときを過ごさせていただいた。

いらして下さったみなさま、ありがとうございました。

Hanataba

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

秋味(1)

Kurigohann

今夜は栗ご飯!

今秋初めて。

栗を規定の二倍入れる。よし!

台風近し、外は雨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鎌ケ谷音楽学院

明後日にせまった「音楽と楽しむ絵本の会」の最終リハーサル。

桂子先生が合わせをMDに録音して聴かせていただいたり、

衣装の打ち合わせをしたり。(桂子先生の衣装、すごくかわいくて素敵!)

そして、実際の小ホール内でリハ。

人が入っていないのと、改装したて・・のためか、音がかなり響き渡ってしまう。

演奏していると丁度良い具合に聞こえるのだけど・・。

ここはひとつ、是非、お客様に吸音していただかねば!!!

ホールの天井に吹き抜けのような天窓があって、その端から演奏者向きに、かわいい・・でも、温かい色味のライトがいくつか並んでいるのが素敵。床は全てフラットで、戸は上から吊ってある引き戸で、足元にレールでつまづいたりしないように工夫されている。幼児リトミックもここで行うための細やかな気遣い。小さなお子さんからお年寄りまでいらしていただける企画が、今後もなされるとか。

ともあれ、明後日、この小ホールのコケラ落としとなるミニ・コンサート。(ホールは、鎌ヶ谷音楽学院と並んだ建物で、大通り沿い)

願わくば・・どうか、台風が穏便に過ぎてくれますよう・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国際子ども図書館

このブログを見て、古くからのメル友のOさんが

「‘三人の少女’国会図書館にあるようだ」

というメールを下さった!

国会図書館のHPは最後の頼みの綱で私も検索をかけて

あえなく振られたばかりだ。

BUT!

検索は・・余計な情報が多くてもヒットしないことが多い。

あの時は、出版社や著者まですべて入れ込んで検索をかけた。

このブログのみ見て、検索してくださった友人は、

「三人の少女」という情報のみのはずだ・・。

と思い、そう検索すると!!!!!

あった!しかも、一番最初にヒットしている。

著者ウェレイスカヤと。

アマゾンでもセブンアンドワイでもサーチというサーチ

すべてFジャムだったのに。

更に、詳しくわかったのは、

訳が内田莉莎子女史であったこと。

彼女の訳でその昔からロシアや東欧の物語や絵本を読んでいる。

「大きなかぶ」や「てぶくろ」から・・「しずくのぼうけん」まで。

もしかしたら、私が遠い昔の日々にその作品から受けた

何ともいえない心地よさは、物語のみならず、彼女の訳から漂う世界だった

かもしれない、と思うほどである。

それが、確かめられる!

しかも、国会図書館の中でも国際子ども図書館の書庫にあるとのこと。

早速、国際子ども図書館にメールでお伺いをすると、

手順を踏んで、(図書館内でだが)閲覧できるとのお返事をいただけた。

もう・・天にも昇る嬉しさ!

しかも・・国際子ども図書館は、芸大のすぐ裏。

灯台元暗し!

Oさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

吾亦紅

Waremokou 窓辺に観葉植物の合間に吾亦紅!

大好きな秋の草。

♪吾木香 すすきかるかや あきくさの さびしききはみ 君におくらむ♪

昔から大好きな若山牧水の歌

高浜虚子の

♪われもまた 紅なりと ひそやかに♪

も、吾木香の存在のすべてを物語っている!

遠く徒然草の吉田兼好殿も

秋の草は荻・すすき・きちかう・萩・女郎花(をみなへし)・ふじばかま・

しをに・われもかう・かるかや・りんだう・菊。黄菊も。つた・くず・朝顔、

いづれもいとたか(高)からず、さゝやかなる墻に、繁からぬ、よし。」

・・とおっしゃっておられる。

そう・・・最後の「よし!」に賛成。

Waremokou2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お月見

Yuugao_2 先日書いた、オベリスクのてっぺん咲く白花夕顔。

Rindo 今夜のお月見を心待ちにするベランダの‘りんどう’

今夜はお月見。昨日までの天気予報の心配をよそに、

大きなお月様がお目見え!

虫の声が響き渡る中で見る月はなんとも風情が・・・。

それにしても、日が暮れるのが早くなったこと!

Tsuki

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

音楽と楽しむ絵本の会

来週の土曜日、「音楽と楽しむ絵本の会」まであと1週間!

9月20日AM11:00~

これは、鎌ヶ谷音楽学院の45周年記念と小ホール(幼児リトミック教室開講のため)

完成の記念に行われる無料のミニ・コンサート。

おなじみの絵本に、フルートとピアノの調べを載せてお送りするオリジナルの試み。

フルートを演奏してくださるのは桂子さんという素敵なフルーティスト。

講師をなさる以外にも、あちこちでコンサートをなさり、

11月に都内にて、ご自身の3回目のリサイタルも・・というご活躍されている方。

絵本朗読をして下さるH先生は、長年幼児教室やリトミック教室で

お子さんと接してこられたプロ!であり、

優しいお人柄がそのお声に表れる素晴らしさ!

そして、曲をつけさせていただいて、ピアノを演奏するのは私。

絵本の朗読を念頭に子供たちの様子を想像しながら

作曲をするのは、思いの外楽しい作業で、楽しい夏の時間

をプレゼントしていただいたように感じた。

しかし、ピアノを弾くのはまた違った緊張感!(自分で作ったのに・・)

あと1週間。私も頑張らねば!

鎌ヶ谷音楽学院は、新京成線、初富駅、徒歩1分です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夕顔

あっという間に、9月!

「天気がおかしい」だのと話題になるが、カレンダー1枚めくっただけで、

それなりに季節が反応しているのは、なんともスゴイことではないだろうか?

昼間は、セミが鳴き、夜は秋の虫が鳴いている。

正しい9月初旬だと思う!

今年は、夕顔の苗を植えた。

朝顔は毎夏のことだが、夕顔は子供の頃以来だ。

ところが、立派に育つ葉や延びるツルとは裏腹に、

いっこうに花が咲かなかった。

大きなツボミはつけるのだが、そのまましおれてしまったり・・。

朝顔に比べて、重そうな大きなツボミだけに、楽しみにしていたのだけど・・。

それが、昨夕、拓きかけたツボミを見つけた。

白くて、大きな花!!

でも、これちゃんと咲くの・・夜なんだ。

もしかしたら・・今までも夜咲いている所を見てなかっただけかも??

昨夜は寝る前11時過ぎ、再度ベランダへ出てみた!

「満開」と言ってしまいそうな大きな大きな白い花(v^ー゜)ヤッタネ!!

鉢の上に組み立てたオベリスクの頂上の方で輝いて!!

でも・・・これじゃ、夕顔じゃなくて、夜顔では!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »